タイ南部でロングステイ  この1月から「釣り」が楽しめる

タイでロングステイ

  タイ南部のナコンシータマラート県の海沿い、シチョンはのどかで自然がいっぱいの町です。そこに住む田中さんがコツコツとコテージを仕上げ、日本人の誘致をしています。
 ちょうど、この1月からは雨季明けで、釣りを楽しむのに絶好の季節。格安で船を出してもらえるので、バンコクからそれ目当てで訪れるのもよい。
 南部の国境近くというと「危ない」というイメージがあるが、それはヤラー県やナラティワート県内でのこと。ナコンシータマラート県は山田長政で有名な県で、イスラム系タイ人の紛争等はまったく起こっていない地域。外国人が安全に過ごせる町だ。
 山あいのコテージは1人1泊500バーツ~で、とにかくどっぷり自然につかれるのが楽しい。バンコクから短期の旅行でもおもしろい。エア・アジアのチケットなら片道千バーツちょっと。空港に着いたら田中さんが迎えに来てくれる。あるいは、バンコクから車で行くなら、スラタニーを過ぎれば1時間ほど。プーケットやクラビーに行くよりはかなり近い。
 シチョンの町も最近は、リゾート開発が少しずつ進んできて、まだ手つかずだった海沿いの敷地が次々に投資家や開発業者らに買われており、価格も急騰している。そのきっかけをつくったのはノボテルで、リゾートホテルの開発で敷地を購入しており、一躍、リゾートとしてのシチョンが脚光を浴びることになった。
 1月からはタイ人らの旅行者も徐々に増えてくる。ぜひ一度、南部のシチョンに訪れてみて下さい。連絡等は左下の広告参照で。 ロングステイのビザ等に関しては タイ自由ランド事業部  ℡081-566-9015 まで。

 

2012年1月5日 タイ自由ランド掲載