悠々、自然の中で滞在

ロングステイ用のコテージ
ロングステイ用のコテージ
浜辺の朝焼け
浜辺の朝焼け
川釣りもできる
川釣りもできる

前回、日本人のロングステイを誘致する田中さんのことを書きましたが、ナコンシータマラートのシチョンという町は小さな町で、車かバイクで移動す るのが一般的です。バンガロー…というか、コテージがある場所は、町から5分ほど車で行ったところ。山のわきに建っており、耳を澄ませると、道路脇にある 川の流れも聞こえる。そして重要なことは、そこから7分ほど歩けば、静かなプライベートのようなビーチにたどり着くことです。


 だから、朝起きて、浜辺を散歩し、そのあとゆっくりコーヒーを飲んで、コテージで木々のざわめきを聞き、町に買い出しに行って安くで魚介を買い、そして夕方にバーベキューでもやる、というのがシチョンでの過ごし方。


  オプションとしては、魚釣りが一番のお勧め、とは田中さん。しかし、10月なかばから12月いっぱいは雨期に入るため、1月明けからが本番。「サムイ島の 手前にテン島というのがあるのですが、そこはまだ未知の島で知られていない」と田中さんはいい、そのあたりまでも船を出すことはできるようです。


  まずは短期での滞在がいいでしょう。「シチョン」というのはどういうところかを見てみるのがよい。行き方としては2~3ヵ月のちのエアチケットならエア・ アジア www.airasia.comでバンコク‐ナコンシータマラートで買えば片道850バーツほどで買えます! これなら安い! 田中さんの携帯に 予約をしておけば空港までの送迎もしてくれます。1泊はコテージで500バーツ~。