タイでロングステイ  ビザの取得を厳しくすればよい?

 タイでロングステイをするためにはまず、1年の長期ビザを取る必要があります。外国人の50歳以上に出しているビザがそれにあたります。条件は80万バーツを日本から持ってきて預金していること。


 80万バーツという数字については、1ヵ月で65000バーツほどの生活費を使って、タイにお金を落としてもらう、という額が80万バーツということになります。しかし、ここでちょっとおかしいのは、それなら2年目の更新も、80万バーツを日本から送金するのが正しいビザの取得方法でしょう。


 しかし、2年目からの更新については、事前に3ヵ月間、80万バーツを下らないで預金していれば1年ビザが継続できます。毎月65000バーツほどを使っていれば徐々になくなっていくわけで、ではまた日本から送金を、ということにはなるのですが、それは義務付けられていません。


 一時期、タクシン首相のときに、公務員の汚職が徹底排除されたことがありますが、さて、今回のインラック首相についてはどうでしょう。さらに公務員の汚職粛清が進むのでしょうか。


 そういう意味では、このロングステイのビザでも、管轄のイミグレーションの裁量の部分で、ビザが出ているケースがあります。そのあたりがもっと厳しくなって、本当に80万バーツをタイで貯金しておくこと、そして1年ごとに80万バーツを使い切って日本から持ってくる、などとなれば、日本から来ている多くの高齢者は、ビザの取得ができない、ということになるでしょう。


 ビザ取得のハードルを低くすればよいのか、高くすればよいのかは難しいところではあります。 

 

 ロングステイのビザ等に関しては タイ自由ランド事業部  ℡081-566-9015 まで。

 

 

2011年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

 

 

タイ自由ランド トップページ

 

タイ自由ランド ロングステイビザ