タイでロングステイ 90日ごとの出頭怠ると罰金2,000バーツ

 タイでロングステイするためにまず、長期ビザをとります。1年先までスタンプが押されて、さて、ゆっくりタイで過ごせるということになりますが、タイで長期にいる場合は、3ヵ月ごとにイミグレーションに出向いて「実際にこのようにちゃんと生活していますよ」ということを知らせなくてはなりません。


 これには実費等はかからず、イミグレーションまでの交通費がかかるだけです。この「90日ごとのお知らせ」は、タイでロングステイをしている人だけでなく、90日以上継続してタイに滞在している人はすべて、知らせなくてはいけません。ですから、タイで働いている日本人も同様です。


 ただ、この90日ごとのお知らせは、いったん日本に戻ってタイに来たときは、その時点から3ヵ月がスタートするので、ちゃんと自分で計算しておかないと、わからなくなります。その期限のスタンプはタイでビザをとった際にはパスポートにホッチキスでとめた紙に押されるのですが、いったん国外に出て戻って来た場合は、そのスタンプがありません。これは結構やっかいです。


 この90日ごとのお知らせは、オーバーステイではないため、それを超して滞在していて、そのまま日本に帰国しても、とがめられることはありません。では、何の意味もないのでは、とは思いますが、ロングステイのビザを更新する際、その90日ごとのお知らせを怠っていた場合は2000バーツの罰金となります。あるいは、街の中で運悪くイミグレーションの担当官に出くわし、パスポートの提示を求められて90日ごとのお知らせを怠っていた場合は罰金4000バーツとなります。


 要は日にちを超えていて自分で出頭すれば2000バーツ、相手からやって来れば4000バーツ、そのまま国外に出てしまえば無料、ということでしょうか。
 1度、イミグレーションに行って、手続きの方法こそわかれば簡単ですし、ロングステイしている人なら、それぐらいの時間の余裕はあるでしょう。何でも自分でやってみる、というのがよろしいと思います。

 

 ロングステイのビザ等に関しては タイ自由ランド事業部  ℡081-566-9015 まで。

  

2011年3月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

 

タイ自由ランド トップページ

 

タイ自由ランド ロングステイビザ