シラチャの日本料理店、飲食店、居酒屋

 日系の工場やオフィスが集結し、駐在員が増えるとともに、日本人学校もでき、夫婦や家族での滞在も増えています。以前は単身の駐在員向けの日本料理店や飲食店が多かったですが、最近は女性や子どもといっしょに入れる店なども増えており、健全な街へと変貌を遂げつつあります。

→ シラチャの情報

シラチャーのJパークにある日本料理店
シラチャーのJパークにある日本料理店
カフェバーMEKのスパゲティ

★ カフェバーMEKがシラチャーにオープン! 2016/11/20

 

 「ウッドボール・タニヤ店」のオーナーめっくさんが準備してきたシラチャーの「カフェバーMEK(電話038-313-085)」がグランドオープン致しました!フードメニューもますます充実しており、早くもシラチャー在住日本人からの支持を集めています。日本のカラオケも楽しめるので、日本の歌を歌いたくなった方もお気軽にお越し下さい。カフェバーは火曜日定休、営業時間は12:00~24:30となっています…… 

→ホームページ

→facebook

 

 

★ 11月21日(土)と22日(日)に開催の「シラチャ日本祭り SRIRACHA JAPAN FESTIVAL」 2015/10/20

 

 今年はイオンモールのオープンで盛り上がっているシラチャですが、2009年の日本人学校開校以来、多くの日本人家族が住むようになっています。今年も恒例となった「シラチャ日本祭り Sriracha Japan Festival」を11月21日(土)と22日(日)に開催いたします。チョンブリ・ラヨーン日本人会によると、協賛企業から約25社のブース使用申し込みと飲食店約25店舗の出店申し込みがある(9月29日時点)とのことです……

→ホームページ 

  

★ 駐在員、その家族など、増え続けるシラチャの日本人 2015/3/20

 

 大洪水のあと、日系の工場などが急激に集まるチョンブリー県の工業団地。そこで働く日本人の多くがシラチャー市に住む。タイの地元紙によると、チョンブリー県内で労働許可証を取得している日本人は、2014年は1万人にのぼり、前年の8千人よりも増えており、今年はさらに増えると見られる……

 

 

★ タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです 2015/2/20

 

 タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果が出るものでもありません。1~2年と継続して、衆知していくのがよい。 そういう意味でタイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です…… 

→ホームページ

  

★ 第6回 シラチャ日本祭り  2014/11/20

 

 多くの日系企業が進出しているシラチャには大勢の日本人が住んでおり、2009年に日本人学校が開校したことでますますの賑わいを見せています。そんなシラチャで今年で6回目となる「シラチャ日本祭り Sriracha Japan Festival」がパシフィックパーク(ロビンソンデパート)隣……

 

★ テーマパークのようなシラチャの日本村J-PARK 2014/4/20

 チョンブリー~パタヤのモーターウェイのすぐ近くでシラチャに向かう道路沿いに出来上がっているコミュニティーモール「J‐PARK シラチャ日本村」は、テーマパークのような造りで、すでにタイ人にも知れてきており、にぎわいを見せています……