法廷での通訳、翻訳もお任せの「KHCコンサルティング」

  このところの好景気そしてさらなる日系企業の進出により日本語通訳の人材不足はさらに深刻になっているようです。英語と比較しても日本語は言語として、かなり難解で中途半端な語学力、通訳力では誤訳や誤解を生みかねません。

 

 しかも日本人でも技術知識のない人が日本語の技術書を読んでみたり、経理の分からない人が経理に関する日本語の書類を読んだりしても満足に理解できないように、仮に一定の語学力があっても該当する専門分野の知識がなければ通訳・翻訳としては充分な役割が果たせません。

 

 「KHCコンサルティング」では、とりわけ法律に精通しておりますので、法廷での通訳、法令や官公庁の書類などの翻訳などお任せ下さい。もちろん工場内で使用するWI(作業標準)や工程表をはじめ、財務書類なども受けたまわっております。 連絡先は下の広告を参照で。