一律20バーツの運賃は取りやめ

  スワンナプーム空港からBTSパヤタイ駅の間を走るエアポートリンクについては、昨年末の1ヵ月間、シティーラインで昼間に一律20バーツの料金にして利用者増をあてこんだが結局、目標の7千人には届かず、5千人ほどの利用者にとどまった。


 このため、この1月からは一律20バーツはとりやめて、以前の距離によって15~45バーツの料金に戻している。利用者増をねらった一律20バーツが挫折した形だが、今年中ごろにはマッカサン駅と地下鉄ペッブリー駅の連絡通路が完成するため、これまで乗り継ぎに不便だった同地域での利用者が増えることが期待されている。