孔雀堂  KUJAKUDO

居酒屋的に使うのも便利なラーメン店

★ 孔雀堂の中華とごはん 2016/8/20

 

 とんこつラーメンの「孔雀堂」といえば、バンコクでも老舗のお店となり、今でも日本人ビジネスマンのファンが多い。場所はトンロー・ソイ18のマックスバリュが入るビルの2階にある。店内は1人でも落ち着ける空間で、仕事帰りに夕食を食べに来る日本人駐在員が多い。 何といってもトンローの住まいから近く、駐車場も完備しているので来やすい。とんこつラーメンだけではなく、日本の中華が揃っているので、ごはん&中華一品をオーダーする人も多い。キリンの大ビンも140バーツだから安い!…… 

→facebook

 

 

 

★ クセになるコクと香り!孔雀堂のニンニク黒マー油ラーメン 2016/7/20

       

 トンロー・ソイ18ベンツモール2階の孔雀堂は、同じフロアで、以前の真向かいに移転しています。先日孔雀堂へ行ってみると以前と同じ真っ黒なテーブルが並んでおり、それを見ると、いつもの孔雀堂に来たという感じがしました。とんこつスープが売りの孔雀堂ですが、なかでも濃厚なニンニク黒マー油ラーメン(200B)をオーダー。マー油独特の香りが、食欲をそそります。こってりというより、深いコクがあるスープで、喉越しは意外とすっきりしています…… 

→facebook

 

★ じっくり煮込んだ豚骨スープでバンコクに多くのファンを持つ孔雀堂 2016/2/20

 

 じっくり煮込んだ豚骨スープで、バンコクに多くのファンを持つ孔雀堂。スープは豚骨でも意外とあっさりした口当たりで、飲んだ後のシメにも良いですが、もっとこってりしたラーメンが食べたいという方には、無料の背脂トッピングがお勧めです。ラーメンをオーダーするときに、背脂と頼んでください。今回はスタンダードな孔雀堂ラーメンに背脂をトッピングしたものを頂きました。スープの表面がギトギト光って、いかにもこってりした感じです。まずはスープを一口…… 

→facebook

 

★ チャーシュー丼もお勧めのとんこつラーメンの店「孔雀堂」 2015/10/20 

 

 日本人の単身者や少人数で気軽に立ち寄れるごはん処の「孔雀堂」。まず生ビールを1杯たのんで、メインのとんこつラーメンもいいし、きょうはごはんで、というときは分厚いチャーシューが入ったチャーシュー丼(150バーツ)もお勧め。ちゃんとスープも付いてきて、この値段は安い!つまみには焼餃子(80バーツ)、さらにレバニラ炒め、麻婆豆腐、麻婆なすなど、日本の中華が揃っていて、締めにはやはり、しょうゆラーメン! こちらも180バーツだから安い!…… 

→facebook

 

★ 1人で行きやすい食事処として定着したとんこつラーメン「孔雀堂」 2015/7/5

 

 1人で行きやすい食事処として定着したとんこつラーメン「孔雀堂」。夕方からはトンロー付近に住む単身の日本人ビジネスマンが続々とやってきます。カウンター席ではなくてテーブル席でも1人で落ち着ける雰囲気。そして、メニューにはラーメンだけでなく、麻婆丼(150バーツ)、豚バラ丼(150バーツ)、カレーライス、レバニラ炒め(140バーツ)、麻婆豆腐(180バーツ)など、日本の中華が揃っており、ごはん処としても利用できるのが人気の理由のようです…… 

→facebook

 

★ おなじみのとんこつラーメン「孔雀堂」の「麻婆丼」はスパイスが絶妙 2015/1/20

 

 在タイの日本人にはおなじみの豚骨ラーメン「孔雀堂」。すでに老舗の域に入り、タイのバンコクにまだ豚骨ラーメンが珍しかった頃から営業しています。トンロー通りのソイ18を入ったところにあります。じっくり煮込んだ豚骨スープを使ったラーメンとスパイスの効いたカレーライスが看板メニューですが…… 

→facebook

 

★ タイのバンコクで8年の老舗とんこつラーメン「孔雀堂」 2014/12/5

 

 タイのバンコクで8年の老舗とんこつラーメンの店「孔雀堂」。毎日、昼夜通しで営業しているので食べたい時にかけつけてOK。トンロー通りのソイ18を車で入っていって駐車場もあるので便利。タイでは物価の上昇、円安の流れで日本料理店に行けば、1人1000バーツ以上はあたりまえ。日本円なら3500円以上になる……

 

→facebook

 

★ 日本の中華も豊富なとんこつラーメンの「孔雀堂」 2014/8/20

 

 単身の駐在員らが多く住むスクムビットのトンロー・ソイ18界隈で、夕方から1人でも気兼ねなく食事ができるとんこつラーメンの「孔雀堂」。飲食店が集まった一画にあり、駐車場もあるので、仲間同士でも行きやすい……

 

→facebook

 

★ 日本人にはおなじみの豚骨ラーメン「孔雀堂」 2014/6/20

 

 在タイの日本人にはおなじみの豚骨ラーメン「孔雀堂」。すでに老舗の域に入り、タイのバンコクにまだ豚骨ラーメンが珍しかった頃から営業しています。トンロー通りのソイ18を入ったところにあります。じっくり煮込んだ豚骨スープを使ったラーメンとスパイスの効いたカレーライスが看板メニューですが……

  

★ とんこつラーメンと カレーライスのミニサイズを楽しめる「孔雀堂 」2014/3/20

 

★ とんこつラーメンの孔雀堂でピリッとクセになるカレーライス 2013/12/5

 

★ とんこつラーメンならやっぱり「孔雀堂」2013/7/5

 

 とんこつラーメンの老舗「孔雀堂」  2013/1/20

 

 孔雀堂 移転オープン  2012/11/5

 

 ラーメンに豚の背脂を入れるサービスを始め、コクのあるスープが更に味わい深くなった孔雀堂。シャープな辛さが人気のカレーも好評で、酒のシメにも合う。ミニサイズもできるので、ラーメンとカレーライス両方食べるのも良い。場所はトンローソイ18のマックスバリューの入っているビル2階(BENZ MALL)。年中無休で日曜日以外は深夜3時まで営業しているで便利。
メニューの一部  
チャーシューメン 240バーツ
しょうゆラーメン 180バーツ
孔雀堂ラーメン 220バーツ
辛味噌ラーメン 220バーツ
担々麺 200バーツ
冷やし中華 200バーツ
回鍋肉 140バーツ
レバニラ炒め 140バーツ
チャーシュー丼 150バーツ
カレーライス 180バーツ
ヒレカツカレー 200バーツ
お店のデータ      
 場所  スクムビット・ソイ55(トンロー通り)の
ソイ18のBENZ MALL2階
 最寄駅  BTSトンロー駅から歩いて23分
 オープン

月~金17時から深夜2時

土   11時半から深夜0時

 定休日  日曜日
 電話 02-392-5523
 平均予算  1人 400バーツ
 サービス料等 VAT7%
 駐車場   BENZ MALL 
 地図  スクムビット
コメント: 2
  • #2

    前田 (土曜日, 14 2月 2015 14:00)

    一時期、味、悪くなったなと感じたことがありましたが、最近また、昔の美味しい味に戻ったように思います!
    今日、また、行きます!

  • #1

    トーマス 松本 (火曜日, 11 12月 2012 12:44)

    新孔雀堂
    どうしちゃたんでしょうね?オーナー変わりました?コックも?
    コンセプトが分からないですね。どこを目指すのでしょうか?
    ラーメン屋?中華料理屋?レストラン?
    販売のターゲットはも。
    仕事帰りのサラリーマン?単身者?家族連れ?
    メニューも以前よりも中途半端だし。
    店員の教育もめちゃくちゃだし。味もまずくなりましたね。
    前の店には良く行っていただけに残念です。