リタイヤメントビザ、ロングステイ、高齢者、年金、定年

  タイでは、日本人の50歳以上の人は、80万バーツの預金を用意すれば、1年のロングステイビザ(リタイヤメントビザ)、年金ビザがとれ、滞在できます。バンコクやシラチャー、チェンマイ、パタヤなどに、こういった日本人の高齢者、年金者は住んでおり、日本よりも生活費が安くで済むというのが最大の魅力でしょう。例えば、1万バーツの家賃で毎日300バーツほどの食事なら、1ヵ月2万バーツ=7万円で生活ができることになります。

→ ロングステイビザの取得方法、料金

タイでロングステイビザを取得
タイでロングステイビザを取得
タイのロングステイヤーの会
タイのロングステイヤーの会
タイの日本人向け高齢者介護施設
タイの日本人向け高齢者介護施設

 PCR検査だけでようやくタイでも出入国ができるようになっているので、日本に一時帰国する人が増えていますが、ビザを取っていて、リエントリーパーミットの取得を忘れると、現在のビザが無効になるので、気を付けてください。必ず、現在のビザを有効にするリエントリーパーミットをシングル(1,900バーツ)、マルティプル(3,800バーツ)を取っておくことが必要です……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 各種ビザとタイの運転免許の新規取得から更新まで日本人が対応するのが「アジアン・エイペックス・アセット・プラス」です。結婚ビザやリタイヤメントビザの取得で預貯金がない場合も相談して下さい。また、個人では難しい銀行口座開設やクレジットカードの取得もお手伝いします。日本人担当者が窓口となり、相談は電話、LINE、Eメールで随時受付中です。相談料は無料でビザ申請や免許証取得は秘密厳守で追加料金も一切ありません……

→ホームページ

→同社の紹介サイト

 

★ 国内でのビザ切り替え 2022/3/20

 会社を退職してそのままタイにいるため、ロングステイビザ(リタイアメントビザ)に切り替えるという人がいます。このケースではちゃんと就労ビザがキャンセルされれば、ロングステイビザの取得は問題ありません。弊社の手数料は7,000バーツ、当局手数料1,900バーツです。一方、ロングステイビザ(リタイヤメントビザ)の更新では、1年間取得の手続き費用が5,000バーツ、当局手数料1,900バーツとなります……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイでもコロナ後を見越して、動き出している方々を多く見られるようになりました。出店を増やす計画のあるレストラン様、新しい活動をし始める新来タイ者の方々。活気が出てきました。そこで、気になるのが、滞在ビザに関してですが、コロナの状況で、入国管理局(イミグレーション)の対応も刻々と変わっております。最近の出来事ではボランテイアビザを取得した方がその後ビザの延長を断られることが多発しました。インド人業者がボランテイアビザを売りまくり、TVで報道されたことがきっかけでした……

→ホームページ

→フェイスブック

→同社の紹介サイト

 

 タイでロングステイビザ(リタイヤメントビザ)の更新では、1年間更新の手続き費用が5,000バーツ、当局手数料1,900バーツとなります。用意するものは、パスポート、銀行通帳、賃貸契約書、家主のIDカードと住居登録証のコピー、家賃、水道、電気の支払い書などとなります。また、このコロナでいったん、切れてしまった人もまたいちから取得する人向けの初めの3ヵ月+更新の12ヵ月の合わせて15ヵ月の取得を支援しています……

→ホームページ

→フェイスブック

 

★ コロナ延長措置は終了 2022/3/5 

 コロナ禍では目まぐるしく変わる日タイ間の隔離期間などのため、タイのイミグレーション(入国管理局)では、コロナ禍での特別延長措置として60日を取っており、理由があれば、タイでの延長が最大で60日間できます。3月25日までの措置。手続きはチェンワッタナのイミグレーションで行う。ただ以前できたOビザ→Bビザなどの措置はできないのでいったん、国外に出て、ビザを取ってくる必要があります……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 コロナ禍では目まぐるしく変わる日タイ間の隔離期間などのため、タイのイミグレーション(入国管理局)では、コロナ禍での特別延長措置として60日を取っており、理由があれば、タイでの延長が最大で60日間できます。3月25日までの措置。手続きはチェンワッタナのイミグレーションで行う。ただ以前できたOビザ→Bビザなどの措置はできないのでいったん、国外に出て、ビザを取ってくる必要があります……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイでロングステイビザ(リタイヤメントビザ)の更新では、1年間取得の手続き費用が5,000バーツ、当局手数料1,900バーツとなります。用意するものは、パスポート、銀行通帳、賃貸契約書、家主のIDカードと住居登録証のコピー、家賃、水道、電気の支払い書などとなります。ビザでは更新したあとも80万バーツを3ヵ月、そのあとも最低40万バーツの預金をしていることが必要なので、そのあたりはご相談ください……

→ホームページ

→フェイスブック

 

★ 60日間のコロナ延長措置 2022/2/20 

 コロナ禍では目まぐるしく変わる日タイ間の隔離期間などのため、タイのイミグレーション(入国管理局)では、コロナ禍での特別延長措置として60日を取っており、理由があれば、タイでの延長が最大で60日間できます。3月25日までの措置。手続きはチェンワッタナのイミグレーションで行う。ただ以前できたOビザ→Bビザなどの措置はできないのでいったん、国外に出て、ビザを取ってくる必要があります……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 前回に続いて、タイでの長期滞在についてですが、タイ人との結婚ビザが最強!という話をしましたが、今回は外国人の中、高齢者に出されるビザについてです。いわゆる、ロングステイ、あるいはリタイアメントビザといわれており、50歳以上の外国人で80万バーツの預金をしている人に出されるビザですが、弊社の JJPアカウティング社でも、そのビザの1年更新のサービスを行っていますが、このコロナ禍ではもちろん、一気に利用者が減ったな……

 

 タイ滞在ビザに関することなら、実績15年の「アジアビザコンサルティング」へ気軽にご相談下さい。日本語で対応いたします。タイでのビザ、法律の総合デパートメントともいわれており、ビザに関してあらゆることに対応しています。例えば、個人事業のようなことをしており、労働許可証(ワークパーミット)がほしい、という人向けにバンコクフリーランス協会を運営しており……

→ホームページ

→フェイスブック

→同社の紹介サイト

 

★ 90日ごと代行 2022/2/5

 タイに滞在する場合、90日ごとにイミグレーション(入国管理局)に居場所の届け出を行う必要があります。90日ごとの出頭代行については、前回、届け出た用紙がある場合は弊社では700バーツで受けています。チェンワッタナ、チャムチュリースクエアともに代行できます。また、前回、申請した際にもらう用紙がない場合でも弊社では1,700バーツで受けているので、パスポートとともに住まいの住所を書いたものをお持ちください。また、90日をやり過ごしてしまって、何カ月もたっている場合は2,700バーツとなります……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 コロナの外国人滞在の特別期間は2022年1月25日で終了します。それまでは60日延長が可能です。そののちは、ノービザでの入国で30日滞在、チェンワッタナのイミグレーションでさらに30日延長できます。ラオスやミャンマーとの国境での陸路の行き来が不透明なので、日本との行き来でタイでの滞在ビザを取るのがよいですが、もちろん、一番よいのはまず、日本のタイ大使館でロングステイビザや就労ビザ、結婚ビザなど、初めの3ヵ月を取ってきて、タイで1年延長するのがよい……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイで日本人が個人の銀行口座をつくる場合、決まって労働許可証の提示を求められます。そのため、ノービザで30日のスタンプでタイに入った人は、銀行口座はつくれない。しかし、タイでロングステイ(リタイアメント)ビザを取るためには、タイで自分の銀行口座を開き、80万バーツの預金をしておく必要があります。そこで実際にエンポリアムにあるバンコク銀行のエンポリアム支店に行くと……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイでロングステイをしている日本人の高齢者も、物価が安く、気候も過ごしやすいタイは快適ですが、いざ、病気になると、医療費は日本よりも高くつきます。タイでは保険が使えないため、まともに払えば1週間の入院で20万バーツ、30万バーツかかることはあたりまえ。そうなると、日本で治療した方がよいということになります。この病気治療がロングステイをしている人の日本への帰国の判断になることも多いでしょう……

 

 タイで日本人向けに効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。まず、広告料が断然安い!タイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4,640バーツという値段です。広告料を切り詰められるのがわかると思います。この料金に含まれるものとして 1.広告掲載が基本として上げられます。広告内は毎回変更が可能で、デザイン等はもちろん、編集部が作成します……

 

 

 コロナの外国人滞在の特別期間は2022年1月25日で終了します。それまでは60日延長が可能です。そののちは、ノービザでの入国で30日滞在、チェンワッタナのイミグレーションでさらに30日延長できます。ラオスやミャンマーとの国境での陸路の行き来が不透明なので、日本との行き来でタイでの滞在ビザを取るのがよいですが、もちろん、一番よいのはまず、日本のタイ大使館でロングステイビザや就労ビザ、結婚ビザなど、初めの3ヵ月を取ってきて、タイで1年延長するのがよい……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 50歳以上で80万バーツ以上を預金していることが条件の、タイでのロングステイビザ(リタイヤメントビザ)は、このコロナでいったん、切らしてしまったビザを再び取りたいと、来タイする日本人も多いが、以前にすでに取った場合は、その時の80万バーツの入金証明があればOK。新たに日本から80万バーツを振り込む必要はない……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイランドパス登録の5万ドル保険に加入してタイ入国した後、すぐ、違法にも中途解約して返戻金を受け取る外国人が後を絶ちません。そのため、このたび、タイの保険庁は中途解約できない証券に切り替える方針を発表しました。日本国内で契約する海外旅行保険は、タイでは無認可の保険でありながら、タイ政府は日本国外務省の承認と英訳付きの原本を提出すれば、タイに入国してもOKとしています……

→ホームページ

→同社の紹介ページ

 

 コロナの外国人滞在の特別期間は終わり、現在はノービザでの入国で30日滞在、チェンワッタナのイミグレーションでさらに30日延長できる。ラオスやミャンマーとの国境での陸路の行き来が不透明なので、日本との行き来でタイでの滞在ビザを取るのがよいが、もちろん、一番よいのはまず、日本のタイ大使館でロングステイビザや就労ビザ、結婚ビザなど、初めの3ヵ月を取ってきて、タイで1年延長するのがよい……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 50歳以上で80万バーツ以上を預金していることが条件の、タイでのロングステイビザ(リタイヤメントビザ)は、このコロナでいったん、切らしてしまったビザを再び取りたいと、来タイする日本人も多いが、以前にすでに取った場合は、その時の80万バーツの入金証明があればOK。新たに日本から80万バーツを振り込む必要はない……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 コロナワクチン副作用の治療費は保険庁の指導もあり給付対象となりましたが、個人的な基礎疾患などの特定免責(例として動悸、めまい、偏頭痛、アレルギーなど)が課されている契約者は、それらの免責疾病が接種に起因して発症した場合でも保険は適用されません。「因果関係の証明」は簡単ではなく、その「証明」とは何を意味するのかの合意もないため因果推論になります。単なる症候(保険領域)だけではなく原因がワクチン接種(保健領域)で且つ不測の保険事故という適格性も査定基準のポイントであるため……

→ホームページ

→同社の紹介ページ

 

 会社を退職してそのままタイにいるため、ロングステイビザ(リタイアメントビザ)に切り替えるという人がいます。このケースではちゃんと就労ビザがキャンセルされれば、ロングステイビザの取得は問題ありません。弊社の手数料は7,000バーツ、当局手数料1,900バーツです。一方、ロングステイビザ(リタイヤメントビザ)の更新では、1年間取得の手続き費用が5,000バーツ、当局手数料1,900バーツとなります……

→ホームページ

→フェイスブック

 

11月1日より外国人の隔離なしでの入国が徐々に開始されており、イミグレーション(入国管理局)のコロナ猶予期間が今月26日までで廃止になる見通しです。これは自国に帰れない人などが、ビザが切れたのち、45日+15日で合わせて60日滞在ができるというもので、その間に次のビザを取得する人も結構おり、いろいろ外に出なくてもビザ処理ができる方法で……

 

 タイでロングステイビザ(リタイヤメントビザ)をもち、更新するケースでは、1年間更新の手続き費用が5,000バーツ、当局手数料1,900バーツ、リエントリーマルチ3,800バーツとなります。用意するものは、パスポート、銀行通帳、賃貸契約書、家主のIDカードと住居登録証のコピー、家賃、水道、電気の支払い書、銀行の1年のステートメントなどとなります。ビザでは更新したあとも80万バーツを3ヵ月、そのあとも最低40万バーツの預金をしていることが必要なので、そのあたりはご相談ください……

→ホームページ

→フェイスブック

 

★ 90日ごとの届け出代行 2021/10/5

 タイに滞在する場合、90日ごとにイミグレーション(入国管理局)に居場所の届け出を行う必要があります。9月4日からは毎週、土曜日も通常営業しており、平日と同様に開いているので、土曜日も利用できる。90日ごとの出頭、TM30の申請、コロナ期間の延長手続きの受け付けは、チェンワッタナの近くのムアントンタニーで行っているので気を付けたい……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイでの滞在ビザ延長や更新、90日ごとの出頭等の処理をしているのが、チェンワッタナのイミグレーション。9月4日からは毎週、土曜日も通常営業しており、平日と同様に開いているので、土曜日も利用できる。90日ごとの出頭、TM30の申請、コロナ期間の延長手続きの受け付けは、チェンワッタナの近くのムアントンタニーで行っているので気を付けたい。また、ビザの更新については、期限が切れる45日前から受け付けているので、気を付けたい……

 

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイでの滞在ビザ延長や更新、90日ごとの出頭等の処理をしているのが、チェンワッタナのイミグレーション。9月4日からは毎週、土曜日も通常営業しており、平日と同様に開いているので、土曜日も利用できる。90日ごとの出頭、TM30の申請、コロナ期間の延長手続きの受け付けは、チェンワッタナの近くのムアントンタニーで行っているので気を付けたい。また、ビザの更新については、期限が切れる15日前から受け付けているので、気を付けたい……

 

→ホームページ

→フェイスブック

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第130回のテーマは、「不法滞在(オーバーステイ)」についてです。現在の観光ビザは大使館からのレターがあれば、特別に延長ができる状態にあります。しかし、手続きをせずに滞在している場合は気を付けて下さい。オーバーステイ2日以上21日未満ですと、自主申告の場合、空港の別室で罰金(500バーツ/日)を支払う簡易措置になります。90日未満も簡易措置となりますが……

→同社の紹介サイト

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第128回のテーマは、「同ビザの国内切り替え延長」についてです。

BビザやOビザをタイ国内で切り替える場合には、

1.パスポートの残存期間6ヵ月以上

2.ビザの残存期間が3週間以上

必要となります……

→同社の紹介サイト

 

 タイでもコロナ禍の状況で1年半が過ぎようとしていますが、コロナ前にタイで会社設立などを計画していた人などが、ワクチン接種が進む中、来年には経済が上向くと見て、そろそろ動き出している人も見られます。そこで、気になるのが、滞在ビザに関してですが、コロナの状況で、入国管理局(イミグレーション)の対応も刻々と変わっているので、それに合わせて考えることも必要です……

→ホームページ

→フェイスブック

→同社の紹介サイト

 

 このコロナ禍で、外国人が簡単に入って来れない状況だが、コロナ後の外国人の受け入れ緩和策などについては、タイ政府が提案しているのが、外国人に10年の滞在ビザを与え、労働許可証なしでの就労を限定的に認め、その代わりにタイでの収入については17%一律で所得税を払ってもらうというものだ…… 

 

 

 このコロナの状況で、ビザなしでタイに滞在している外国人については、自国大使館(日本大使館)のレターをもらったのち、イミグレーション(入国管理局)に行き、まず、15日ほど滞在を延長してもらいます。そうして、もう一度、イミグレーションに行くと、もう45日延長され、都合60日いることができる、とイミグレーションが告示しています。初めの15日申請時に1900バーツ、2度目の45日の際は費用はかかりません…… 

 

 

 この度、パシフィッククロスではPCR検査陽性反応の場合、熱や肺炎などの症状が一切なくても入院保障が適用されることにしました。これまでは体温37・5度以上と肺炎の診断が入院保障適用の前提条件でしたが、既に強制入院隔離(含む:代替隔離ホスピタル)には対応(部屋代、食費)することに致しました。当措置は保健省法が解除されるまで一時的に続行しますが、今、消費者が懸念されるのはこのような保険対応の急速な寛容化と同時進行の業務の引き締め強化です……

→ホームページ

→同社の紹介ページ

 

 現在、ビザなしで日本人はタイへの入国が可能で、ワクチン2回接種で7日間の隔離、接種なしで10日間の隔離を行い、タイで滞在でき、ノービザの場合は45日間のスタンプ、その後、30日間の延長が可能。タイでビザを取得する場合は、残りのタイ滞在日数が15日以上ないと、ビザへの切り替えができない。また、コロナの検査などについては、社会保険に加入している人は基本的に無料、としているため、タイで働いている日本人も、社会保険に加入しているためそれが使える……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイ政府によると、コロナ禍のあとの経済活性化や観光促進、さらには外国人のロングステイ者の誘致のため、新たな政策を検討しており、特に外国人のロングステイ者の100万人誘致を目ざしており、「1人当り1ヵ月10万バーツを使うと、1年で120万バーツをタイで使ってくれる」として、その対象は1ヵ月10万バーツの支払いをしてくれる外国人のレベルを誘致する計画だ…… 

 

 

 タイへの入国では、ノービザでの入国は45日間で日本からの入国も可能。7~10日間の隔離があり、残りの日数でタイ国内でビザを取ることも可能。この場合、タイの残り日数が15日以上ないとビザが取れない。ノービザのケースでさらに30日の延長は可能。一方、いったんタイ国外に出て戻ってくるのが困難なので、就労のBビザから結婚のOビザ、リタイヤメントのOビザへの切り替え可能。また、OビザからBビザへの切り替えも可能……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 タイに滞在する場合、90日ごとにイミグレーション(入国管理局)に居場所の届け出を行う必要があります。90日ごとの出頭代行については、前回、届け出た用紙がある場合は弊社では500バーツで受けています。チェンワッタナ、チャムチュリースクエアともに代行できます。また、前回、申請した際にもらう用紙がない場合でも弊社では1500バーツで受けているので、パスポートとともに住まいの住所を書いたものをお持ちください……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 邦人向け医療保険で1900世帯の実績がある「パシフィッククロス医療保険会社」から共済保険のお知らせです。このたび、邦人医療共済保険の新規加入者は、過去の病歴や現在の健康状態を申告していただく必要がなくなり、申込書そのものが不要になりました。医療保険ではこれまでになかった特典です。最近よくある100万バーツを軽く超える治療費に対応するためには、『保険の見直し』や『切り替え』ではなく、現在お持ちの保険はそのまま大切に継続し、新たに上乗せ追加の新保険を手配し……

→ホームページ

→同社の紹介ページ

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第122回のテーマは、「ホテル・コンドのトラブル」についてです。ホテル、サービスアパートメントやコンドミニアムに長期間滞在した場合には、トラブルに注意してほしいです。ホテルやサービスアパートメントの場合は、部屋を変更することで対応可能でしょうが、コンドミニアムの場合には、そうも行きません。不動産会社を通して契約している場合には、不動産会社経由でクレームを言ってもらうことになります……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 最近よくある100万バーツを軽く超える治療費に対応するためには、『保険の見直し』や『切り替え』ではなく、現在お持ちの保険はそのまま大切に継続し、新たに上乗せ追加の新保険を手配し、特に新保険では現行の保険金額を免責金額と設定する組み合わせ方式が格安になり、単純に追加の保険を買った場合と比べて6割も軽減できます……

 

→ホームページ

→同社の紹介ページ

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第121回のテーマは、「90日レポート その2」についてです。90日レポートのアプリを前回紹介させて頂きましたが、ここ数週間サーバーに接続できない現象が出ております。アプリで申請しようと思ってた方は、イミグレまで行って申請するか、弊社のような代行業者に依頼することとなります……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第120回のテーマは、「90日レポート」についてです。90日レポートは、タイに滞在している外国人が提出しなければならない書類のうちの一つです。申請方法は以下になります。

90日レポート申請方法

1.直接窓口で申請

2.ウェブ申請

3.郵送申請

4.スマホのアプリでの申請……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 コロナ禍において、ビザが切れてしまった、転職に伴うビザの切替えが出来ない!など、困った状況に陥ったら「アイ・ジー・シー(IGC)」にお任せください。タイ国内でビザの切り替えや新規ビザの取得など、他社で断られたケースでもまずはご相談ください。新規のビザ取得でも状況次第では国外に出る必要がないので、コロナウィルスの陰性証明や2週間の隔離なども必要ありません。そのほか、ビザ更新やパスポート更新時のビザの移行、労働許可証の取得や更新もお任せください……

→ホームページ

→同社の紹介サイト

 

 タイに滞在する場合、90日ごとにイミグレーション(入国管理局)に居場所の届け出を行う必要があります。90日ごとの出頭代行については、前回、届け出た用紙がある場合は弊社では500バーツで受けています。チェンワッタナ、チャムチュリースクエアともに代行できます。また、前回、申請した際にもらう用紙がない場合でも弊社では1500バーツで受けているので、パスポートとともに住まいの住所を書いたものをお持ちください……

→ホームページ

→フェイスブック

 

 高価な人口呼吸器も新型コロナ肺炎患者の独占治療ではありません。100万バーツを軽く超える治療費に対応するためには、『保険の見直し』や『切り替え』ではなく、現在お持ちの保険はそのまま大切に継続し、新たに上乗せ追加の新保険を手配し、特に新保険では現行の保険金額を免責金額と設定する……

 

→ホームページ

→同社の紹介ページ

 

 タイでは昨年から続くコロナ禍で出入国が困難な状態のままですが、タイでビザに関することなら「アジアビザツアー」へご相談下さい。滞在ビザの取得や延長で他社に断られたケースなども対応してくれます。特に難しい案件を得意としており、他社で断られたケースも相談してみるといいでしょう。会社を設立するのが難しい個人営業の人向けには、バンコクフリーランス協会を運営しており、スポーツインストラクターなど、フリーランスで仕事をしている人向けのビザ取得をしています……

→ホームページ

→フェイスブック

→同社の紹介サイト

 

 不評のTM30を廃止へ! 2019/10/5

 

 タイの関係省庁によると、タイ政府はこの2~3ヵ月の間に、外国人が出入国の際に提出しているTMカード(TM6)と、外国人がタイに滞在する際に提出している所在地の情報トーモー30(TM30)について、廃止するとしており、それに代わるものとして、入国する外国人に対して、QRコードで管理をするとしており、近々、入国管理局が発表する……

 

 

 ビザ1年更新の条件が変わりました、直近80万、1年通して40万 2019/3/20 

 

 タイでのロングステイのビザの更新条件が変わっていますので気をつけてください。この3月から。80万バーツの預金については、1年更新前の3か月は80万バーツ以上を預金することは変わりありませんが、さらに更新したあとも最低、40万バーツ以上を維持しておくことが条件となっています。これは、更新したあと、80万バーツをそのまま出金するなどの人がいるため、それを防ぐ目的があるようです……

→ホームページ

  

 在住外国人は所在地を届け出る  2019/5/20

 

 イミグレーション(入国管理局)の、在タイ外国人の規制については、より強化されることとして、「日ごろの住まい」についての届け出が上げられます。タイのバンコクで業務を行う担当官によると、今後は3ヵ月以上の長期ビザを持っている人全員に、海外からタイに戻ってきた際に24時間以内にイミグレーションに知らせることが義務づけられ、それを怠ると800バーツの罰金となります……

→ホームページ

→facebook

  

 ビザ1年更新の条件が変わりました、直近80万、1年通して40万 2019/3/20 

 

 タイでのロングステイのビザの更新条件が変わっていますので気をつけてください。この3月から。80万バーツの預金については、1年更新前の3か月は80万バーツ以上を預金することは変わりありませんが、さらに更新したあとも最低、40万バーツ以上を維持しておくことが条件となっています。これは、更新したあと、80万バーツをそのまま出金するなどの人がいるため、それを防ぐ目的があるようです……

→ホームページ

  

 病院グループが高齢者施設、人口の20%に向けブームへ 2018/4/5

 

 2023年には高齢者が1360万人、全人口の20.6%となるタイで、病院グループなどによる、医療を伴う高齢者のためのコンドミニアムなどの構想があちこちで起きている。トンブリー・ヘルスケア・グループでは、ランシットに所有する140ライで高齢者のためのコンドミニアムを計画しており、「10年のちは4万人の受入れが可能」な施設になるという……

 

 

 本帰国のシーズン!単身者への切り替え進む、今年は特に多い印象 2018/3/5

 

 毎年2月から3月にかけての時期は、駐在員の本帰国が多い季節です。引越し業者や不動産関連は大忙しとなりますが、人が動くシーズンには、多方面に影響がみられます。商船三井引越しセンターでは、ソンクランまでほぼ毎日スケジュールが埋まっている状況で、今年は本帰国する人が、例年より多い印象だそうです……

 

 

2017年のバンコク

★ タイで暮らす日本人にとっては安定が一番 2017/1/5

 

 昨年は激変のタイでしたが、2017年の今年はどういう年になるのでしょうか。暫定政権では今年、民政復帰への総選挙を行うとしていますが、まだまだ流動的で先延ばしになる可能性もあります。タイに住む日本人にとっては安定が一番ですから、現在の政権である限り、混乱が再び起こらないだろうと考えます

2016-10-14と入国日が記されたTMカード

★ TMカードは大切!1年ビザ手数料は安い? 2016/11/5

 

 タイに入国する際に必要なアライバル、ディパーチャーカード。略してTMカードなどと呼ばれていますが、以前はこのカード、入国する際に係官がホッチキスでパスポートにとめていたと思います。それがいつごろからか、おそらくは去年あたりからですが、とめなくなり、スタンプを押したのち、パスポートにはさんで返却されます。そうなると、カバンの中に入れたこのTMカードがどこかへ行ってしまった、という事態も起こり得ます……

→ホームページ

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第14回のテーマは「タイでの離婚について その2」について 2016/11/5

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第14回のテーマは、「タイでの離婚について その2」です。 タイに居住している日本人とタイ人の夫婦が離婚する場合には、以下の手続きが必要になります。今回は日本国側に離婚届(報告的)として提出するときに必要な書類は以下になります。 

1.離婚届2通 

2.日本人の戸籍謄本(発行日から3ヵ月以内のもの)2通……

→ホームページ

 

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第13回のテーマは「タイでの離婚について その1」について 2016/10/20

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第13回のテーマは、「タイでの離婚について その1」です。タイに居住している日本人とタイ人の夫婦が離婚する場合には、以下の手続きが必要になります。今回は、日本国民法に基づく離婚手続き《日本の本籍地役場に提出》をご紹介します。大使館のウェブサイトによると必要書類は以下になります……  

→ホームページ

 

★ ビザ業務で11年目を迎える アジアビザコンサルティングの岩舘さん 2016/10/20

 

 アジアビザコンサルティングの代表岩舘卓也さんは、ビザ業務を始めて今年で11年目を迎える。プロンポン駅至近のターミナルビル2階に事務所を構え、現在10名のスタッフをかかえている。岩舘さんによると、ビザ業務が起動に乗り始めたのは、リピーターと新規客の数が安定した3年目からという。「まさに石の上にも3年という感じ。スタートから新規客に恵まれたのは幸運だった」と当時を振り返る……

→ホームページ

 

 

 

 

★ タイの高齢者施設の入居で応募して9年待った人も! 2016/5/5 

 

 高齢者施設としてタイ人にもよく知られている「バーン・バンケー」は、ペットカセム通りのザ・モールに行くまでにあり、設立されて63年になる。公的施設であり、身寄りのない人や家のない人など60歳以上の254人が現在、暮らしている。相部屋は1ヵ月1500バーツで、今では1477人の順番待ち。また、バンガローの部屋は入居に際して20万バーツかかり現在、355人の順番待ち…… 

 

 

 

★ オーバーステイの罰則が厳格化、強制送還、入国拒否 になるケースも 2016/4/5

 

 4月、5月は、タイ祝日、連休が多く、イミグレーション、運転免許証センター、ラオス・タイビザ申請ツアー、大使館の休みが多くなります。要カレンダー確認。特にラオスビザツアーは、お申込が早く、すぐに完売し、満席状態で発券不可の場合があります。また、3月からオーバーステイがさらに厳しく(罰金、身柄拘束、強制送還、入国拒否など)なりました。「今のタイは一昔前と違います」4月、5月にビザ、免許証を取得予定の方は、お早目の申し込みをお願い致します…… 

 

 

★ ロングステイビザ取得の「VISAサービス」 2015/12/20

 

 ロングステイビザ取得なら「VISAサービス」へお任せ下さい。ロングステイ1年ビザで80万バーツ不足の方、1万6500バーツで取得可能です。Oビザへの切り替えが初めての方は2万6000バーツで、15か月取得できます。またBビザからロングステイビザへ切り替える方、EDビザをお持ちの方で50歳になられる方はロングステイビザへの切り替えが簡単にできますので一度ご相談下さい……

 

★ ロングステイビザの取得が簡単 2015/11/20

 

 タイでロングステイビザ取得に関しては、50歳以上の人なら日本人でだれでも取得可能で、1年目は1年3カ月、2年目からは1年更新となります。 取得方法は、80万バーツを日本から送金するのが基本ですが、80万バーツを用意できない人でも取得できるので、タイ自由ランドの事業部までお問い合わせください……

→ホームページ

 

 

 

 

★ 5年後はイミグレーションまでBTSで! 2015/6/20 

 

 タイに住む外国人で長期に滞在する人は、1年に1回、イミグレーション(入国管理局)に行き、ビザの更新をしなくてはならない。そのため今回、滞在の期限が迫ってきたので、イミグレーションに出向くことにした。早朝、7時過ぎ、プロンポン駅からBTSに乗り、しかしこんな朝早くから結構、車内は混んでいて、身動きが取れない状態。サイアム駅である程度、人は降りていき、終点のモーチット駅まで行きました……

 

 

★ ロングステイのビザなどでイミグレーションに出向く 2015/6/20

 

 ロングステイのビザや働くためのBビザのために出向く場所についてはタクシーで行く場合は

กองบังคับการตรวจคนเข้าเมือง 1 สำนักงานศูนย์ราชการเฉลิมพระเกียรติฯ แจ้งวัฒนะ 

以上がタイ語で、チェーンワタナのソイ7と言えばわかると思います。あるいは略称である「トーモー ต ม.」の方が知っているタクシー運転手は多いかも。タクシーで約50分、240バーツ+高速料金60バーツ……

 

 

 

★ ソンクラーの漁村でゆっくりとロングステイ 2015/5/5 

 

 タイのソンクラーで1人ロングステイをする鈴木さん(仮名)。今回はわざわざ90日ごとの出頭をするのにバンコクまでやって来た。午後2時40分のハジャイ発の列車の切符を予約し、当日は時間通りにソンクラーからやって来たが、4時間遅れで6時半ごろ出発。タイの田園風景を見ながら夜通し過ごし、バンコクに着いたのは翌日の昼2時半ごろ。20時間も2等の座席に座るというタフネスだ。料金は475バーツ…… 

 

 

 

★ 円安、物価高でロングステイの日本人が本帰国を決断 2015/4/5

 

 「本帰国です」というのは、タイに都合15年ほど関わった佐藤さん(仮名)。2000年から仕事でタイと関わり、2007年には駐在として来て、昨年、65歳で退職して1年、ロングステイビザで過ごした。東京に住む奥さんとチェンマイで第2の人生を送るつもりだったが「実際に行って見てきたんですが、物価が上がっている。妻も描いているイメージと違うというし」……

 

★ タイ北部のナーン県にロングステイする平井さん67歳 2015/3/5 

 

 以前、ソンクラー県でロングステイする日本人の話を書いたが、タイ北部のナーン県にロングステイする平井さん、67歳を今回は紹介しましょう。 ナーン県というと、以前は存在感の薄い県でしたが最近は、日本人がリゾート開発をする、という話も聞き、過ごしやすい気候で、山や湖もあり、にわかに注目されている地域でもあります…… 

 

 

 

★ 店主物語り ⑥教員の道ではなく、タイに行くというのも・・・ 2014/12/20

 

 そのタイ人、スパチャイと出会ったのは、留学しているタイ人のグループが集まる場であった。東京学芸大に入って1年の秋ごろ、高校からの友人が誘ってくれたのだ。それから、明大に通うスパチャイと日本語を教えたり、あるいはタイ語を教えてもらったりと、付き合いが始まる。そしてタイへの興味も徐々にわいてきた……

 

  

 

★ タイのソンクラーでロングステイ  2014/9/5

 

 グーグル検索で「タイ、ソンクラー」で見てみると、1番にヒットするのがコボリさん。そのコボリさんにまた話を聞いたのでここで取り上げてみたい。タイの最南端、ソンクラーに住んで4年。小さな町で他に日本人は見かけないが最近、日本語の教師をする日本人とニアミスしたという……

 

★ ロングステイ者は突然の病気治療を考えておく 2014/9/5

 

 ロングステイする日本人が、病院に入って治療費の高額請求をされたと、友人2人がタイ自由ランド編集部にやって来た。訴える先は編集部ではないはずだが、話を聞いてみると、1ヵ月間で275万バーツにのぼるという。スゴイ額だ……

 

 

★ 医療費が払えない病院治療が帰国の判断 2014/4/20

 

 タイでロングステイをしている日本人の高齢者も、物価が安く、気候も過ごしやすいタイは快適ですが、いざ、病気になると、医療費は日本よりも高くつきます……

  

★ タイの社会保険に終身で入れる  2014/4/20

 

 タイでロングステイをする日本人高齢者も多い。物価が安く、少ない年金でも過ごしていける。気候も温暖で過ごしやすい。快適なロングステイを満喫できそうだが、いざ、病院にかかってしまうと、日本よりも高い医療費がかかることもあり要注意だ……

  

★ ソンクラーの町で「コボリ」生活 2013/12/5

 

 日本で退職して年金をもらう段階でタイに移り住む日本人も多く、それらの人を一般的に「タイでロングステイをする人」と呼んでいるが、タイで暮らすメリットとしては……

 

★ ロングステイする山田さんの新居は、バンスー駅につながる高架新線の駅近2013/10/20

 

★ タイのバンコク、エンポリアムでサイフ盗まれる 2013/10/20

 

タイ自由ランドのトップに戻る

  

 

求人、求職

「貸します」情報

コンドミニアム売買物件

教えます、売ります

県人会、同窓会

ロングステイの会

インパクト、BITEC

日本人会のサークル

ビザツアー

タイ自由ランドの過去の紙面から

会社設立、経理、ビザ

タイ関連リンク集

タイ人向け不動産サイト

 

料理店一覧

 

スクムビット・ソイ1~21までの日本料理店

スクムビット・ソイ21~53までの日本料理店

スクムビット・ソイ53~65までの日本料理店

スクムビット・ソイ65以降の日本料理店

スクムビット・ソイの偶数の日本料理店

シーロム、タニヤの日本料理店

シーロム界隈の日本料理店

サイアム、チットロム、プルンチットの日本料理店

バンコク周辺の日本料理店

シラチャ、パタヤの日本料理店

厳選!接待で使える店

厳選!お弁当のデリバリー
厳選!宴会、パーティーで使える店
厳選 ! 夫婦で行ける居酒屋特集
厳選!ラーメンにこだわる店
厳選!とんかつがおいしい店
厳選 ! 極上の焼肉がいただける店
厳選 ! 個室でゆっくりできる店
厳選 !手打ちそば、うどんの店

厳選 ! 寿司がおいしい店

厳選 ! 刺身が超新鮮な店

厳選 ! ハンバーグ、洋食がおいしい店

厳選 ! やきとりがお勧めの店
厳選 ! 鉄板焼きがメインの店
   

カレーライスがおいしい店一覧

デリバリー、宅配、弁当一覧

宴会、パーティーができる店一覧

ハンバーグがおいしい店一覧

串揚げ、串かつがおいしい店一覧

スクムビットでランチがある日本料理店一覧

夫婦で行ける居酒屋一覧

ラーメン、中華の店一覧

刺身、寿司がおいしい店一覧

接待ができる店全一覧

しゃぶしゃぶのある店一覧

夜も定食がゆっくり食べられる店一覧

天ぷらをおいしく揚げてくれる店一覧

鉄板焼きが自慢の店一覧

とんかつがおいしい店一覧

手打ちそば、うどんの店一覧

和牛ステーキ、和牛焼肉、黒毛和牛の店一覧

炭火で焼くやきとりの店一覧

日本スタイルの焼肉店一覧

 

スクムビット界隈のタイ料理店

シーロム界隈のタイ料理店

サイアム界隈のタイ料理店

接待ができるタイ料理店

チャオプラヤー川周辺のタイ料理店

バンコク近郊のタイ料理店

シラチャー、パタヤなどのタイ料理店

簡易のタイ料理店

海鮮、シーフ―ドの店

屋台

イサーン料理店

フードコート

食べ放題

 

スクムビットの中国料理店

それ以外の中国料理店

フランス料理店

フュージョン

グリル、ステーキ

ホテル内レストラン

インド料理店

スクムビットのイタリア料理店

それ以外のイタリア料理店

欧州、アジアのレストラン

カラオケ、スナック

喫茶店

韓国料理店

パブ、バー、ビアホール

 

レストランを地図から探す スクムビット・ソイ1~21界隈

レストランを地図から探す スクムビット・ソイ33界隈

レストランを地図から探す スクムビット、トンロー

レストランを地図から探す スクムビット、プラカノン

レストランを地図から探す シーロム

レストランを地図から探す サイアム

 

会社概要

 

事業内容

広告募集

インターンシップ

 

起業、会社設立

 

起業

起業の新着情報

起業の流れ

会社設立の流れ

会社設立登記

税務登記

毎月の会計申告

Bビザ取得

労働許可証取得

労働許可証更新、Bビザ更新

レストラン許可証取得

銀行口座開設

90日ごと出頭

構成スタッフ

料金一覧

ドキュメント!会社設立

トラブル処理

失敗から学ぶ

就業規則

よくある質問 会社設立

よくある質問 労働許可証

よくある質問 毎月の会計

ロングステイビザ

結婚ビザ

家族ビザ

会社閉鎖

 

 トップ選!シリーズ

 

「日本のテレビが見られる」トップ7選!

内装、リフォームの業者トップ5選!

 

タイ語学校で学ぶ!人気トップ9選!

学習塾、進学塾のお勧めトップ6選

男性向けヘアサロン、美容室の人気トップ6選!

賃貸物件の仲介業者トップ10選!

薬を使わない整体、鍼灸、漢方治療トップ5選

スーツの仕立て、テーラー、オーダーメイドのトップ3選

コンドミニアム売買の仲介業者トップ5選!

リサイクルショップ、高価買取の人気トップ8選

デリバリー、宅配のお弁当トップ6選!

素朴な中国、中華料理店トップ7選!

行っておきたい焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶのビュッフェ、食べ放題トップ7選!

1人ごはんも快適!夜の定食トップ9選!

手打ちそばの人気トップ8選!

 

 

各業務のカテゴリー 

 

タイ語学校、英語学校

英語学校

不動産物件、賃貸アパートの仲介

賃貸アパート物件情報

単身者向け賃貸
賃貸オフィス、工場仲介
店舗物件仲介
新規コンドミニアム


食材卸、店舗内装、工事   
業務用食材、お酒


起業、会社設立、税金、会計

 弁護士、裁判、法律

 

タイ語の通訳、翻訳

求人、求職 
ロングステイ
ビザ、滞在ビザ

 

 

クリーニング、清掃、洗浄、エアコン清掃 

ゴルフ、トラベル、旅行 

ゴルフ場予約 

シラチャの話題 

整形、美容クリニック 

ヘアサロン、美容室   

理容室 

スパ、エステ 

タイでマッサージ 

タイでロングステイ 

ロングステイ、ビザ、高齢者 

ビザ、滞在ビザ 

タイで人材、雇用

タイで宝石、ジュエリー

タイで釣り 

タイのニュース 

タイ国内交通網整備 

タイ産マンゴーを日本へ宅配 

宅配、デリバリー、配達 

万能薬のプロポリス 

製造、販売するアロエベラ

タイ語、英語、中国

タイ関連情報 

タイ雑貨、アジアン雑貨 

ダイエット、おけいこ 

習い事、おけいこ、スクール、教室  

ダイビング 

チラシ、名刺、デザイン 

ホームページ、ウェブサイト seo  
パソコン購入、修理、IT、ソフトウェア

バンコクの開発
ペット、子犬

 メガネ
リサイクルショップ

レンタカー

 仕立て、スーツ
 催し、イベント
芸能、コンサート

医療、健康、漢方

 病院、薬局、薬
 学習塾、進学塾、子どもの教育

 引越し
 携帯、スマホ、sim
 携帯、スマホの通話料金
 教えます、
日本人会サークル

 日本のテレビが見られる
 書籍、中古、古書
 歯科医院

メイド、家事手伝い
 浄水器、ウォッシュレット   
工場の自動化

 

タイ人向けコンドミニアム売買

 


イタリア料理、フランス料理、ドイツ料理、ギリシャ料理、スペン料理など
シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、レバノン、イランなどの料理店
日本料理店
焼肉店
韓国料理店
タイ料理店

中国料理店
フュージョン

ラーメン、中華
 居酒屋さん

宴会によい店

刺身、寿司

割烹、懐石

しゃぶしゃぶ、すき焼き

てんぷら

とんかつ

ランチならココ

串揚げ、串かつ

和牛ステーキ、和牛焼肉

手打ちそば、うどん

カレーライス

やきとり、焼鳥

宴会によい日本料理店
 喫茶、スイーツ、ケーキ
スナック、カラオケ、バー

パブ、バー  

欧州パブ