ロングステイ

  タイでロングステイをする日本人の高齢者も多い。1年のビザが取れるため、生活費の安いタイで長期滞在する人が多い。また、気候が温暖なため、さむい日本を避けて移住する人もいます。

→ ロングステイの情報

バンコクのリエイ・ナーシング・ホーム

 日本の介護大手リエイが、タイで初の日本型有料老人ホーム「リエイ・ナーシング・ホーム」 2017/7/5

 

 大手介護事業者であるリエイが昨年、バンコクに開設した有料老人ホーム「リエイ・ナーシング・ホーム」は、タイでは初となる日本の介護業者による本格的な施設です。オープンから1年半が経った同ホームを訪れ話を聞きました……

→ホームページ

 

チェンライでボランティア活動を行う藤原さん

 日本で定年後タイでボランティア、教員生活の知識生かし学校や孤児院で活動 2017/6/20

 

 以前、本紙で、定年退職後にチェンライで自費でボランティア活動を行う日本人女性、野村さんを紹介しましたが、今回紹介するのは藤原孝太郎さん(61歳)です。藤原さんは、日本では障害のある子どもたちが通う特別支援学校に勤務……

 

ソンクラ―で1人暮らし

 ソンクラーで 1人ぼっちの生活、ストレスがなく 港町で健康を維持 2017/5/5

 

 物価も上がるタイ。以前は人気があった高齢者のロングステイですが、最近は、軍事政権の影響もあり、タイをロングステイの場所に選ぶ日本人も増えているとはいえません。そんななか、ソンクラーで、6年ほど生活している佐藤さん。以前に本紙で取り上げましたが、その生活状況を聞いてみることにしましょう……

 

徳さんの日タイ辞書

 徳さんのライフワーク、日-タイ辞書9万語句まで来た! 2017/3/5

 

 「徳さんのタイ語辞書2017」。在タイ17年になる徳原さんがタイに来てからコツコツ、タイ語‐日本語の辞書をエクセルでつくり、今では何と9万語句を所蔵するまでになり、「あと2年かけて、11~12万語句にまでして完成させたい」と意気込んでいる…… 

 

2017年のバンコク

★ タイで暮らす日本人にとっては安定が一番 2017/1/5

 

 昨年は激変のタイでしたが、2017年の今年はどういう年になるのでしょうか。暫定政権では今年、民政復帰への総選挙を行うとしていますが、まだまだ流動的で先延ばしになる可能性もあります。タイに住む日本人にとっては安定が一番ですから、現在の政権である限り、混乱が再び起こらないだろうと考えます

高齢化社会のイメージイラスト

★ 13年後はタイ人高齢者が4人に1人 2017/1/5

 

 8年のちの2025年には60歳以上の高齢者が21.2%となり、そして13年後の2030年には25.2%と、4人に1人が60歳以上となるタイ。そのため、東南アジアにおける高齢者のメディカル・ハブを目ざし、医療関連でも様々なアプローチが始まっており、タイ政府の後押しも受けている……

スワンナプーム空港のリエントリー取得場所

★ 空港でリエントリー取得  2016/12/5

 

 タイで長期ビザを取った際は、タイ国外にそのビザをいかして出入りできるリエントリーパーミットも合わせて取るのがよいが、いつ国外に出るのかわからないのでその時に、という場合は、出国前にスワンナプーム空港でも取れる。場所は4階の出発フロアの、チケットを持った人だけが入れる入り口のすぐそば。一般の人も自由に入れる場所だから、リエントリーだけやってその日は出国しないというのもOK……

→ホームページ

★ 「びざばんこく.COM」がリニューアル 2016/11/5

 

 お知らせ【ニュース】 

 弊社ホームページ「びざばんこく.com」がリニューアル完了致しました。「お問い合わせ」や「ラオスビザ申請ツアー申込」など簡単に申し込みが可能。「業界初スマホからも可能」また、日本「海外」からは『LINE無料通話』LINE ID:visabangkok  が便利です。 ★老後タイに長く住みタ~イ。タイで働きタ~イ。タイ語を学びタ~イなど。これらは長期ビザ申請が必要です。ただし、タイのビザでもタイ国内では新規取得はできません…… 

→ホームページ

 

★ ロングステイビザのことなら「VISAサービス」へ 2016/11/5 

 

 ロングステイビザのことなら「VISAサービス」へお任せ下さい。弊社でビザを取得される方には、リエントリーシングル1000バーツ、マルチ4000バーツと格安で承ります。50歳以上の方で1年間滞在できるロングステイビザの取得で、80万バーツの預金がない人で、手数料18000バーツの超特価! 経験豊富な当社なら安心です……

 

★ ロングステイビザ取得なら「VISAサービス」へお任せ下さい 2016/9/5 

 

 ロングステイビザ取得なら「VISAサービス」へお任せ下さい。ロングステイ1年ビザで80万バーツ不足の方、1万8000バーツで取得可能です。Oビザへの切り替えが初めての方は2万8000バーツで、15ヵ月取得できます。またBビザからロングステイビザへ切り替える方、EDビザをお持ちの方で50歳になられる方はロングステイビザへの切り替えが簡単にできますので一度ご相談下さい…… 

 

★ ロングステイビザの取得なら「VISAサービス」へお任せ下さい 2016/7/5

 

 ロングステイビザ取得なら「VISAサービス」へお任せ下さい。ロングステイ1年ビザで80万バーツ不足の方、1万6500バーツで取得可能です。Oビザへの切り替えが初めての方は2万6千バーツで、15ヵ月取得できます。またBビザからロングステイビザへ切り替える方、EDビザをお持ちの方で50歳になられる方はロングステイビザへの切り替えが簡単にできますので一度ご相談下さい…… 

 

★ タイでロングステイする大角さん 2016/2/20

 

 以前に本紙で紹介したタイでロングステイの大角さん(77)。そのころはスパンブリー県で悠々自適の農業生活を送っていた。自分で採ったきゅうりやなす、マンゴー、パパイヤ、チョンプーなどを食べて過ごしていたが、パートナーのタイ人と分かれることになり、今はBTSバンナー駅近くのコンドミニアムで1人で暮らしている。朝6時ごろ起き、2日に1回は、歩いてチャオプラヤー川まで行き、川を渡って、プラプラデーンで散歩を楽しんでいる……

 

★ ロングステイビザの取得が簡単 2015/11/20

 

 タイでロングステイビザ取得に関しては、50歳以上の人なら日本人でだれでも取得可能で、1年目は1年3カ月、2年目からは1年更新となります。 取得方法は、80万バーツを日本から送金するのが基本ですが、80万バーツを用意できない人でも取得できるので、タイ自由ランドの事業部までお問い合わせください…… 

→ホームページ

 

★ バンコクの高齢者で100歳以上は4,352人 2015/10/5

 

  バンコク都によると、タイ人の高齢者は年々増加しており、15年先には高齢化社会に突入するとしている。全国では60歳以上が993万人おり、バンコク都内では973000人にのぼる。医療の発達等により、高齢者が増え、バンコク都内で100歳以上の人口は4352人にのぼる。地区別では①ドゥシット地区465人②バンコクノーイ地区413人③ワッタナー地区327人④チャトチャク地区317人⑤ラチャテーウィー地区309人などとなっている……

 

★ 中進国で初の高齢化社会 2015/7/5 

 

 10年後には高齢化社会に突入するタイだが、タイ国開発協会などでは、東南アジアでは初めて高齢化を迎える国としている。また、同じく高齢化社会をすでに迎えている日本や韓国の「ルアイ・コーン・ケー、年寄りになる前にお金持ち」ではなく、「ケー・コーン・ルアイ、金持ちになる前に年寄り」となる、東南アジアでは初めての国であるとしており、今後、経済や社会システムの改良が必要だとしている…… 

 

★ ロングステイ向けビザ取得支援 2015/6/20

 

 ロングステイのOビザの対象は50歳以上で、取得の方法は何通りかありますが、弊社では17年の実績と経験を生かして、適正な価格で迅速に、そして確実にOビザが取れるよう代行しております。 銀行口座に80万バーツがない人も受け付けており、タイでの銀行口座がある、ビザなし30日の入国のケースでは初めてとる場合は、手続きすべて込み27000バーツ、出入り自由なリエントリーマルチも取得する場合+実費3800バーツとなります……

 

★ ロングステイのビザなどでイミグレーションに出向く 2015/6/20

 

 ロングステイのビザや働くためのBビザのために出向く場所についてはタクシーで行く場合は

กองบังคับการตรวจคนเข้าเมือง 1 สำนักงานศูนย์ราชการเฉลิมพระเกียรติฯ แจ้งวัฒนะ 

以上がタイ語で、チェーンワタナのソイ7と言えばわかると思います。あるいは略称である「トーモー ต ม.」の方が知っているタクシー運転手は多いかも。タクシーで約50分、240バーツ+高速料金60バーツ……

 

★ ソンクラーの漁村でゆっくりとロングステイ 2015/5/5 

 

 タイのソンクラーで1人ロングステイをする鈴木さん(仮名)。今回はわざわざ90日ごとの出頭をするのにバンコクまでやって来た。午後2時40分のハジャイ発の列車の切符を予約し、当日は時間通りにソンクラーからやって来たが、4時間遅れで6時半ごろ出発。タイの田園風景を見ながら夜通し過ごし、バンコクに着いたのは翌日の昼2時半ごろ。20時間も2等の座席に座るというタフネスだ。料金は475バーツ…… 

 

 

★ 円安、物価高でロングステイの日本人が本帰国を決断 2015/4/5

 

 「本帰国です」というのは、タイに都合15年ほど関わった佐藤さん(仮名)。2000年から仕事でタイと関わり、2007年には駐在として来て、昨年、65歳で退職して1年、ロングステイビザで過ごした。東京に住む奥さんとチェンマイで第2の人生を送るつもりだったが「実際に行って見てきたんですが、物価が上がっている。妻も描いているイメージと違うというし」……

 

★ 介護が必要な老人ホームに日本人高齢者も入居中 2015/3/5

 

 老後をタイで過ごすのは元気なうちは良いですが、健康上の理由で、日本へ帰国する人もいます。しかし日本に帰る場所がなく、タイに骨を埋める覚悟を決めている日本人高齢者も多く、将来自分が介護が必要になった時のことを考えると不安という声が多く聞かれます。 また高齢の親をタイに呼び寄せた後に、プロの介護が必要になるケースもあり、在タイ日本人の介護への関心は高まっています…… 

 

★ タイ北部のナーン県にロングステイする平井さん67歳 2015/3/5

 

 以前、ソンクラー県でロングステイする日本人の話を書いたが、タイ北部のナーン県にロングステイする平井さん、67歳を今回は紹介しましょう。 ナーン県というと、以前は存在感の薄い県でしたが最近は、日本人がリゾート開発をする、という話も聞き、過ごしやすい気候で、山や湖もあり、にわかに注目されている地域でもあります…… 

 

★ ロングステイヤー同士の交流でアクティブに! 2015/1/20

 

 退職後に海外でのロングステイをする人の人気調査では、必ず上位に入るタイ。バンコクには、ロングステイヤー同士の親睦を目的として設立されたグループが複数あり、毎月の例会や、ゴルフ、旅行などのアクティビティを楽しんでいます……

 

★ オフショアでの資産運用を行うということ  2014/12/20

 

 アベノミクスで日本の経済を成長させようと試みていますが、少子高齢化による『年金制度』の先行きは正直明るくはありません。これから先の将来を考えた場合に老後に不安に感じてしまう人は、今では8割以上を占めています。そんな現実と向き合いながら私たちはどう行動したら良いのでしょうか……

 

★ 店主物語り ⑥教員の道ではなく、タイに行くというのも・・・ 2014/12/20

 

 そのタイ人、スパチャイと出会ったのは、留学しているタイ人のグループが集まる場であった。東京学芸大に入って1年の秋ごろ、高校からの友人が誘ってくれたのだ。それから、明大に通うスパチャイと日本語を教えたり、あるいはタイ語を教えてもらったりと、付き合いが始まる。そしてタイへの興味も徐々にわいてきた……

 

★ ロングステイヤーに人気の賃貸アパート「ラチャプラロップ・マンション」 2014/12/5

 

 日本人が多数住んでいる23階建てのラチャプラロップタワーマンションは 、以下のご要望を持っている人におすすめです……

→ホームページ

 

★ タイのソンクラーでロングステイ  2014/9/5

 

 グーグル検索で「タイ、ソンクラー」で見てみると、1番にヒットするのがコボリさん。そのコボリさんにまた話を聞いたのでここで取り上げてみたい。タイの最南端、ソンクラーに住んで4年。小さな町で他に日本人は見かけないが最近、日本語の教師をする日本人とニアミスしたという……

 

★ ロングステイ者は突然の病気治療を考えておく 2014/9/5

 

 ロングステイする日本人が、病院に入って治療費の高額請求をされたと、友人2人がタイ自由ランド編集部にやって来た。訴える先は編集部ではないはずだが、話を聞いてみると、1ヵ月間で275万バーツにのぼるという。スゴイ額だ……

 

★ 医療費が払えない病院治療が帰国の判断 2014/4/20

 

 タイでロングステイをしている日本人の高齢者も、物価が安く、気候も過ごしやすいタイは快適ですが、いざ、病気になると、医療費は日本よりも高くつきます……

  

★ タイの社会保険に終身で入れる  2014/4/20

 

 タイでロングステイをする日本人高齢者も多い。物価が安く、少ない年金でも過ごしていける。気候も温暖で過ごしやすい。快適なロングステイを満喫できそうだが、いざ、病院にかかってしまうと、日本よりも高い医療費がかかることもあり要注意だ…… 

 

★ ソンクラーの町で「コボリ」生活 2013/12/5

 

 日本で退職して年金をもらう段階でタイに移り住む日本人も多く、それらの人を一般的に「タイでロングステイをする人」と呼んでいるが、タイで暮らすメリットとしては……

 

★ ラチャプラロップマンションは相変わらず日本人多い 2013/11/5

 

 ラチャプラロップマンションといえば、以前は日本人の若い人のたまり場的なところで、得体のしれない人や無職の人、現地採用で働いている人などが入り乱れるマンションだった……

→ホームページ

 

★ トンローにゲストハウス 1泊450バーツは破格  2013/11/5

 

★ ロングステイする山田さんの新居は、バンスー駅につながる高架新線の駅近2013/10/20

 

★ タイのバンコク、エンポリアムでサイフ盗まれる 2013/10/20