タイでロングステイ 年金ビザでも預金通帳の提示必要

 タイでロングステイする人はビザが必要で、50歳以上の人に1年出るビザは、日本から80万バーツを送金して、タイの自分の銀行口座に入れるのが条件だ。あるいは、日本での年金が1年で80万バーツ相当以上、月々にすると65000バーツほどもらっているなら、それで1年ビザが出る。

 
 この年金の場合は、日本から年金手帳や最近、1年間にもらっている年金額の証明とともに、日本大使館で英文証明を取る。


 以前は、この英文証明があれば、あとはパスポートと写真1枚で1年ビザが取れた。しかし最近は、「本人のタイの銀行口座にはいくら入っているのか?」と、ビザを出す担当官が聞いてきて、それも合わせて持ってこいというケースが出てきた。


 そういわれると確かにそうだろう。日本で年金はもらってても、それをタイに持って来ているのかどうかわからないのでは、タイとしては外貨を持ち込んでいる歓迎する人、とはいえない。「80万バーツ以上預金していなさい」というなら、先ほどの1つ目の条件にあったわけで、年金で年間80万バーツ相当をもらっている人、という条件は必要なくなる。だから、数十万バーツほどが預金されていて、月々に使っている、ということがわかればよいようだ。そのあたりのニュアンスというのは、普通は公的機関が我々、一般の人に打診するものではない。

 

「年金を80万バーツ相当以上もらっていて、さらにタイの自分の口座に40万バーツ以上が預金されている」などと明確に決めておけば済むことである。そういう決まりごとをしないで、窓口の担当者の裁量の部分があるからややこしくなり、我々もイミグレーションに行くのがイヤ、という気持ちになってくるのだろう。

 ロングステイのビザ等に関しては タイ自由ランド事業部  ℡081-566-9015 まで。

 

 

2011年5月5日 タイ自由ランド掲載

 

 

タイ自由ランド トップページ

 

タイ自由ランド ロングステイビザ