タイ南部でロングステイ  空一面に広がる星の数々

タイでロングステイ

 ナコンシータマラートのシチョンの話、第2回目です。
 ここに住みついて3年半になる田中さんが、山あいのコテージなどを一からつくりました。最初はタイ人を使っていましたが、今ではミャンマー人がたよりになる存在です。タイ人よりもよく働き、忠実で、信用もできるといいます。
 電気の配線から、水道管の設置など、1日1日でできることは限られますが、それを根気よく続けてきました。
 そして、今では日本人の宿泊を迎えられるまでになり、こうやって本紙に広告も出せるようになりました。
 コテージから歩いて8分ほどの浜辺で見つけた「オブジェ」。それを持ち帰って、田中流にガーデンとして整備しています。
 流されてきた木は、波に耐えて、頑丈で、そのままでも芸術品のよう。それに土を入れ、草木をさします。そんなオブジェが敷地内の至るところに見られます。
 日が沈んだあと、コテージの外に出て芝生で一服。向かいに見える森のざわめきが少し聞こえます。芝生の上で寝っころがり、天をあおぐと、空一面に星の数々。バンコクでは見られない瞬間です。日本でも長野県などの山あいで見られるような星の数々。
 空港までは田中さんが迎えてくれますので心配なし。行き帰りの航空券を予約して、田中さんに連絡するだけ。左の広告も参照で。 

 ロングステイのビザ等に関しては タイ自由ランド事業部  ℡081-566-9015 まで。

 

2011年12月5日 タイ自由ランド掲載