免税の業種なら売上税なし!

 タイ自由ランド事業部では、個人の日本人で「タイで起業したい」という人が多くやって来ますが、起業して事業を運営していくなかで、毎月の経費として大きくかかってくるのが売上税です。日本でいう消費税で、売上げに対して税金を7%払わなくてはなりません。 

 

 例えば、1カ月100万バーツ売り上げた場合は、その月の売上税は7万バーツになります。100万バーツほど売り上げていれば、7万バーツを払っても利益はでるのでしょうが、30~40万バーツの売り上げの人はそれでも2万~3万バーツの売上税を毎月、払わなくてはなりません。 

 

 個人でやっている人はこれが結構、負担になる。そこで1カ月の売り上げを20万バーツほどで過少申告して、「売り上げが少ない」などと税務署からクレームが来たりします。 

 

 皆が皆、この売上税を払っているのかというと、売上税を免除される業種があって、その業種の人は売上税を払わなくてよい。 

 

 例えば、生鮮食品の販売業務、本の販売、歯医者さん、宝石販売、語学学校などは、毎月の売上税を払わなくてもよい。 

 

 ただ、注意することは、会社登記をして続いて税務登記をしてしまうと、売上税の申告が発生してしまうので、免除の業種だとわかった上で、税務登記をしないことが必要です。 

 

 ただ、これも注意しなくてはならないことですが、こういった職種は許可を取る必要のあるものが多く、例えば、語学学校は教育省の認可が必要、宝石販売にしても、ちゃんと宝石協会に加盟していることが免税の条件となります。 

 

 日本から生鮮食品を持ってきてタイで販売している場合、生鮮だから申告しなくてよいわけですが、その生鮮食品がちゃんと税関を通して入って来たものでなければ、税務署は認めません。 

 

 などなど、細かい部分もよく見て、免税については考慮しなくてはなりません。なお、会社登記、毎月の会計等については、右下の広告内の電話までお問い合わせください。

 


 

2013年7月5日 タイ自由ランド掲載

 

 

 

タイ自由ランド トップに戻る

 

 

タイのバンコクで、求人、求職情報

 

タイのバンコクでロングステイの滞在

 

タイで起業、会社設立

 

タイのバンコクで労働許可証取得

 

タイのバンコクで、店舗、レストラン空き物件探し

 

賃貸、売買、マンション、アパート、コンドミニアム、店舗物件

 

新規のコンドミニアム販売  こちらも見てください

 

家主が直接 貸します、売ります

 

タイで不動産仲介、日本人向け業者

 

タイで毎月の会計、経理の代行

 

タイ語、英語を習う、タイ語学校、英会話スクール

 

フリーペーパー「タイ自由ランド」の過去の紙面から

 

タイ・バンコクの日本料理店

 

タイのバンコクで接待に使える日本料理店

 

スクムビット界隈のデリバリー、弁当

 

タイ・バンコクのタイ料理店

 

シラチャの話題

 

パタヤの話題

 

ミャンマー関連

 

タイで食材卸し、店舗内装

 

学習塾、進学塾、子どもの教育、進学、帰国子女    

 

医療、健康、病院、歯科

 

スパ、エステ、美容、整形

 

ゴルフ、レンタカー、トラベル

 

タイで日本のテレビを見る

 

雑貨、書籍、中古品

 

習い事、おけいこ

 

チラシ、名刺、デザイン

 

芸能、コンサート、催し

 

ダイビング