タイでロングステイ   65,000バーツの生活費はぜいたく ?

 タイでロングステイするには、長期ビザを取る必要があり、その条件は80万バーツを日本から送金するというものです。


 この80万バーツの根拠は、タイ政府は、1ヵ月65000バーツほどの生活費をタイで使ってもらい、タイにお金を落としてもらう、という意味で、1年総額80万バーツという額を割り出しています。


 ですから、1年間に日本で受け取れる年金の総額をタイで提示してもよい。それが80万バーツ以上になっていれば、1年の長期ビザが出ます。ただし、タイとしては、まずお金を日本からタイに持って来てもらうのが前提ですから、年金を日本で受け取っていても、それをタイの自分の口座にちゃんと入れているか、そのあたりもチェックします。


 そして、長期ビザの2年目については、80万バーツがビザ更新の3ヵ月前から80万バーツ以上、常にある、というのが条件ですが、1年間で80万バーツを使い切ってもらって、2年目は新たに80万バーツを持って来てもらって、というタイ側の主旨とは少し違うようですが、1年間、80万バーツをくだらないで貯金しておけば、ビザは継続できるということになります。

 

 ところで、1ヵ月65000バーツという「生活費」をどれだけの人が毎月、使い切っているのでしょうか、というくらい結構な額で、その額なら日本にいても十分に生活できる金額ではあるでしょう。 

 

 ロングステイのビザ等に関しては タイ自由ランド事業部  ℡081-566-9015 まで。

 

2011年6月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

 

 

タイ自由ランド トップページ

 

タイ自由ランド ロングステイビザ