口座がないと送金できない 送金しようにも口座がつくれない

  最近は、タイでロングステイビザを取りたいという問い合わせが多くタイ自由ランド事業部に電話がよせられます。


 そこで説明するのは、80万バーツ相当を日本から送金して自分の口座に入れるということ。要するに80万バーツ相当のお金をタイで使ってもらうことが、タイ政府が滞在ビザを出す引き換え事項となります。


 ところで、タイに自分の口座がなければ送金できないのですが、タイに何度か来た人でもタイに銀行口座を持っている人はあまりいないでしょう。そして銀行に行って口座を開きたいというと決まって「労働許可証」の提示を求められます。あるいはロングステイビザや結婚ビザのあるパスポートを見せればつくれるところもあるでしょう。


 ロングステイビザを取るために口座をつくりたいのに、銀行ではそのロングステイビザがないと、口座がつくれないということになります。


 タイ政府は外国人のロングステイを推奨しておきながら、入金するための銀行口座がつくれない、というのもおかしな話です。もう少し、目くばりの効いたサービスをしてほしいと思うわけですが、おそらく外国人が口座をつくることに関しては、タイ中央銀行の管轄という問題があるのでしょう。同銀行では各銀行に通達を出しており、労働許可証や在住ビザがある人のみの口座開設を指示しているようです。このため、ノービザやツーリストビザの人は口座がつくれない。


 たまに「あの銀行ではつくれた」とか「タイ人といっしょに行ったら口座がつくれた」とか、「日本の免許証を提示したらつくれる」など、いろいろなケースがあるようですが、基本的にはタイ中央銀行の方針に沿った対応があり、あとはそれぞれの銀行で担当官の裁量でつくれたりつくれなかったり、ということになり、あまり頻発につくると、それが中央銀行にわかり、おしかりを受ける、という感じです。


 最近では、スクムビット・ソイ33の角にあるカシコン銀行で日本語の窓口を置いており、そこでは「口座がつくれた」という話をよく聞きます。その場合でもおそらく理由がないとだめでしょうから「ロングステイのために日本から送金しなければならない」という理由を話し、あとは、タイで滞在している証拠として「賃貸契約書」を見せる必要もあるようです。


 とりあえず、口座開設で困っている人はソイ33のカシコンへ行ってみるのがよいでしょう。なお、ロングステイビザの取得等についてはタイ自由ランド事業部まで、