タイ国内旅行、現地の1日ツアー

 タイでのパッケージ旅行、1日ツアー、日帰りツアーなどをアレンジしてくれる日本人向け旅行会社を紹介しています。在タイの日本人でも興味あるバンコク近郊の1日クーポンもあり、非日常を味わいにたまに参加してみるのも楽しい。

→ タイ国内旅行

→ プーケット旅行センター

日帰りでも行ける水上マーケットや観光地
日帰りでも行ける水上マーケットや観光地
観光気分でムエタイ観戦やディナークルーズでビュッフェを楽しむのも
観光気分でムエタイ観戦やディナークルーズでビュッフェを楽しむのも
郊外の大自然でタイを満喫
郊外の大自然でタイを満喫

 タイで新型コロナウィルスの感染が確認されてから、1年半が経過し、海外からの観光客がない状態が続いていますが、プーケット旅行センターの村田さんより、現在のプーケットの状況をお知らせ頂きます。今回も自由に旅行が出来るようになったら、訪れてほしい穴場スポットをご紹介いただきます。タイ自由ランドをご購読の皆様、いかがお過ごしでしょうか?2021年7月1日の外国人旅行者の受け入れ開始を待つプーケット(6月20日現在)ですが、以前のような活気のある状態になるにはまだ時間がかかると、多くの人が思われているのではないでしょうか……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 世界的に有名なタイのリゾート地プーケットですが、観光客が長らく来られない状況野中、自然の風景がとてもきれいになっています。今回はプーケット旅行センターの村田さんより、プーケットのお薦め絶景スポットをご紹介いただきます。……………………………タイ自由ランドをご購読の皆様、いかがお過ごしでしょうか?ソンクラーン後にタイ国内でもコロナ感染者が激増したことにより、気軽に旅行ができる状態ではなくなってきました……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 タイ自由ランドをご購読の皆様、いかがお過ごしでしょうか?ソンクラーン期間はバンコクやチョンブリ方面より多くの方がプーケットへ訪れた様であり、パトンビーチを徘徊してみると、ビーチでのんびりされるツーリストの姿を多く見かけました。さて今回はソンクラーン期間のナイハーンビーチの風景をお送りします。ソンクラーンも終盤に差し掛かったころに、各ビーチを回ってみたのですが、以外にもナイハーンビーチが一番賑わっているように感じました……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

今年は5月初めに連休がありますが、バンコク近郊の観光スポットへのお出かけには、運転手付きレンタカーサービスの「アビデック」へどうぞ。バンコク近郊で今の時期、オススメなのが土日限定でオープンする『アンパワー水上マーケット&蛍観賞』です。蛍が多い時期は5月から10月なので、これからが見ごろとなります。バンコクを15時に出発して22時帰着予定でたっぷり楽しめます…… 

→ホームページ

 →facebook

→同社の紹介ページ

 

 4月から5月にかけて連休がありますが、プーケット旅行はいかがでしょうか。ソンクラーンの時期に比べて航空券が安くなっているので、狙い目かもしれません。日本人常駐の「プーケット旅行センター」では、乾季限定の離島ツアーの参加者を募集しています。5月中旬までの期間限定なので、今季最後のチャンスとなります。シミラン諸島やスリン諸島の美しい海をぜひお楽しみ下さい。離島巡りのボートツアーは週末や祝日のみの催行となっているので、お早めにご予約下さい……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 ソンクラーンの連休中にプーケットへ旅行へ行く人に強い味方となってくれるのが「プーケット旅行センター」の村田さんです。インスタグラムやツイッターでは毎日プーケットの最新情報をアップしていて、レストランやホテルの最新状況も随時更新されているので、ぜひフォローして下さい。今回はソンクラーン直前の最新情報をお知らせ頂きます。タイ自由ランドをご購読の皆様、いかがお過ごしでしょうか……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

★ タイ国内旅行で40%援助 2021/4/20

 2回のワクチン接種で、人の移動が活発になってきているが、外国人のタイ入国では、4月から7~10日間の隔離が始まり、徐々に短縮されており、7月にはプーケットの直行便などで隔離なし、という声も聞かれる。一方、タイ人向けのタイ国内旅行の促進については、「タイ国内をツアーしよう!」と題して、タイ政府は、旅行会社を利用した場合に40%の援助をする。条件は、平日の月曜から木曜で、2泊3日以上、1人5000バーツまで…… 

 

 

 この1月の外国人観光客などの入国は7694人で、昨年のコロナ前の381万人と比べると99.8%減だったが、ここ数カ月をたどって見ると、ワクチン接種による入国が徐々に表れた結果となった。観光スポーツ省によると、1月の入国はスペシャルツーリストビザやエリートカード、その他のビザ所持者が入国しており、7694人のうち、半分以上の4022人がヨーロッパからで、ドイツやイギリスなど。そのほか、1749人は中国、アセアン、韓国、日本からとなっている…… 

 

 

 今回はプロムテープ岬をご紹介します。プロムテープ岬はプーケット島の中でも1、2を争うほどの人気観光スポットであり、プーケットタウンより南方面へ約19km、車なら30分程度でアクセスできる、プーケット島・最南端にある岬です。天気の良い日は果てしなく広がる青い空とオーシャンブルーの美しい海の中の正面にKAEO YAI島、KAEO NOI島、そして右手方向にはナイハンビーチが望めるビューが広がります……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 タイ自由ランドをご購読の皆様、いかがお過ごしでしょうか?今回はウィンドミルビューポイント (Windmill View Point @Phromthep energy station前) をご紹介します。ガイドブックなどにはあまり紹介されていない、ここのビューポイントは、プーケットの南側に位置するナイハンビーチ(Nai Harn Beach)よりさらに南へ3km程度移動した小高い丘の上にあります。プロンテープ岬のような賑わいもなく、人影もまばら……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 停滞している経済の刺激策として、昨年末に計画された高齢者向けタイ国内観光キャンペーンは、その後のコロナ感染者の広がりにより、いったん延期されたが、タイ観光スポーツ省大臣によると、2~3月におさまれば、内閣の承認を得て、3~4月にはキャンペーンを始められるとしている。ちょうどソンクラーンの時期で、観光業が盛り上がるとしている…… 

 

 

 世界的に有名なタイ南部のリゾート地プーケットでは、乾季限定の離島巡りがシーズンを迎えています。プーケットを訪れる際には、ボートツアーを利用してみるといいでしょう。観光客が少なくなり、海がとてもきれいになっています。ボートツアーは波が高くなる4月頃までがシーズンとなので、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。今回も「プーケット旅行センター」の村田さんから現地の情報をお知らせいただきます……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 プーケットの繁華街やショッピングモールは閑散としている。タイ国内では旅行のベストシーズンとなる乾季がやってきました。タイ南部のリゾート地プーケットでは、日帰りボートツアーなども格安で再開されています。店内飲食解禁やアルコール販売再開など、段階的に解除されたものの観光客がいないので、寂しい日々が続いています……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 乾季に入り絶好の行楽シーズンとなりました。バンコクからの日帰りや1~2泊の短期旅行にご利用いただきたいのが「ニューパシフィックインターナショナル」の運転手付きマイクロバスです。人気の行き先としては、カンチャナブリー、アユタヤ、パタヤ、ホアヒンですが、最近はカオヤイ国立公園へ泊りがけで行くのも人気上昇中です……

→ホームページ

 

 プーケットの繁華街やショッピングモールは閑散としている。タイ国内では旅行のベストシーズンとなる乾季がやってきました。タイ南部のリゾート地プーケットでは、日帰りボートツアーなども格安で再開されています。店内飲食解禁やアルコール販売再開など、段階的に解除されたものの観光客がいないので、寂しい日々が続いています……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 日本人担当者が対応する「ニューパシフィックインターナショナル」から、今回はカンチャナブリーのおすすめ宿泊スポットのご紹介です。タイで旅行業40年のベテラン、山下さんがおすすめするのは、カンチャナブリーの「フェリックス・リバークワイリゾート」です。 クワイ川鉄橋の近くにあるリゾートホテルで、広い部屋は木製の調度品やフローリングで落ち着いた空間となっています……

→ホームページ

 

 国外からの観光客がいないことで観光業に従事する人は大変な状況が続いていますが、今月もタイ南部の観光地プーケットにある「プーケット旅行センター」の村田さんに現地の情報をお伝えいただきます。インスタグラムやツイッターでリアルタイムな情報を公開しているので、そちらもご覧下さい。日帰りボートツアーも再開しているようです。超格安料金が出ているので、週末や連休にプーケットに遊びに行く人は、村田さんに連絡してみて下さい……

 

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」から期間限定オススメツアーのご紹介です。長らく観光客がいない状況ではありますが、日帰りボートツアーが一部再開しています。ただいまプーケット発の日帰りボートツアーが期間限定特別料金でご利用いただけます。子供の膝丈くらいの浅瀬で魚と遊べる「カイ島ツアー」は、半日(午前または午後)なら、大人1名1,000バーツ、子供1名700バーツとなっております……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 タイで旅行業40年のベテラン山下さんが担当する「ニューパシフィックインターナショナル」から、タイ滞在中に訪れてほしい観光スポットのご紹介です。今年の3月に視察に行き、自信を持ってお勧めできる場所でしたがコロナ禍のため、ご紹介が遅くなりました。今回ご紹介するのは、カンチャナブリーの有名なお寺「ワット・タムスア」と象乗りが楽しめる「タウィーチャイ・エレファントキャンプ」、そして「巨大な合歓(ねむ)の木」です……

→ホームページ

 

 BTSグリーンラインのハーエーク・ラプラオ駅周辺のスカイウォークがこの10月中に完成する。これは BTS駅からMRTパホンヨーティン駅間の走行を便利にするもので、長さ302m で事業費は4000万バーツかかっている。これによりBTS、MRTへの行き来がスムーズになる…… 

 

 

 この10月にアイコンサイアム行きのゴールドラインが開通予定だが、同じくチャオプラヤー川沿いで2件のプロジェクトがオープンする。1つは豪華なホテル、カペラバンコク(Capella Bangkok)で、川沿いの350mに渡るプライベートヴィラの様相で、101室すべての部屋からチャオプラヤー川を望める。カントリーグループ・ディベロップメント社の開発で、すでにhotels.comでは10月からの宿泊で…… 

 

 

 外国人観光客がタイに入って来れない状況で、バンコクやパタヤ、プーケットなどの観光地の高級ホテルで、大幅に値下げをして、宿泊を受け付けているが、TCCグループのアセットワールドコーポレーション(AWC)でも、プロモーションでスクンビット・ソイ22にあるバンコクマリオットマーキスクイーンズパークでも、1泊999バーツからで、そのほか、レストラン20%引き、スパ50%引きなどを行っている…… 

 

 

 観光客が戻るまでまだまだ厳しい状況が続く、プーケット旅行センターの村田さんから現地の様子をお知らせいただきます。タイ自由ランドをご購読の皆様、いかがお過ごしでしょうか?世界を代表する観光立国・タイの中でもひときわ人気の観光地であるプーケットですが、国際線が以前の様な運行状況でない現在、繁華街・パトンビーチに乱立していたレストランやホテルなどは多くが営業を止め……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 バンコクからの日帰り観光や空港送迎、ゴルフ場送迎なら「ニューパシフィックインターナショナル」へお任せください。運転手付きマイクロバスで行く日帰り観光は、日本人に人気の観光地はもちろん、穴場スポットへもご案内いたします。タイで旅行業40年のベテランである山下さんがさまざまなリクエストに応えてアレンジしてくれます……

→ホームページ

 

ホアヒンやサメット島などのリゾートへの片道送迎もできるのが運転手付きレンタカーサービスの「アビデック」。3名から催行するバンコク近郊のツアーもあり、「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」では、貸切ボートで遊覧できます。途中でココナッツファームにも立ち寄る定番のコースです……

 

→ホームページ

 →facebook

→同社の紹介ページ

 

 さらなる規制解除が進むなか、プーケット旅行センターの村田さんから現地の様子をお知らせいただきます。タイ自由ランドをご購読の皆様、いかがお過ごしでしょうか?プーケット空港が6月13日より再開となり、現在はタイ・ベトジェットエア、エアアジア、ノックエアー、タイ・ライオン・エアが運航を始め、徐々にタイ国内での人の移動が始まりました……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 タイではコロナあとのタイ国内観光について、タイ人の観光地への誘致を積極的に行っていますが、タイ観光庁のパタヤ支所によると、パタヤ~チョンブリーの観光の活性化のため、観光客向けに7月15日から12月24日までに、ホテルや観光地、レストラン、スパで50%引きを行っています…… 

 

 

日本人スタッフが応対する運転手付きレンタカーサービスの「アビデック」では、バンコク近郊の有名な観光地や動物園、遊園地、各種レジャー施設、ゴルフ場への送迎をはじめ、工業団地への視察にもご利用いただけます。3名から催行するバンコク近郊のツアーもあり、今の時期は週末限定『アンパワー水上マーケット&蛍観賞』……

→ホームページ

 →facebook

→同社の紹介ページ

 

 新型コロナウィルス感染予防のために長期間、旅行なども行けずストレスが溜まっていませんか?貸切りワゴンでの日帰り送迎が好評の「RYO&F旅行社」なら、コンドミニアム前から目的地までプライベートな空間で移動できます。家族や親しい友人との小旅行にぜひご利用下さい。バンコク郊外の自然豊かな国立公園や景勝地へのお出かけはもちろん、ゴルフ場や空港送迎もお任せ下さい……

→ホームページ

→同社の紹介サイト

 

 タイ観光&スポーツ省が、タイ観光庁、タイ観光協会などと会合を持ち、今後の外国人観光客などの受け入れについて協議し、8月はまず、タイと同じように、新規の新規の感染者がほぼいない国の入国を許可し、14日の隔離を行わず、中国や日本、台湾などを想定しており…… 

 

 

 タイ国内での旅行も徐々に活気を取り戻している中、バンコクからの日帰り観光やゴルフなら「ニューパシフィックインターナショナル」へどうぞ。日本人に人気のアユタヤやカンチャナブリー、ホアヒン、パタヤへの日帰り観光をはじめ、さまざまなリクエストにも応じてもらえます。アンパワーの水上マーケットやピンクのガネーシャで有名なお寺など、行ってみたいところをリクエストすると、あまり知られていないスポットを追加したり……

→ホームページ

 

 新型コロナウィルスの新規感染者もほとんどない状況で、規制解除が段階的に進んでいます。タイ南部のリゾート地プーケットでも規制が解かれていますが、どのようになっているのか、今回も「プーケット旅行センター」の村田暁紀さんより6月4日現在の状況をお伝えしていただきます……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 新型コロナで、タイ国内にいる人は、タイ国内での旅行がお得!タイで旅行業ひとすじ40年以上の山下さんが対応する「ニューパシフィックインターナショナル」では、ゴルフ場の予約と送迎を格安で承っています。たとえば、バンコクで日本人に人気ゴルフコースの「ムアンゲーオ」は平日2100バーツ、休日2800バーツ(いずれもカート代+750バーツ)となっています……

→ホームページ

 

 新型コロナウイルス撲滅に向けて、世界中でまだまだ厳しい移動制限や観光地への入場制限をしています。タイ南部にある世界的なリゾート地プーケットは、陸海空の移動や島内での自由な往来ができない状態です。本紙で広告をご掲載いただいている「プーケット旅行センター」の村田暁紀さんより現地の5月3日現在の状況をお伝えしていただきます……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、各地でさまざまな制限などをしています。タイ南部のリゾート地プーケットも例外ではなく、プーケット島へは、陸海空の移動ができない状態です。

本紙で広告をご掲載いただいている「プーケット旅行センター」の村田暁紀さんより現地の4月18日現在の状況をお伝えしていただきます……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 タイ南部のリゾート地にある「プーケット旅行センター」では、ホテルの予約も承っています。今回ご紹介するのは、プーケットではあまり見られないタイプの家族向けリゾートホテル「パムックー・リゾート・バイ・カタグループ」です。コンセプトは『ジャングル・リゾート』で建物の雰囲気やデザインはもちろんのこと、スタッフの衣装やホテル内の調度品など至る所にジャングルリゾートのテイストが感じられます……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、お得なクーポンも各種取り扱っています。ただいまのお勧めは昨年11月にオープンしたウォーターエンターテイメントパークの「ブルーツリープーケット」です。広大な敷地内には様々なアクティビティがあり、年齢を問わず楽しめる注目のレジャー施設です……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 日本から来る人もタイに住んでいる人も、バンコク市内や近郊までの小旅行ならドライバー付きの貸切りマイクロバスで移動するのが便利!例えば、今の時期の日本人に人気のワットパクナームへもラクラク移動できます。インスタ映えするエメラルド寺院として「一度は行ってみたい」と日本人の間で人気のところです……

→ホームページ

 

 タイ南部のリゾート地、プーケットで昨年11月にオープンしたばかりの「ブルーツリープーケット」。年齢問わず楽しめる新名所として、これから注目を集めること間違いなしのスポットです。広大な敷地はラグーンをはじめとして、買い物も食事も1ヵ所で楽しめるウォーターエンターテイメントパークとなっています……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 「RYO&F旅行社」のゴルフ場への送迎料金は、とてもリーズナブル! 他社と比べても断然お得です。ゴルフ場の予約も承っておりゴルフ場の予約のみでも、送迎のみでも承ります。また、ゴルフ場の予約以外にも貸切ワゴンを使っての観光プランの手配も承っております……

→ホームページ

→同社の紹介サイト

 

 タイでゴルフをするならタイ国の現地旅行社「ニューパシフィックインターナショナル」が運営する「タイゴルフ」のウェブサイトがお得で便利です。老舗なので現地ゴルフ場に顔が利きます。さらに最低価格保証!安く予約できます。Thaigolf.jpではタイ国内のゴルフ場の予約をインターネットにてお受けいたします……

→ホームページ

 

 日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、「スリン島1泊2日ツアー」の参加者を受付中です。プーケットからスピードボートで島へ移動する途中で、シージプシーのモーゲン族が住む島へも立ち寄ります。ここでは独自の文化や風習を持つ人たちの暮らしを見ることが出来ます……

 

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 「RYO&F旅行社」の管理するドライバー付きレンタカーサービスは、思いのままに自由自在に運行プランを組んでもらうことが出来ます。送迎で楽々、乗り換え不要で目的地に直行。重い荷物も心配不要。トイレが近い方も安心です。団体ツアーや個人で旅行するよりも快適です……

→ホームページ

→同社の紹介サイト

 

 タイ南部の有名なリゾート地プーケットでは、乾季限定のボートツアーがたくさんあり、特にお勧めなのが離島をめぐるツアーです。日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」でも、ボートツアーの申し込みを受け付け中。今回ご紹介するツアーは「スリン島1泊2日」のパッケージです……

 

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、今が旬のボートツアーを豊富に取り扱っています。お薦めのツアーでは、サンセットディナークルーズのご予約を受付中です。同ツアーではプーケット島の南側にあるシャロン湾を遊覧し、サンセットとディナーをお楽しみいただけます。クルーズ後はホテルまで送迎(ホテルの場所により追加送迎代がかかります)があります……

 

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 バンコクは鉄道網がどんどん延び、郊外にある観光施設へも行きやすくなっています。スクムビット線の終点ケーハ付近は、クロコダイルファームやタイ国全土の文化遺産を一同に集めたムアンボーランがあります。もう一方の終点となっているカセサート大学からは、タクシーでサファリワールドへ意外と行きやすいです。開園は9時で、最初のショーは10時からなので……

 

 

 今回はプーケットタウンにあるカフェ・タラン31 ( tHALANG #31 )を紹介します。ここはまだ新しいカフェのようで、2020年1月3日現在、グーグルマップのストリートビューで確認をしても、写真のようなお店は出てきません……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 ハイシーズンのプーケットでは、さまざまなボートツアーが催行されています。日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」でも、各種ボートツアーの申し込みを受け付けています。今回のおすすめは、夕方から夜にかけてのサンセットクルーズとディナーがセットになったツアーです。午後3時頃の出発でプーケット島の南側にあるシャロン湾を遊覧し……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 プーケット旅行センターから、お薦めボートツアーのお知らせです。『ラグジュアリーカタマラン船でゆく「ピピ島+マイトン島サンセットツアー」』は、通常大人1名で4500バーツのところ3700バーツ、子供1名で3600バーツのところ3000バーツ……

→ホームページ

→facebook

同社の紹介サイト

 

 ホテルでない宿泊が30%の伸び、大手予約サイトのAgoda

 2019/1/5

 

 タイへの観光客は増加しており、そのうちリピーターなどはオンラインで宿泊の予約をしてやって来るのが一般的だ。そのホテル予約サイトの大手、Agodaのロバート社長によると、タイで提供している宿泊の施設は91230件でそのうち、ホテルでないところは19180件にのぼり、これは2年前の6000件から3倍以上に伸びているという……

 

 

 エンポリアム、セントラルなどでVAT返還がその場でできる

 2019/1/5

 

 外国人観光客向けのVAT(付加価値税)の返還、還付が2019年1月31日まで、大手ショッピングセンターなど5ヵ所で、その場で行われている。タイ税務局によると、今回は試験的に行っているもので、11月15日から1月31日まで、セントラルグループや、ザ・モールグループなど4社の5ヵ所で行われており、エンポリアムやサイアムパラゴン、セントラルワールド、ロビンソンスクムビット、セントラルチットロムなどで……

 

 

 「マハナコン・スカイウォーク」の78階屋外からの眺め

 2018/12/20

 

 キングパワー社による「マハナコン・スカイウォーク」が完成し、一般でも入場できる。高さ314mの眺めでバンコクを一望に見渡せる。BTS チョンノンシー駅からすぐで、1階にチケット売り場があり、74階と78階屋外で見渡せるチケットは1050バーツ。12歳以下、60歳以上は450バーツ。1月31日まではプロモーションで765バーツとなっている。午後10時から夜0時まで開けており、ルーフトップバーなども併設している……

 

 

  

★ 旅行代理店「プーケット旅行センター」で最も美しいシミラン島ツアー 2016/11/5

 

 日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」から乾季限定のプロモーションが発表されているので、紹介いたします。ただいまのオススメツアーはタイで最も美しい島と言われている「シミラン諸島1日ツアー」です。数多くのシュノーケリングポイントがあり、アンダマン海に生息するさまざまな海の生物に会えます。巨大な岩と美しいサンゴに囲まれたシミラン諸島行くならプーケット旅行センターでお申し込み下さい。シミラン島に宿泊するツアーもあるので、お気軽にお問い合わせ下さい……

→ホームページ

 

 

 

★ タイ国内観光で40年の実績「RYO&F旅行社」 2016/10/20 

 

 タイで旅行業一筋40年以上のベテランが対応してくれる「RYO&F旅行社」では、貸切りマイクロバスと日本語ガイド同伴のサービスも行っております。例えば、アユタヤ観光おすすめは、遺跡を数ヵ所まわった後に、象に乗って遊んで、近くの水上マーケットを見学するプラン。このように、一般的な日帰り観光にプラスして、さらに、充実した内容を提案いたします……

 

★ パタヤでヤマハボートを借りる 2016/10/20

 

 前回に引き続き、ヤマハシースタイルライト会員募集のお知らせです。『ヤマハシースタイル』とは、ヤマハが運営する会員制レンタルボートクラブ、日本全国約140ヵ所、海外にもハワイ、タイの2ヵ所でヤマハのボートをご利用いただけるクラブです。今回はタイでのヤマハボートご利用可能マリーナと船の紹介です。場所は、パタヤから約20分南下したところにあります、タイでは一番知名度が高い、「Ocean Marina Yacht Club (オーシャンマリーナヨットクラブ)」になります……

→ホームページ

→facebook

 

 

★ 家族でイルカ&アシカのVIP席 2016/10/5

 

 バンコクの喧騒を離れて、のんびりと休日を過ごすのにピッタリなタイ南部のリゾート地「プーケット」。南国リゾートならではの体験をするなら、プーケットにある日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」へお問い合わせ下さい。地元ならではのローカルなお店の話題から、老若男女が楽しめる現地発のツアーなどを用意しています……

→ホームページ

 

 

 パッケージツアーの基準設定へ 2016/10/5

 

 

 タイに観光に来る外国人としては断突の中国人だが今回、大手旅行会社OAトランスポート社の関係者が逮捕され、観光バス2000台が差し押さえられた件に関して、その後、中国人旅行者が激減しており、この9月は50%減、9月12日~30日のチケットキャンセルは16000人にのぼり、中国からのパッケージツアーに関して、早期に基準等を設けるよう迫られており、タイ政府の対応待ちの状態となっている……

 

 

 

 

★ プーケットのジャングルを飛ぶ 2016/8/5

 

 タイ南部にあるプーケットは世界的に有名なビーチリゾートとして、マリンスポーツを中心にさまざまなアクティビティを楽しむことが出来ます。プーケット随一の繁華街パトンビーチにある日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、プーケットでのホテルや車の手配、ツアーの申し込みなども承っています。今回の広告で紹介している「フライングハヌマーン」はパトンビーチから車で15分ほどの場所にあるジャングル・スカイアドベンチャーです。広大な敷地を持つ施設は木々の間にはジップラインと呼ばれるワイヤーが張り巡らされており、ワイヤーに滑車を引っ掛けて、滑車で滑走する爽快なアドベンチャーが楽しめます……  

→ホームページ

 

 

 

★ 海で泳ぐクジラを見に行こう! 2016/7/5

 

 夏休みに日本からやって来る家族や友人とのお出かけに便利なのが、「アビデック」の運転手付きレンタカー。バンコク近郊の観光地へも日帰りツアーや時間制フリープランなど、人数や目的地別に楽しめます。今月からはバンコク近郊の海へ行き、船上からクジラを見学する「日帰りホエールウォッチングツアー」も始まっています。8月以降は土日の出発もありますが、定員が各回15名までとなっているので、お早めのご予約をお願いします……

→ホームページ

→facebook

 

 

 

★ ガソリンスタンド「ポートートー」がエリア内にコンパクトなホテルを建設 2016/7/5

 

 スクムビット界隈でも最近、1泊500~1000バーツほどの簡易のコンパクトなホテルがところどころに出来ているが、「ポートートー」の愛称で呼ばれるガソリンスタンドが、エリア内にコンパクトなホテルを今後、建設していくことになり、来年より着工するという。現在、エラワン、ドゥシット、ゴールボールなどのホテル事業者と交渉中で、今年中に1社にしぼり、来年より始動する。70室までのコンパクトなもので1泊600~700バーツを想定している。エリア内にはセブンイレブンやコーヒーのアマゾンなども設け、朝食などは提供しないスタイル……

 

 

 

  

★ トゥクトゥクに乗る外国人旅行者減 2016/4/5

 

 タイの観光の名物として取り上げられる乗り物トゥクトゥクだが、最近は利用する外国人旅行者が減っており、以前は運転手の1日の収入は800~900バーツ以上になったが、今では1日に500バーツほど。インターネットで、タイに行くとトゥクトゥクに気をつけるように!などと書き込まれ、「盗みに合う」「ぼったくられる」「高い買い物の場所に連れて行かれる」などが各国のサイトに書かれ、評判はよくない。そのため、タイではタイのシンボルの1つでもあるトゥクトゥクを健全に利用してもらう対策を検討しているという……

 

 

 

 

 

 

★ 週末ぶらり旅にぴったりのラチャブリー 2015/12/5 

 

 毎年、雨の降らなくなるこのシーズンになると、カオヤイなどの高原リゾートは、タイ人観光客で賑わいますが、バンコクから気軽に行ける高原リゾートとしてラチャブリーも注目されており実際に行ってみました。リゾート開発されているのは、ラチャブリーのミャンマー国境付近の山岳地帯で、スアンプンという町が拠点で、ここまではバンコクから車で約3時間です…… 

 

★ 温泉、ソムタム、遺跡が楽しめるペチャブーンへの小旅行 2015/12/5

 

 以前に本紙で掲載した「ペチャブーンの温泉、バーンクルー」に実際に行ってきました。開発の仕掛け人である光富さんみずから運転してバンコクから2時間半ほど。着いてみると、思っていたよりもこじんまりした敷地で、とってもアットホーム。オーナーのタイ人がいろいろ説明してくれて、源泉のお湯を見せてくれる。スゴイですね。湧き上がっているんですね!それも48℃で! ……

→facebook

 

 

 

★ タイの観光の切り札は「温泉」!? 2015/10/5 

 

 最近はタイ人の所得も上がり、日本への格安航空券なども販売され、またビザなしで15日間、滞在できるため、タイ人で日本に旅行する人も急増している。その中でタイ人がぜひ行きたいと思っているのが「温泉」。基本的にシャワーしかない生活を送るタイ人だが、ゆっくりと湯舟につかり、そこからの眺めもよい、などという非日常的なシチュエーションを体験してみたいと思っている。そういったタイ人が増えるにしたがい、「タイにも温泉をつくろう!」という声が最近は上がっている

 

★ 旅行業一筋のベテラン、山下さんが対応してくれる旅行会社「RYO&F旅行社」 2015/9/20

 

 在タイ歴はなんと40年。ずっと旅行業一筋のベテラン、山下さんが対応してくれる旅行会社「RYO&F旅行社」。同社では、ホテル・航空券・各種エンターテイメントの手配・予約代行ほか、貸切りマイクロバスと日本語ガイド同伴のサービスも行っております。市内観光から、アユタヤ、パタヤ、ホアヒン、カンチャナブリなど、タイの人気観光地を、プライベートの貸切りワゴンで、日帰りで満喫できます…… 

 

 

 

★ 旅行会社CJL代表を務めるチエコさんはタイでは仕事一筋、60歳で独立 2015/8/20

 

 タニヤのチャンイサラビルにある旅行会社CJL。代表を務める日本人女性のチエコさんは今年の10月で、在タイ52年を迎える女社長。現在、74歳ですが、バリバリ現役で働いており、馴染みの常連客から、親しい友人まで、電話が毎日ひっきりなしにかかってきます。チエコさんが来タイしたのは、1963年の22歳のとき。日本で知り合ったタイ人男性と結婚し、人生で初めての海外生活がスタートしました。「今だと、日本人がタイに来て、タイ人と知り合って結婚するのよね」と語るチエコさん…… 

 

 

 

 

 

★ ソンクラーンでの旅行は日本行きが一番人気! 2015/4/5

 

 まもなくタイの正月であるソンクラーンだが、この時期に海外旅行に行くタイ人は今年は15~20%増となり、40万人以上と見積もられている。タイ旅行サービス協会によると、渡航先の第1位は日本で、ビザ免除により、パッケージツアーも組みやすくなり、1人当たり3万~35000バーツの予算で、4泊6日のツアーが人気。円安により割安感もあるのがタイ人の人気の理由だ……

 

 

 

★ 国内旅行で所得控除  2014/9/5

 

 経済の活性化、さらにタイ国内の旅行業界の活性化のため、タイ旅行者業界は、タイ国内を旅行する人がそれを経費にして個人所得税への控除ができるよう政府等に提案するとしており、まもなく承認される見通し。これは、日本人などでもタイで働いている人なら、関係する話だが、上限の経費は2万バーツまでで……

 

 

 

★ ラヨーンの果物食べ放題 2014/7/5

 

 雨季のタイに出回る果物。マンゴスチンやランプータン、リンチーなどがとても安くで買えますが、パタヤをもう少し行ったラヨーン県では、果樹園のビュッフェが何ヵ所かあり、我々、日本人も、1日ツアーなどで、そのビュッフェに参加したことのある人もいるでしょう……

 

 

 

★ パタヤ発着・モンキーアイランド日帰りツアー 2014/4/20

 

 「クラブタイランド」パタヤ店では、パタヤ発着・モンキーアイランド日帰りツアーのサービスを開始しました!……

 

 

 

タイ自由ランドのトップに戻る

  

 

求人、求職

「貸します」情報

コンドミニアム売買物件

教えます、売ります

県人会、同窓会

ロングステイの会

インパクト、BITEC

日本人会のサークル

ビザツアー

タイ自由ランドの過去の紙面から

会社設立、経理、ビザ

タイ関連リンク集

タイ人向け不動産サイト

 

料理店一覧

 

スクムビット・ソイ1~21までの日本料理店

スクムビット・ソイ21~53までの日本料理店

スクムビット・ソイ53~65までの日本料理店

スクムビット・ソイ65以降の日本料理店

スクムビット・ソイの偶数の日本料理店

シーロム、タニヤの日本料理店

シーロム界隈の日本料理店

チャオプラヤー川沿いの日本料理店

サイアム、チットロム、プルンチットの日本料理店

バンコク周辺の日本料理店

シラチャ、パタヤの日本料理店

厳選!接待で使える店

厳選!お弁当のデリバリー
厳選!宴会、パーティーで使える店
厳選 ! 夫婦で行ける居酒屋特集
厳選!ラーメンにこだわる店
厳選!とんかつがおいしい店
厳選 ! 極上の焼肉がいただける店
厳選 ! 個室でゆっくりできる店
厳選 !手打ちそば、うどんの店

厳選 ! 寿司がおいしい店

厳選 ! 刺身が超新鮮な店

厳選 ! ハンバーグ、洋食がおいしい店

厳選 ! やきとりがお勧めの店
厳選 ! 鉄板焼きがメインの店

 

トップ選!シリーズ

 

タイ語学校で学ぶ!人気トップ9選!

内装、リフォームの業者トップ5選!

賃貸物件の仲介業者トップ10選!

 

「日本のテレビが見られる」お勧めトップ7選!

 

パソコン修理、ネット接続などのトップ6選!

 

男性向けヘアサロン、美容室の人気トップ6選!

学習塾、進学塾のお勧めトップ6選

レンタカーの人気トップ5選!

薬を使わない整体、鍼灸、漢方治療トップ5選

スーツの仕立て、オーダーメイドのトップ3選

 

コンドミニアム売買の仲介業者トップ5選!

 

リサイクルショップ、高価買取の人気トップ8選

ビザツアーの人気トップ3選!

宴会、パーティー向けの最強トップ20選!

デリバリー、宅配のお弁当トップ6選!

 

素朴な中国、中華料理店トップ7選!

焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶの食べ放題トップ7選!

 

1人ごはんも快適!夜の定食トップ9選!

 

手打ちそばの人気トップ8選!

 

おでん自慢のトップ6選!

 

   

カレーライスがおいしい店一覧

デリバリー、宅配、弁当一覧

宴会、パーティーができる店一覧

ハンバーグがおいしい店一覧

串揚げ、串かつがおいしい店一覧

スクムビットでランチがある日本料理店一覧

夫婦で行ける居酒屋一覧

ラーメン、中華の店一覧

刺身、寿司がおいしい店一覧

接待ができる店全一覧

しゃぶしゃぶのある店一覧

夜も定食がゆっくり食べられる店一覧

天ぷらをおいしく揚げてくれる店一覧

鉄板焼きが自慢の店一覧

とんかつがおいしい店一覧

手打ちそば、うどんの店一覧

和牛ステーキ、和牛焼肉、黒毛和牛の店一覧

炭火で焼くやきとりの店一覧

日本スタイルの焼肉店一覧

 

スクムビット界隈のタイ料理店

シーロム界隈のタイ料理店

サイアム界隈のタイ料理店

接待ができるタイ料理店

チャオプラヤー川周辺のタイ料理店

バンコク近郊のタイ料理店

シラチャー、パタヤなどのタイ料理店

簡易のタイ料理店

海鮮、シーフ―ドの店

屋台

イサーン料理店

フードコート

食べ放題

 

スクムビットの中国料理店

それ以外の中国料理店

フランス料理店

フュージョン

グリル、ステーキ

ホテル内レストラン

インド料理店

スクムビットのイタリア料理店

それ以外のイタリア料理店

欧州、アジアのレストラン

カラオケ、スナック

喫茶店

韓国料理店

パブ、バー、ビアホール

 

レストランを地図から探す スクムビット・ソイ1~21界隈

レストランを地図から探す スクムビット・ソイ33界隈

レストランを地図から探す スクムビット、トンロー

レストランを地図から探す スクムビット、プラカノン

レストランを地図から探す シーロム

レストランを地図から探す サイアム

 

会社概要

 

事業内容

広告募集

インターンシップ

 

起業、会社設立

 

起業

起業の新着情報

起業の流れ

会社設立の流れ

会社設立登記

税務登記

毎月の会計申告

Bビザ取得

労働許可証取得

労働許可証更新、Bビザ更新

レストラン許可証取得

銀行口座開設

90日ごと出頭

構成スタッフ

料金一覧

ドキュメント!会社設立

トラブル処理

失敗から学ぶ

就業規則

よくある質問 会社設立

よくある質問 労働許可証

よくある質問 毎月の会計

ロングステイビザ

結婚ビザ

家族ビザ

会社閉鎖

 

 

 

 

 

各業務のカテゴリー 

 

タイ語学校、英語学校

英語学校

不動産物件、賃貸アパートの仲介

賃貸アパート物件情報

単身者向け賃貸
賃貸オフィス、工場仲介
店舗物件仲介
新規コンドミニアム


食材卸、店舗内装、工事   
業務用食材、お酒


起業、会社設立、税金、会計

 弁護士、裁判、法律

 

タイ語の通訳、翻訳

求人、求職 
ロングステイ
ビザ、滞在ビザ

 

 

クリーニング、清掃、洗浄、エアコン清掃 

ゴルフ、トラベル、旅行 

ゴルフレッスン

ゴルフ場予約 

シラチャの話題 

整形、美容クリニック 

ヘアサロン、美容室   

理容室 

スパ、エステ 

タイでマッサージ 

タイでロングステイ 

ロングステイ、ビザ、高齢者 

ビザ、滞在ビザ 

タイで人材、雇用

タイで宝石、ジュエリー

タイで釣り 

タイのニュース 

タイ国内交通網整備 

タイ産マンゴーを日本へ宅配 

宅配、デリバリー、配達 

万能薬のプロポリス 

製造、販売するアロエベラ

タイ語、英語、中国

タイ関連情報 

タイ雑貨、アジアン雑貨 

ダイエット、おけいこ 

習い事、おけいこ、スクール、教室  

ダイビング 

チラシ、名刺、デザイン 

ホームページ、ウェブサイト seo  
パソコン購入、修理、IT、ソフトウェア

バンコクの開発
ペット、子犬

 メガネ
リサイクルショップ

レンタカー

 仕立て、スーツ
 催し、イベント
芸能、コンサート

医療、健康、漢方

 病院、薬局、薬
 学習塾、進学塾、子どもの教育

 引越し
 携帯、スマホ、sim
 携帯、スマホの通話料金
 教えます、
日本人会サークル

 日本のテレビが見られる
 書籍、中古、古書
 歯科医院

メイド、家事手伝い
 浄水器、ウォッシュレット   
工場の自動化

 

タイ人向けコンドミニアム売買

 


イタリア料理、フランス料理、ドイツ料理、ギリシャ料理、スペン料理など
シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、レバノン、イランなどの料理店
日本料理店
焼肉店
韓国料理店
タイ料理店

中国料理店
フュージョン

ラーメン、中華
 居酒屋さん

宴会によい店

刺身、寿司

割烹、懐石

しゃぶしゃぶ、すき焼き

てんぷら

とんかつ

ランチならココ

串揚げ、串かつ

和牛ステーキ、和牛焼肉

手打ちそば、うどん

カレーライス

やきとり、焼鳥

宴会によい日本料理店
 喫茶、スイーツ、ケーキ
スナック、カラオケ、バー

パブ、バー  

欧州パブ