新規に販売されるコンドミニアムを買う

  BTSや地下鉄の駅周辺などで次々に新規コンドミニアムが建設されており、一軒家は高嶺の花になったタイ人中間層が購入の中心です。日本人向けにはスクムビットを中心とした地域で、価格は400万バーツ以上。 ここでは特に日本人が興味を持つ場所、物件などを取り上げます。また、リゾート地パタヤでも外国人向けに多くの物件が売り出されています。

 

日本人の多く住むスクムビット界隈にも密集しているコンドミニアム
日本人の多く住むスクムビット界隈にも密集しているコンドミニアム
豪華な超高級コンドミニアムも登場している
豪華な超高級コンドミニアムも登場している
モダンな内装
モダンな内装

 コンドミニアムの賃貸が活発に! 2019/8/5

 

 タイのバンコクでは徐々に賃貸市場が活発になってきている。ディベロッパー大手のプルックサーリアルエステート社によると、先進国では普通にあるように、タイでもコンドミニアムの賃貸が活発に行われるようになってきたという。これは、都心の土地代が上がり、コンドミニアムの物件の価格も上がっていることや、中間、下層の人は物件を買えない、また、仕事を変えるタイ人も多く、賃貸の方が都合がよいことなど……

 

 ラムカムヘンで199万から、阪急阪神と組むセーナー開発 2019/8/5

 

 都心では高騰している新規コンドミニアムの値段だが、そのため、ディベロッパーは郊外での開発に力を入れており、特に路線の駅が新設される場所周辺での建設が進んでいる。阪急阪神ディベロッパー社と組むセーナー・ディベロップメント社はこのたび、ラムカムヘンのソイ36と36/1の間の14ライで、37階、33階、そして7階建て3棟の大規模なプロジェクト……

 

 資産価値高い売買物件、BTSプナウィティ駅前の「ウィズドム・インスパイア101」  2019/7/20

 

 BTSプナウィティ駅から歩いて行ける「ウィズドム・インスパイア101(Whizdom Inspire 101)」はタイ最大のCPグループの開発で安心です。投資物件としても自身で住むのにも最適です。現在、販売しているのは高層46階のコンドミニアムで、敷地内にはショッピングモール、オフィスなどもでき、賃貸価値の高い物件となっています……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、洗い場付きバスルーム「タイディ トンロー」 2019/7/20

 

  エリアとしては単身者対象として最高の立地で、トンロー・ソイ17はトンロー通り入り口に「ザ コモンズ」入った先の最初の十字路角に、「日本村」と双方に人気のモールが建って、食事に関して言えば選択肢も多く、近場でも済ます事が出来るのは、利点じゃないでしょうか。しかもトンロー・ソイ13は、交通量も時間帯によって混み合いますが、物件前はトンロー・ソイ13にも向かえうことができて……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、向かいに格安のスーパー「ザ クレスト スクムムビット 34」 2019/7/20

 

  トンロー駅5分圏内で、一番新しい物件で、ソイ34の角地に建っているので、東側以外は視界も開け、隣接した場所に新たな建設はかなり難しく、しばらくは住みやすい状況と言えるでしょう。渋滞を避けるルートが真横にあって、ラマ4方面もしくは、アソーク、クイーンシリキット方面に抜ける事も可能なのが利点じゃないでしょうか。あまり知られていませんが、対面にタイローカルスーパーがあって……

→ホームページ

→facebook

 

 頭金を安く設定し、購入増  2019/7/20

 

 タイ中央銀行によると、タイでの住宅に関するローンで、3戸目のローンを組む場合は、頭金を30%以上支払う必要がある、とする内容を2019年4月1日より施行するとしている。また、2戸目の購入でも20%以上の頭金を払う必要がある……

 

 

 新規コンドミニアムが6月急増  2019/7/20

 

 タイのバンコクでは路線整備とともに駅周辺での高層コンドミニアムの建設が活発だが、タイの不動産コンサルティング会社によると、今年1~6月までのバンコクでの新規コンドミニアムの販売は45件で、18075ユニットにのぼり、昨年の同期より19.9%減だった。

これは、各ディベロッパーが昨年、新規に販売した物件のストックを売る方に力を入れていたことや……

 

 

 ヨシダ不動産の「アパートマネージャーに訊く」第37回は「セティワン・シラチャ」  2019/7/20

 

 弊社お客様のお部屋を訪問しインタビューする「お宅拝見」と並行し、アパートレジデンスのスタッフにその物件のおすすめポイントを語っていただく「アパートマネージャーに訊く」のコーナー、第37回はセティワン・シラチャを紹介します。シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ130kmの距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、想定を上回る人気物件「アイデオ スクムビット 93」

 2019/7/5

 

  手前味噌ではございますが、こちらの物件紹介が絶えません。想定外と言わざるを得ないくらいに、ここまで支持されるとは、思わなかったのが事実です。バーンジャック駅に近いのは、有利な点ですが、駅周りにパッとしたお店もなく、ほぼ、ローカルの店ばかりになります。有効なのは同じ敷地に、セブンイレブンとスタバが出来、ここだけが輝いているのです……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、子どもの遊び場も広い!「S&S スクムビット」 2019/7/5

 

  大半の方は馴染みのない所で、ソイ101/1などあまり行った事がないと思いますが、オンヌットから東の開発が急ピッチで行われています。要所に大型モールも完成し、今後もウドムスックに巨大モールの建設が着実に進みつつあるのです。ご紹介の物件は2010年築で、早くから将来を見越し、今となって広さと価格面で投資として程よい物件となっているのです。プンナウィティ駅から12分ほどで歩ける範囲……

→ホームページ

→facebook

 

 路線整備で郊外のランシットが脚光  2019/7/5

 

 2011年の大洪水による被害がまだ記憶に残るなか、アユタヤやナワナコン周辺の工場も、タイ東部に移ったところもあり、今やタイ東部のチョンブリー、チャチェンサオ、ラヨーンはEEC地区として、新しく開発が進んでいます。そんななかでも、ナワナコンに近いランシットは、タイ北部やイサーン地方への玄関口として再び注目を集めており、何といってもバンスー‐ランシットのレッドラインの高架鉄道が整備されることになり……

 

 

 インスパイヤ社がエカマイ交差点開発へ  2019/7/5

 

 スクムビット通り沿いでは、トンローからエカマイにかけて再開発が進んでいるが、エカマイの交差点では、バーンライカフェーのあったところはオールインスパイヤ・ディベロップメントが長期借りでプロジェクトを進めており、商業施設などを建設する見込みだ。同社は日本のフージャースホールディングスと組み、タイでのコンドミニアム事業を加速しており、今年初めにはエカマイのビッグCの近くに高層コンドミニアム……

 

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、エカマイの穴場の売買物件「ツリーコンド エカマイ」

 2019/6/20

 

  近年、エカマイとトンローの偶数側は、建築ラッシュに沸いています。ソイ40と42の間に、3本の横道があるのですが、その3本とも、どこも建築されているのですが、こちらの物件は2014年に完成し、既に落ち着いた感はありますが、エカマイ駅前のゲートウェイが近い事もあって、ここを目がけてご指名される方もございます。一方通行のメイン通りでなく、騒音や粉じんの影響が無いのも、人気の理由の一つでしょうか。もともと一軒家の多いエリアでもありまして……

→ホームページ

→facebook

 

 ラムカムヘンの新駅近く新規コンドが129万バーツ~  2019/6/20

 

 路線が新設される駅の近くで129万バーツの新規コンドミニアムの物件!野村不動産と組む大手オリジン・プロパティー社によると、今年後半は6つの地域で6つのコンドミニアムを開発し、合わせて70億バーツを投じるとしており、どれも、タイ人の中間層が買いやすい1㎡当たり7~10万バーツほどになり、給料が2万~4万バーツほどのビジネスマンやOLらを念頭に置いている……

 

 

 エカマイ周辺の新規は18万/㎡  2019/6/20

 

 BTSエカマイ駅周辺の新規コンドミニアムの開発も活況で、昨年1年では2753ユニットを販売、今年3ヵ月の間だけでも1170ユニットを販売。は平均、1㎡当たり21万バーツほどで、高い物件では1㎡当たり23万バーツになる。また、駅から800m 以上離れたところでも、1㎡当たり18万バーツ以上となっており、トンローに間近のエカマイ周辺でも、徐々に新規の物件の価格が上がっており、この傾向は今後も続くとみられる……

 

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、3タイプのプールを完備「ザ クローバー トンロー」 2019/6/20

 

  ほどよく息の長い支持を得ている、こちらの物件、隠れザ・クローバー信者も多く、この立地に慣れ親しんでしまえば、もう離れる事は出来なくなるそうで、賃貸者には好評です。トンロー駅からは離れていますが、ご存じの方も多いでしょうが、トンロー駅周りは、お店として魅力ある場所が無く、商業施設が無いのが他の駅に遅れをとっている理由と言えます。ホテルではホテル日航等が出来て、短期滞在者の定宿となるのは想像出来るのですが……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、BTS沿線のローカルエリア「ターメス レジデンス」

 2019/6/5

 

  今現在も地下鉄沿線と、BTS沿線でどんどん伸ばしていますが、日本人主体で将来性を考えるならば、やはり、BTS沿線の東側が特に、将来性があるのは間違いありません。外国人居住率はまだまだ低いですが、工業団地に向かう方々を、対象とし将来を見据え、手頃な内にお持ちになっておくのも、よろしいかと思われます。この度ご紹介する、THAMES RESIDENCEは、BTSベーリング駅から徒歩10分程度、インターナショナルスクールやディスカウントストア、ゴルフ練習場等も有って……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、100万バーツからの物件「プラム コンド パーク ランシット」

 2019/6/5

 

  今回はなかなか勝負に出ましたよ。ランシットエリアで、アユタヤ方面に向かう事がある方で、少しは名前を聞いた事があるかもしれませんが、いくつかのゴルフコースや、大学が点在しているのは有名です。BTSや地下鉄といった、類はないので車やバイクが、必要になるのは間違いありません。とはいってもセントラル等のデパートも、比較的近距離にあって、住んでしまえば、都と化すのでしょう……

→ホームページ

→facebook

 

 新規コンドミニアムMARQUEは4,450万から  2019/6/5

 

 景気低迷を受けて、新規コンドミニアムの市場も停滞気味だが、スクムビット界隈の高級コンドミニアムの需要は相変わらず高く、ディベロッパーは同地での新規物件を開発している。大手の メジャー・ディベロップメント社によると、同社が開発して完成しているMARQUE SUKHUMVITも、当初は1㎡当たり23万バーツで売り出したものだが、今では1㎡当たり333500バーツとなり、1部屋は4450万バーツからの物件となっている……

 

 

 建設始まった高級物件!BTSトンロー駅すぐ価格1,000万バーツから  2019/6/5

 

 景気低迷や政治混迷で、各社とも新規のコンドミニアム計画を控える中、スクムビット通りのBTSトンロー駅近くで建設が始まっているのがハイド・ヘリテージ・トンロー(HYDE HERITAGE Thonglor)。45階建てで311ユニット、1部屋40㎡~357㎡で、価格は1090万バーツからという高級コンドミニアムだ。1㎡当たりの価格では247500~279600バーツとなり、現在、販売を開始している……

 

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、大手サンシリと東急が建設「XT エカマイ」 2019/5/20

 

  また新たに日本企業との共同プロジェクトが始まりました。東急とサンシリは強力なタッグでもあり、今までのサンシリとは、かなり違いがあるのは、東急の助言が生かされているからなのでしょう。イメージ画像ではありますが、ルーフトップの共有エリアはすごい物があります。プールの上に設けられた最上階は、全面ガラス張りの360度パノラマ、そこにフィットネスジムがエリアの半面をシェア、ラウンジも広く、ゲームルームにパーティーやミーティングが出来る様になっています……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、日系企業が建設で安心、エカマイの「ザ ファイン バンコク」 2019/5/20

 

  日々、コンドミニアム建設に日系企業が介入して建築されていますが、またエカマイにサンキョーホームとケイハンリアルエステート共同で建築されています。目の付けどころは日本的で、最近オープンしたドンキモールが、直ぐ先に見えてしまう様な立地でもあり、日本食材の入手はお手軽になります……

 

→ホームページ

→facebook

 

 スパライが200億バーツを投資、豪華コンドーは25-26日予約開始  2019/5/20

 

 政治の行方が不透明の中、不動産ディベロッパーらも新規計画を自粛している中、大手スパライ社によると、サトーン通りの旧オーストラリア大使館の土地7ライでの開発「スパライ・アイコンサトン」を発表し、そのプロジェクトは、同社30年での中で、一番の投資額となり、200億バーツを投入して新しいランドマークを造ると意気込んでいる……

 

 

 中国人がコンドミニアム購入、子どもの学校をタイで  2019/5/20

 

 中国人のタイでの不動産購入は相変わらず続いており、タイ中国不動産販売協会などによると、最近、注目されるところでは、親が子どものためにコンドミニアムを買って、タイで学校に行かせるなどして、卒業したのち、その物件を賃貸に出すなどを計画していることだ。中産階級の中国人などが、学校の費用が高くなく、文化も近いことから、タイの学校に子どもを入れており、中国人の事業家らがタイで10ほどの大学などの事業を買っており、中国人向けの学校となっているという……

 

 

 資産価値高い売買物件、BTSプナウィティ駅前の「ウィズドム・インスパイア101」  2019/5/20

 

 BTSプナウィティ駅前でCPグループが開発している「ウィズドム・インスパイア101」の販売申し込みをヨシダ不動産で受け付けています。場所はBTSの駅前ですでに完成しているオフィスブロックと大型商業モール「トゥルー・デジタルパーク」を含む駅前ニュータウン内になります。1ベッドルーム、31・6平米からのサイズで価格は463万バーツからとなっています……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、スラサックの「ノーブル S39」 2019/5/5

 

  遂にソイ39にNoble(ノーブル)もやって来ます。ソイ39はどのデベロッパーも特に最新システムや最上級の部材を投入して来ます。スクムビット通りから少し入りますが、各方面に向かいやすく、徒歩10分圏内に駅、スーパー、病院、塾等があって、日々の生活を考えると、立地は悪くないといえます。ただ、この通りで有名なのが、スコールによる冠水でこの物件も、少なからず影響があると思われますので、充分な対策は取られているはずです……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規コンドミニアム、スラサックの「ノーブル レボ シーロム」 2019/5/5

 

  特殊な立地ではありますが、スラサックには新築で、このクラスの物件が非常に少なく、特にこの界隈でお探しの方には、重宝される物件と想像ができます。スラサック駅まで徒歩2分で着いて、サトーンのメイン通りからは、少し入っているので、騒音はそこまでではないと思われますが、南側にモーターウェイが通っているので、低層階はその音が気になるかもしれません……

→ホームページ

→facebook

 

 今年1-3月の販売は20%減、新規コンドミニアムは新政府待ち  2019/5/5

 

 今年のコンドミニアムの販売については、タイの新政府を待っている状態で、新政府が発表されて以降、新規に出回る見通しだ。タイ建物協会によると、今年はけん引してきた中国人の購入が停滞し、20~30%は落ち込むと見ている。外国人の購入のうち、60%近くが中国人で、11%が香港、そのほか、マレーシア、日本、台湾、カナダ人などとなっている……

 

 

 ドゥシタニホテルは来年末、69階コンドミニアム、49階オフィスも  2019/4/20

 

 バンコクのランドマークに!とオープンしたアイコンサイアムだが、高島屋が入居し、チャオプラヤー川沿いが注目されているが、ビジネス街のシーロム、サトーンの入り口でもある場所で、再開発が始まったのは、長年、ドゥシタニホテルがあった場所で、同社と大手のセントラルパッタナー社が組んで、ドゥシットセントラルパークを建設することがこのたび発表された。こちらも、バンコクのランドマークに、という規模のもので、事業費は367億バーツにのぼり、まず、2022年末には、ドゥシタニホテルがオープンの予定……

 

 

 セントラルラプラオ前の駅、8/12にオープン、7月から8月末まで無料開放  2019/4/20

 

 BTSのモーチット駅から伸びる、モーチットーサパンマイークーコットの路線整備については、順次オープンが予定されており、タイ交通省によると、まず、ショッピングモールの集まるラプラオ5差路駅までを今年8月12日にオープンする。駅はセントラルプラザ・ラプラオ前にでき、ポートートー本社までスカイウォークが12月末に完成する。MRT地下鉄のパホンヨーティン駅とも連絡し、乗降客は1日1万人以上が予想され、まずこの駅をオープンさせる……

 

 

 トンローの新ランドマークへ、サンシリィのモニュメント・トンロー  2019/4/20

 

 トンローの新しいランドマークへ、と建設中の「ザ・モニュメント・トンロー」は、大手ディベロッパーのサンシリィ社によるもので、45階建てで、1フロアに4部屋のみ、全127ユニットの物件。販売価格は1部屋3000万バーツからで、1㎡当たり35万バーツ以上になり、現在まで40%を売っており、2020年には完売する!と強気の姿勢だ……

 

 

 BTSプンナウィティー駅近くがITのハブに! TRUE デジタルパーク 2019/4/20

 

 BTSプナウィティ駅の近くにオフィスと商業施設とコンドミニアムを合わせた巨大複合施設トゥルーデジタルパークがオープンしています。43ライという広大な敷地内には、インターネット大手TRUEが手掛ける「トゥルーデジタルパーク」のオフィスビル、ショッピングモール「101ザ・サード・プレイス」、そして高層コンドミニアム「ウィズドム・インスパイア101」が3棟建ち並んでいます……

→ホームページ

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブルビー33」 2019/4/5

 

  スクムビット33は日本人が多く住んでいるエリアの中では、夜は賑やかな繁華街の通りとして有名ですが、昨年から徐々に様相が変わり始め、通りの入り口にある、ノボテルホテル横がすっかり更地になって、随時まだ広げていきます。そこには巨大な商業施設を建設予定で、繁華街のイメージから一新されると予想されます。既に通りの奥はアパートやサービスアパートも数多く立ち、満室で空室待ちの人気物件もあるのです……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブルビー19」 2019/4/5

 

  アソークとスクムビットの交差点、南北に伸びるラチャダピセーク通りは幹線通りでもあり、アソークを中心にオフィスビルが点在しているのが特徴です。そう言ったこともあって交通量も多く、真下には地下鉄が走り、交通の要衝として大変賑わっています。こちらの物件があるソイ19は日本人学校のピックアップエリアの丁度際で、日本人家族の住まいの対象とされることでしょう……

→ホームページ

→facebook

 

 1千万~2千万!オフィス兼住まいのタウンホーム  2019/4/5

 

 都心ではコンドミニアムが次々に建てられており、一軒家などは郊外での物件となっているが、路線沿線で、ビジネスマンや事業を行う人に根強い人気なのが、タウンホームといわれる物件。となり同士が引っ付いた長屋のような造りで、ホームオフィス、あるいはバーン・フレッドともいわれており、あるいはタウンハウスともいわれるが、タウンハウスとの違いは、機能的で、3階建ての場合、階下はオフィスにも利用できるようになっている点だ……

 

 

 チェンライで需要あり、国境に低層コンドミニアム  2019/4/5

 

 バンコクでは路線沿線を中心に次々にコンドミニアムが建てられており、地方でもリゾート地などでは、同じく高層コンドミニアムが建てられているが、タイ北部の国境のチェンライ県では、経済の伸びとともに不動産の需要が高まり、コンドミニアムの購入なども伸びているという。すでに大手デベロッパーなども進出していて、スパライ社によると、北部の中心チェンマイと同じように潜在性があり……

 

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「D25 コンドミニアム トンロー」 2019/3/20

 

  トンローと言う人気エリアでも、お手頃価格の物件が有り、ご自身で住むにはそこまで気にならないと思われます。と言うのも駅からは離れて、トンローのソイで一番最後となり、トンロー通りからも300㍍くらい入ってしまうからです。駅から離れている分、シャトルサービスがありますので、駅までの間はご指定の場所へ送り届けてもらえます……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「プライムマンション スクムビット31」 2019/3/20

 

  ペット可コンドとして重宝されているこちらの物件、隠れた人気物件で、サイズもこの年代ならではの、程よいサイズとなっています。基本2ベッド以上なので、家族を対象として、住むか貸す事になるのですが、小さいですが同じ敷地内に、マックスバリュが有って、コンビニ感覚で活用出来、5分程度にコンビニも有ります……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブル プルンチット」 2019/2/20

 

  バンコクでの交通大動脈と言えば、スカイトレイン(BTS)と地下鉄(MRT)になるのですが、特にBTSは、改札から直結している商業施設やオフィスビルも多く、時間も読める事で、車通勤ではなくBTSを主な足として、お使いの方も多くおられます。合わせて、住居として住めれば、更に申し分がないと言えるのですが、数少ない直結物件が、プルンチット駅に完成したノーブル・プルンチットです……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ヴィア ボターニ」

 2019/2/20

 

  ソイ47とソイ49側から向かうことが出来るこちらの物件、ルートが2ヵ所あるのは、何かの時に回避ルートとして、リスクヘッジ出来るのです。住所としてはソイ47になりますが、日常的に使うルートは、裏からの出入りになると思われます。フジスーパーや日本人御用達病院が徒歩5分ほどの場所にあって、飲食店やカフェ、塾が点在しているのも理由でしょうか。実際は袋小路の突き当たりに近く、交通量もそこまでなく静かな立地でもあるのです……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「アイデオ 02」

 2019/2/5

 

  遂にBTSのスカイウォークも出来て、よりアクセスがしやすくなりました。物件の敷地が広いので、行きはお寺横のショートカットを活用し、バンナー駅に向かわれる様ですが、帰りの夜道はスカイウォークで人通りと車通りの多い正面からお帰りになられる様です。遠回りしてもそちらには、スーパーや飲食店もあるので、遠回りに見合う要素もあるのです。敷地に入ると広すぎて、入り口でゴルフカートを待っている方を、お見受けしますが……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ザ ディプロマット 39」 2019/2/5

 

  立地とクオリティーの高さが売りなこちらの物件。場所は日本人が一番住みたいプロンポン駅近郊、徒歩3分で着いてしまいます。駅までの間には日本の芸能人もよく来る、ワットポーマッサージスクールやスパもあります。外国人向けのタイ料理店もあり、当初は屋台のみで初め、今では店舗としても大きく展開し、進撃中のイムチャン、日本人対応の携帯電話ショップも2店舗あって、契約の煩わしさを解消して頂けます……

→ホームページ

→facebook

 

 住友林業が45階建て着工、1部屋40㎡~、30万バーツ/㎡ 2019/2/5

 

 スクムビット界隈では、高級コンドミニアムが次々と売り出されているが、ソイ59の大通りの入り口に着工したのが「ハイドヘリテイジトンロー HIDE HERITAGE THONGLOR」ホテルなどを展開する大手のグランドアセットホテル&プロパティ社が、住友林業とともに開発する。BTSトンロー駅から歩いての距離で、また BTSエカマイ駅からも近い……

 

 

 クロントゥーイの再開発が始動、25階のコンドミニアムに移住へ 2019/2/5

 

 クロントゥーイの再開発がようやく動き出した。タイ交通省によると、チャオプラヤー川沿いの2353ライを所有するタイ国港湾がまず、住民が密集する地域での再開発を今年から具体的に開始することになった。題して「スマートコミュニティー」で、58ライに4棟の高層コンドミニアムや学校などを設ける。高層コンドミニアムは各25階建てで、1部屋33㎡となり、1棟1536ユニット、4棟合わせて6144ユニットになる。事業費は75億バーツ……

 

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「アシュトン レジデンス 41」 2019/1/20

 

  アナンダグループは、時々、ペット可で販売される事があるのですが、今回のこちらの物件、待ちに待ったペット可能となっています。当然、ドッグランも設けられ、ワンちゃん達のストレスが掛からない様な配慮もされています。ペットだけでなく、色々感心させられたのですが、通常、1階の部屋は日当たりが悪く、虫などの被害が懸念され、敬遠され気味ですが、2棟の真ん中に全面プールをデザイン的にレイアウトして……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「サラデーン ワン」 2019/1/20

 

  立地は中々良い場所で、サラデーン通りソイ1、ここはウイッタユジャンクションを跨ぐ、陸橋降りた先から入る事が出来、通りに近い事もあって、ルンピニ公園が一望出来るコンドミニアムとしては、シーロム界隈ではこの物件が最も近いと思われます。すずき不動産の新規のコンドミニアム「サラデーン ワン」。向かいにオフィスビルのユーチューリアン、日系企業を始め、大手パソコンメーカー等も入居され、投資となれば引く手数多なのは想像出来ます……

→ホームページ

→facebook

 

 景気減速で中国人の購入の行方 2019/1/20

 

 タイのバンコクでは至るところでコンドミニアムの建設が進んでいますが、ここ数年の間、大きな購入層となっているのが中国人。以前はラチャダーやラマ9世周辺が多かったですが、今ではいろいろな地域に広がっています。ある不動産コンサルティング会社によると、今まで2万ユニットが中国人の購入だが、ここのところの中国の経済の停滞により、2年ほど前に購入した人たちが……

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ザ・ネスト・スクムビット22」 2019/1/5

 

  裏コンド開発エリアと命名したい程、この限られたエリアに集中して、コンドミニアム建築が続いています。既に大手のデベロッパーによって、何棟も建てられ、それなりに人気を得ているのも事実なのですが、人気の秘密は、モーターウェイにアクセスしやすく、地価が安いとしか考えられません。並行して、有名インターナショナルスクールも近隣に完成し、そのまた近くにモールも有って、将来性はそう遠くないと感じるところです……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「クイン スクムビット101」 2019/1/5

 

  グーグルマップでは、表示されない駅プンナウィティー、そんなイメージ駅前奇数ソイ側に、MBKグループのコンドミニアムが建築されます。ソイ101との角地になり、なかなかの好立地で、奇数側で高層コンドは初になります。まだ地味さの残るエリアではありますが、偶数ソイは早くから開発が進み、ソイ64はインターナショナルスクールもあるためか……

→ホームページ

→facebook

 

 ミャンマー、カンボジア人もコンドミニアム購入

 2019/1/5

 

 タイのバンコクでのコンドミニアム販売では、都心の周辺の地域では中国人の購入が多いが、ラムカムヘン、パッタナカンで販売する大手プルックサー社によると、ミャンマー人などの購入もあり、タイでビジネスをやる人、商品売買をする人、学校に通う人など、購入の目的は様々だという……

 

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ザ ネスト スクムビット22」 2018/12/20

 

  ザ・ネストの傾向として、目立たない所に目を付けて、密かに売りさばく忍者戦法で、展開されていますが、まさにザ・ネスト SK22もその様な立地で、バンコクに長く住んでいる方でも、通った事がないか、もしくは通った事はあるが、気付かない場所に建築されています。そんな所を誰が買うのかと、思われるかもしれませんが、意外に総合的に良く、投資としてもお客様は紹介出来ているのでお勧めです……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ハイド スクムビット11」 2018/12/20

 

  タイに観光で来られると、この界隈に泊まれる方が多いソイ11、観光客に混じって、欧米人の長期滞在者に人気のあるエリアです。徐々にではありますが、日本人もこの辺りのオフィスに通われる方は、対象にされる方が増えてきました。同じ地区で隣のソイ13に、同じ系列のハイド13が先行で完成し、この界隈ではコンドミニアムのファイブスターとして、興味のある方がこぞって内見されたのです……

→ホームページ

→facebook

 

 ヨシダ不動産のお宅拝見の第130回は、白倉様「アシュトンレジデンス41」 2018/12/20

 

 スクムビット・ソイ41は、プロンポン駅とトンロー駅の間に位置するエリアです。プロンポン側に近いソイで、行き止りのため閑静な周辺環境となっており、アパートレジデンスが点在しています。入口付近にはトップススーパーがあります。フジスーパー1号店、エムクオーティエ、エンポリアム、BTSプロンポン駅も近く便利です……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「マルク スクムビット」 2018/12/5

 

  プロンポン駅近コンドミニアムは一等地でもあり、平米単価30万バーツ超えは、この通りでは当たり前になってきました。もはや、部屋を小さくして切り売りしたとしても、小さいサイズで高額な家賃を払う、対象者に限界が来はじめたのでしょう。対象者をより絞り込み、アッパー層のセカンドハウスもしくは、ミドルアッパー層の賃貸として、提供出来る様なコンセプトになっています……

→ホームページ

→facebook

 

 コンドミニアムを購入するタイ人、21~30歳が38%、300~400万が32%

 2018/11/5

 

 10月4~7日にシリキットコンベンションセンター開かれた、住まい購入のためのバーン&コンドーの催しでは、主催者によると、目標額である40億バーツほどが販売されたが、人気があるのはコンドミニアムで全体の38%、続いて一軒家も相変わらず人気で37%、そして、隣同士がつながるタウンハウスが17%となっている……

 

 バンナーで40階建て建設へ、阪急阪神グループも参入

 2018/12/5

 

 タイで不動産事業を展開している阪急阪神グループの同プロパティー社によると、シンガポールやインドネシア、ベトナムなどへの事業投資をしており、タイでは不動産事業を行っているが、パートナーとなっているセーナー・ディベロップメント社とは過去2年で7件以上、230億バーツの事業を行っており、今後も1年に合わせて30億バーツほどの事業を手がけていくとしている……

 

 3戸目のコンドミニアム頭金30%が必要

 2018/11/20

 

 タイ中央銀行によると、タイでの住宅に関するローンで、3戸目のローンを組む場合は、頭金を30%以上支払う必要がある、とする内容を2019年4月1日より施行するとしている。また、2戸目の購入でも20%以上の頭金を払う必要がある。これは、ローンで多くのコンドミニアムを買い、短期で売り抜くなどの行為を阻止することになるが、普通、ローンを組む場合は20~30%の頭金を払っているのが一般的のため……

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「アイデオ モビ スクムビット 81」 2018/11/5

 

  今スクムビット通りで、注目度急上昇中のエリアが、オンヌット駅周辺です。もともと、ディスカウントストアが、駅直結であるのですが、2年前に庶民の憩いの場として、栄えていた屋台街が、契約満了後、大手メジャーの元、映画館と商業施設、ホテルとして開業いたしました。(ホテルはもう少し先になります。) このエリアですが、入店者は日本関係のお店が多く、これがこのエリアの人気を上昇させています……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ワイン スクムビット」 2018/11/5

 

  名前が関係している訳ではありませんが、女性の支持率の高いこちらの物件、遠くから見ると、なんとなくワインレッドカラーに、見えなくもありません。 共有部分とお部屋に関しても好感が持てます。待合ロビーは極端に広い訳ではありませんが、広いガーデンを枠いっぱいのガラス窓を通して、眺めることができて、しかもそのガーデンに出られ、そちらの椅子でもくつろぐ事も出来ます……

→ホームページ

→facebook

 

 信和不動産のコンドミニアム、完成後は日本語でケア

 2018/11/5

 

 日本から次々と大手不動産会社がタイに進出し、タイのディベロッパーと組み、コンドミニアムの建設などを手がけているが、大阪の中堅企業、信和不動産もタイで信和リアルエステート社を設立し、タイのウォララック・プロパティー社と組み、日本人が多く住むスクムビットで2ヵ所、低層のコンドミニアムを建設中で、その1つは8階建ての「ルネストンロー5」は……

 

 コンドミニアム売買のサポートは心友不動産に 2018/11/20

 

 コンドミニアムの売却依頼は心友不動産まで‼こんなご相談・ご質問はございませんか?  コンドミニアムの売却を考えているが、初めてなので信頼できる不動産業者に色々と教えてもらいたい。相続対策で古いコンドミニアムを売却し、流動性・資産性の高い物件へと資産の組み換えを行いたいなど、タイ不動産に関するお悩みは何でもご相談ください……

→facebook

 

 中国人が投資でコンドー購入

 2018/11/5

 

 不動産コンサルティング会社のモダンプロパティー社によると、タイ人に代わって今では中国人がタイの不動産投資で目立っており、購入するのは、コンドミニアムの35~60㎡ほどの部屋で、場所ではスクムビットやラチャダーピセックが多いという。そのほか、タイ東部経済回廊(EEC)のチョンブリー県、チャチェンサオ県、ラヨーン県では、土地やコンドミニアムでの100%の所有ができるため……

 

 ヨシダ不動産のお宅拝見の第126回は、特別寄稿 「セティワン・シラチャ」 2018/10/20

 

 弊社お客様のお部屋を訪問しインタビューする「お宅拝見」の特別寄稿編として、今回はシラチャに間もなく完成予定の「セティワン・シラチャ」を紹介いたします。シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ155キロ、車で約2時間の距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「ウォールデン スクムビット 39」 2018/10/20

 

  プロミット通りのソイ49寄り、5年以上タイに居られる方は、行った事があるかもしれませんが、タイ料理の洒落たお店として、広めの池に噴水と樹木が生い茂り、タイの庭園とした雰囲気が良かったと記憶しています。売りに出されていたのは、店舗紹介や売買の紹介で知っていたのですが、コンドミニアムとして新たに建てられるのは、寂しさもあるし、不動産としての嬉しさも有り、複雑な心境です……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の新規のコンドミニアム「サイアミーズ エクスクルーシブ 42」 2018/10/20

 

  場所が一方通行上な事もあって、売れにくいと思われがちですが、既に先駆者達が開拓済みで、そこまで関係していません。 徒歩の場合、双方に広い歩道が有って歩きやすく、駅や商業施設に向かえます。エカマイ駅周辺の人気が上昇したのは、偏にゲートウェイが出来たのが理由です。スーパーが24時間、定番の日本食から洒落た店まで、高レートの両替所から銀行、日系ツーリスト、日系ドラッグストア等々、馴染みのある店も多く……

→ホームページ

→facebook

 

 Ap+三菱地所レジデンス、ラマ9世に大型コンドミニアム 2018/10/5

 

 最近は日本の大手不動産会社と組み、開発を進めるタイのディベロッパーも多いが、大手のAP社は、日本の三菱地所レジデンスと組み、開発を進めており、MRT地下鉄のラマ9世駅から近い場所で、57億バーツの事業費で、1253ユニットにのぼる、40階建ての高層コンドミニアム「LIFE ASOKE HYPE」を建設する。日本スタイルとなるデザインで……

 

 シラチャーにコンドミニアム、ロビンソン向かいに建設中 2018/10/5

 

 タイ東部経済回廊(EEC)の中心地として、日本人の就労者らが急激に増えているシラチャーで、特に東部での不動産開発で定評があるゴールデングループによると、昨年から販売したシラチャー市内のロビンソン向かいに建設している、38階建てのコンドミニアム「KEEN CENTRE SRIRACHA」は、すでに65%を販売しており、価格は310万バーツからで……

 

 大手シンハーの物件で大和ハウス工業も参入、複合施設スマートシティーを建設へ 2018/9/20

 

  最近は不動産ディベロッパーとして次々に開発を行っているシンハービールのグループ会社、シンハーエステート社は、グループ企業のナバナダイイ社により、シーナカリンーロムクラオ通りの250ライでスマートシティーの開発を行っている。すでに、その一部19ライを使って、一戸700万バーツからのタウンホームを予約受け付けし、173ユニットのうち85%を販売した……

 

 

 1ベッドの物件が70%以上!価格は2百万~3百万バーツ 2018/9/20

 

 タイの不動産情報センターによると、今年前半の住まいの販売については、タイ政府のプロジェクトや交通路線の工事などもあり、活況を呈しており、購入に関しての譲渡件数は昨年の30%増となっている。プロジェクトの販売物件は56件にのぼり、そのうち、一番多いのがコンドミニアムの1ベッドルームで71.6%を占める。価格は200~300万バーツの物件が最も多い……

 

 440億バーツの大規模事業、野村不動産と組むオリジン社 2018/9/5

 

 大手の野村不動産と組んで勢いを増すオリジン・プロパティー社は、今年後半はミクスドユースの複合施設を3ヵ所で計画しており、パークオリジン・パヤタイ、パークオリジン・トンロー、パークオリジン・プロンポンの3ヵ所で、コンドミニアムでは合わせて2200ユニットを計画しており、220億バーツのプロジェクトになる……

 

 ヨシダ不動産のお宅拝見の第125回は、特別寄稿 当社販売ブログより 2018/9/5

 

 スクムビットのプライムロケーションと言えども、毎年のように新規のハイエンドコンドミニアムは市場に出回り、自ずと空室率は増加→賃貸競争激化の傾向は強まっています。この環境下では的確な投資物件選びが賃貸投資成功の生命線となります。賃貸市場を理解しないで間違った物件を購入し、賃貸客が全くつかず窮している日本人物件オーナーは決して少なくありません……

→ホームページ

→facebook

 

 すずき不動産の売買コンドミニアム「ザ・サーティナイン・バイ・サンシリ」 2018/9/5

 

  2018年、ソイ39の建築もひと段落ついて、今でこそ当たり前になって来ました、この辺りの平米単価30万バーツ、その先駆けとなったのが、このザ・サーティナインで販売当初は22万バーツ平均でしたが、今現在は30万バーツで推移しています。正直、今の時点では利回りは良いとは言えませんが、キャピタルゲインとインカムゲインを想定し、投資されるには良い物件と言えます……

→ホームページ

→facebook

 

 駐在員家賃平均予算、家族での赴任も増加傾向 2018/8/20

 

 ここ数年、タイに赴任する駐在員は、企業の経費削減で単身者の割合が増え、プラカノンやオンヌットには、日本人単身者向けの食堂や居酒屋が集まっていますが、ヨシダ不動産によると、最近は家族を伴っての赴任も再び増えてきたそうです。家族で住むとなると、やはり日本人が生活するには便利なスクムビット・エリアが圧倒的な人気で、実際、ヨシダ不動産のバンコク地区での賃貸仲介の90%以上が、スクムビットに集中しているとのことです……

 

 

 ラチャダーのコンドミニアムは中華系外国人が20%購入 2018/8/5

 

 圧倒的な中国人観光客でタイは潤っており、また中国関連の企業も次々に進出している。その多くが、住居や会社でラマ9世やラチャダー周辺に集まっており、そのため、ディベロッパーは周辺でのコンドミニアム計画等を加速している。スクムビット界隈に比べて手頃な価格のため、需要の多い周辺地区だが、不動産事業を手掛ける日本の……

 

 王室財産局の土地でラマ4世通りにTCCグループが複合施設を次々建設 2018/7/20

 

 ラマ4世通りではTCCグループによるOne Bangkokの建設が始まっているが、一方で、ラマ4世通りで、ラチャダーピセック通りの交差点では「The Parq(ザ・パーク)」の建設が明らかとなり、2019年末を目ざして建設が始まっている。

こちらも、チャルーン・ワッタナパクディー氏のTCCエステート社によるもので、デザインなどはフレイサーズ・プロパティー社と組み、敷地24ライにミクスドユースの複合施設を建設する……

 

 チョクチャイ4で大地主が36ライを売却し、高層コンドミニアム等再開発へ 2018/7/20

 

 バンコクの都心では、長年のタウンハウスや商業長屋が40~50年を迎え、老朽化している物件が多く、ちょうど建て替えの時期にあたる。一方、路線化が進み、通り沿いの土地価格は上昇し、地主はできるだけ高くで売るため、大手開発業者との交渉を行っているところも多い。そこで狙われているのが、まだそれほど価格が上昇していない、建設が始まったばかりの路線沿いの土地……

 

 すずき不動産の売買コンドミニアム「エクセル スクムビット」の紹介 2018/7/20

 

 ソイ71とソイ77のハビットモール脇に毎年の様にコンドの建築ラッシュが続き、今年にはバンコクPREPインターナショナルスクールもオープンしそうで、逆にこれが完成するにあたり、いくつも建築されたと、勘ぐってしまうぐらい、何物件も完成建築中です。インターの近くは某デベロッパーが占めてしまい、ご紹介物件はモーターウェイを挟んだ向かいに建築されています……

→ホームページ

→facebook

 

 モニュメント・トンロー、45階建てが来年完成へ 2018/7/20

 

 高層コンドミニアムの45階建てを現在、建設中なのが「モニュメント・トンロー」。トンロー通りのずっと奥に入って運河の手前のリバティープラザの横で、来年には完成の予定。各階4ユニットまでのプライベートルームが売りで、2ベッド124㎡、3ベッド252㎡などの部屋の広さで、1㎡当たり30万バーツ~で、1部屋は3000万バーツ~という高級コンドミニアムだ……

 

 バンスー中央駅周辺の開発は、バンコク最大の2325ライ! 2018/7/5

 

 バンコク最大のターミナル駅として開発が進められているバンスー中央駅については、スマートシティーと名づけて、2325ライに及ぶ周辺のタイ国鉄道の土地を開発するものだが、また、3空港を結ぶ路線の拠点として、また、アセアンのゲートウェイとして期待されており、注目の場所となっている。同地を8ゾーンに分け、徐々に開発していくが、投資額は1500億バーツ以上にのぼる見通し……

 

 新規コンドミニアムの販売で外国人の半分は中国人の購入 2018/7/5

 

 タイの不動産コンサルティング会社JLLによると、今年前半のコンドミニアムの購入で、外国人のうちその半分が中国人による購入だった、としており、外国人の中では現在、一番、中国人がコンドミニアムの購入が多いことがわかった。場所では、ラチャダーピセック通りからラマ9世通り周辺の物件で、スタジオ、1ベッドルームのタイプが多く、価格は150万~300万バーツほどの物件が人気という……

 

 CPがバンナーで開発、来年初めにコンドミニアム販売開始 2018/7/5

 

 都心では複合開発のONE BANGKOKなどが始動し、数年後の完成に向け動き出しているが、郊外のバンナー周辺は、EEC(東部経済回廊)が打ち出されてから、スワンナプーム空港に近い好立地として注目されている場所だが、CPグループ系のマグノリア・クオリティー社が発表していた「ザ・フォレスティア」がこの6月より動き出すことになった……

 

 すずき不動産の売買コンドミニアム「15スクムビット」の紹介 2018/7/5

 

 最寄り駅はナナとなり、日本人家族はそこまで住んで居ないので、対象になりにくいと思われがちですが、比較的新しい物件の割に、平米単価も安く、この界隈のオフィスビルにお勤めの方が対象として、時期によっては希望者が多く、このエリアでは貴重な物件として位置づけられています……

→ホームページ

→facebook

 

 大手不動産開発のサンシリィが東急と共同で、オンヌットで新規物件 2018/6/20

 

 タイでは大手の不動産ディベロッパー「サンシリィ」が、日本の東急コーポレーションと組んで、今年8月、スクムビット界隈で2つのコンドミニアムを販売開始する。1つは、エカマイのソイ11に38階建てのタワーマンションを建設し、500~600ユニットで価格は400万バーツ~となる見込み……

 

 

 中華系の市場でナンバー1、オリジン社のコンドミニアム販売 2018/6/20

 

 野村不動産と組んで不動産開発を進めるオリジン・プロパティー社だが、一方で、香港の企業と組み、中華系の市場を伸ばしており、2~3年後にはタイでの外国人向け市場のトップに躍り出る、と語っている。香港の企業と組み、中国人、香港人などの市場を開拓しているためで、今年の売り上げは40~50億バーツで、2~3年後には外国人市場でナンバー1になる見通しだ……

 

 

 チェンワッタナ通り沿いでコンドミニアムの開発競争 2018/6/20

 

 路線が建設されるケーラーイ~ミンブリー間では、チェンワッタナ通りを通り、イミグレーションなど公的機関が集まっているが、その周辺ではディベロッパーのコンドミニアム建設が進んでおり、スパライ社、LPN社、ノーブル社など、大手が土地を買ってコンドミニアムを建設している……

 

 トンローで新規コンドミニアム販売の平均22万バーツ/㎡ 2018/6/20

 

 トンロー~エカマイ地区は、日本人の駐在員らが多く住む地区だが、それらの賃貸物件について、新規に建てられるコンドミニアムの販売価格もじりじりと上がっている。タイでは、高層コンドミニアムと低層コンドミニアムに分けられ、高層コンドーは35~40階ほどで、低層の8階建てよりも20~40%ほど販売価格が高い。これは、階上で眺めがよいことや……

 

 東京建物が進出し、プロンポンで新規物件 2018/6/5

 

 タイでの不動産大手ライモンランド社が、日本の東京建物と組み、株割合51%、49%の新会社で、不動産開発を行うことになり、今年は2件の開発を予定しており、1つはサトン通りのソイ12で、コンドミニアムの建設、事業費は42億バーツの見込み……

 

 新規コンドミニアムの価格が15%上昇 2018/5/20

 

 新規に建設されるコンドミニアムでは、スクムビット界隈のソイ1~63でも価格は上昇しており、2017年末の時点での平均価格は、1㎡当たり181800バーツまで上がっている。不動産コンサルティング会社によると、1年前から15%上がっており、さらに今後、値上がりする傾向という……

 

 

 家購入の潜在需要多い! 2018/4/5

 

 景気が低迷しているといわれるタイだが、コンドミニアムや一軒家、タウンハウスの購入については、活気づいていることがわかった。3月中旬に開かれたバーン&コンドーの催しでは、昨年の6万人を大幅に上回る8万人が来場し、購入の予約は合わせて40億バーツ以上にもなった……

 

 

 ラチャダーで新規コンドミニアムの価格1㎡13万バーツ 2018/3/20

 

 バンコクでは新規のコンドミニアムは価格が上がり続けているが、不動産コンサルティング会社によると、ラマ9世の交差点からタイ文化センターまでのラチャダーピセック通り周辺は現在、平均で1㎡当たり132600バーツとなっており、セントラルラマ9世やフォーチューンなどの商業施設、そのほかオフィスビルも多い……

 

 新規高層オフィスタワーの賃貸、中国系企業が20%予約 2018/3/5

 

 ラマ3世通りのチャオプラヤー川近くに建設中の「MSサイアムタワー」については、38階建てのビジネスビルとなる見込みで、今年8月ごろには完成を見込んでいる。まわりにこの手のオフィスビルがあまりないことで、オーナー側は賃貸の需要は多い、と話しており、1㎡当たり650バーツ/月の賃貸となり……

 

 ウィスドム101の3棟目コンドミニアムが、1㎡14万バーツで3月販売 2018/3/5

 

 スクムビット界隈では高層コンドミニアムの建設が、BTS路線沿いに次々に進められているが、オンヌット駅より向こうの、BTSプンナウィティー駅近くのウィスドム101は、住居、商業、オフィスが一体となった空間で、43ライに高層コンドミニアムが3棟建てられる……

 

 ラマ9世付近のコンドミニアムが値上がり 2018/3/5

 

 地下鉄が通るラマ9世の交差点からタイ文化センターまでのラチャダーピセック通りでは、新規のコンドミニアムの価格は上がり続けており、今年から来年にかけて1㎡当たり25万バーツ以上の物件も出てくる見込みだ。現在、平均では1㎡当たり13万バーツ……

 

 パープルラインは1日10万人利用で、タオプーン駅周辺はコンドミニアムも人気! 2018/2/20

 

 バンコクの路線整備網で、パープルラインといえば、バンスーからノンタブリーのバンヤイ方面に行く路線だが当初、タオプーン~バンスー間が開通しておらず、人気がなかったが昨年8月に開通し、それ以後は1日48000人が利用しており、今年には1日10万人の利用となる見込み……

 

 コンドミニアムの売却依頼は心友不動産まで 2018/2/20

 

 心友不動産売買事業部。コンドミニアムの売却依頼は心友不動産まで‼こんなご相談・ご質問はございませんか?コンドミニアムの売却を考えているが、初めてなので信頼できる不動産業者に色々と教えてもらいたい。相続対策で古いコンドミニアムを売却し、流動性・資産性の高い物件へと資産の組み換えを行いたいなど、タイ不動産に関するお悩みは何でもご相談ください……

 

 

 ラーブラナでコンドー販売へ、中国人の購入も高まる 2018/1/20

 

 都心での新規コンドミニアム販売は、価格も高止まりしているが、現在、建設中の路線の沿線ではまだ手頃な価格での販売も多い。新規路線として内閣の承認がおりたタオプーン~ラーブラナについては、今年の建設開始、2023年の完成に向け、始動しているが……

 

 中国の存在感が増し、急速に移り変わるタイ・バンコク 2018/1/20

 

 タイでは今年、11月に総選挙を行うと、現在の暫定政権のプラユット首相が発表しており、その時に民政に移るのか注目される。外部的には「軍事政権」のもとで、タイでは軍事の管理下に置かれている、と見られるが、実際にタイ人やタイに居る我々、日本人はどのように感じているだろうか……

 

 オリジン&野村不動産がトンローでホテル事業 2018/1/20

 

 野村不動産と組んでタイで不動産開発を行うオリジン・プロパティー社の勢いが増している。すでにケンシントン、ナイトブリッジ、ノッティングヒル、パークなどのコンドミニアムなど、45のプロジェクトで、720億バーツにのぼっており、さらに、ホテル、サービスアパート、オフィスビル、コミュニティーモールの建設を計画している……

 

 オリジン&野村不動産によりトンローで「パーク」開発へ 2017/11/20

 

 シラチャー~レムチャバンでもコンドミニアム等の大型開発を手がけ勢いを増すオリジン・プロパティー社だが、トンローのソイ10のアリーナ10でもハイクラス向けのコンドミニアムの開発を手がけ、来年には建設に取りかかる見通し……

 

 学生の街ナコンパトムで新築コンドミニアムが人気 2017/11/20

 

 エカマイのソイ12、プラカノンからの交通量が多く、プロンポン、アソークに向かう場合に横移動として、渋滞を避けよく使われています。一部ではありますが、むき出しの水路を舗装し車線も増やされ、少しですが渋滞も緩和されました。道が綺麗になるとお店も増え、必然的に住居として目を付けるデベロッパーも出てくるのです……

 

 

 コンドミニアムの販売は28%増、販売初日に80%売れた物件も! 2017/11/20

 

 タイでの新規コンドミニアム販売については、タイのコンサルティング会社の調べによると、今年は50000ユニットにのぼるとみられ、昨年の39000ユニットから28%増の見込みという。バンコクやその近郊ではこの7、8、9月が最も多く、18806ユニットが売り出され、650億バーツにのぼる……

 

 

すずき不動産で販売受付中のプレビルド物件

 タイ人独身OLはコンドミニアムを1人で買う? 2017/11/5

 

 タイでは都心などのビジネス街では、タイ人OLの働く姿が多く見かけられ、会社内でも女性の比率が高く、結婚をしていない女性も多い。そういった独身の女性について、不動産を取り扱うbaania.comなどの情報によると、結婚をしていない31~40歳ほどの女性について、タイ人OLは、ローンを組んでコンドミニアムを買えるレベルの人がほとんどで、300万バーツほどの物件で、1ヵ月のローンは2万バーツほどが平均だ……

 

 

すずき不動産で販売受付中のプレビルド物件

 スクムビット・ソイ40で手頃な価格のコンドミニアム「アイディオモビ」の販売開始 2017/10/20

 

 スクムビットのトンロー、エカマイエリア偶数側にも、遂にコンドミニアム建設の波が押し寄せて来ました。既に先行してアナンダグループで、最高峰としてアイディオ モーフが建設されていますが、場所柄、高層で建設出来ないため、2棟に分かれているのですが、2階の共有フロアで繋げ、巨大な1棟に見せかけています。規模は中規模の272戸と内容が良ければ、プレミアが付いて価値も上がる事でしょう……

 →ホームページ

→facebook

すずき不動産で販売受付中のプレビルド物件

 BTSベーリング駅でコンドミニアムを阪急不動産ーセナが開発 2017/10/5

 

 都心では急騰した新規コンドミニアムの価格だが、郊外に行くとまだタイ人の中間層が買える範囲の値段で売り出されている。タイのコンサルティング会社によると、BTSベーリング駅は都心で働くタイ人や、あるいはサムットプラカーンで働く人の住まいとして注目されており、乗り換えなしで15~25分で行けるのが強味という……

 

すずき不動産で販売受付中のプレビルド物件

 スパライ社が7ライを取得し、サトン通りで大型開発へ! 2017/10/5

 

 タイの大手開発ディベロッパーのスパライ社によると、ビジネス街のサトン通りのオーストラリア大使館の敷地について、入札により取得したとしている。広さは7ライに及び、評価額は46億バーツで、1タランワー当たり145万バーツになる。同社では、この場所にミクストユースのコンセプトで、住まいのコンドミニアム、賃貸のビジネスオフィスビル、商業センターなどを盛り込んだ、サトン通りのランドマークとして開発したいとしている……

 

すずき不動産で販売受付中のプレビルド物件

 大手ランド&ハウス社のトンローで建設予定の高層コンドミニアムは、屋上の巨大プールがスゴイ! 2017/10/5

 

 ランド&ハウスが遂にトンローに進出! プロンポン、エカマイは既に「ザ・バンコク」として、進出していましたが、満を持してトンローに出て来たのです。ほかの2物件は細い通りでもあり、低層の物件でしたが、今回はトンロー通りに面した最高の立地で、階数31階の高層で建築されます。トンロー・ソイ1の角地で、ソイ53からも入って来ることができて、スクムビットから多少のショートカットの利点もあります……

→ホームページ

→facebook

 

不動産関連も中国企業が投資

 不動産関連も中国企業がタイへ!過去3年で700億バーツ投資 2017/9/20

 

 最近は中国のタイへの進出が加速しているが、コンドミニアムなどの開発関連でも、タイ側と組み、タイへの進出が急増している。タイの不動産コンサルティング会社によると、この手の投資で、ここ3年の間に中国は700億バーツを投資しており、そのうちコンドミニアムは70%、ホテルは30%……

 

マリオットホテルでコンドプリセール

 東南アジアのハブであるタイの不動産市場の伸びに期待し、日本の大手が続々タイへ 2017/9/20

 

 タイでは日本の大手ディベロッパーがやって来て、タイ側企業と組み、コンドミニアムなどの開発を行うケースが急増している。大手の三井、三菱、阪急など。この8月には東急電鉄がタイの大手サンシリィと組み、バンコクのスクムビットで8階建て……

 

エカマイのコンドミニアム「タカハウス」は東急とサンシリィによる

 

 今月の新規のコンドミニアムの販売は、やはり、来月のプミポン前国王の火葬を控え、催し、イベントを9月に前倒しするということで、各ディベロッパーが販売を発表しているのだろう。大手のサンシリィは、この23日、24日にセールオフィスを構え、エカマイで「タカハウス」を販売開始した。

陸の孤島?バンプーでコンドミニアム販売429万バーツ

 

タイの新聞を見ていると、また、新規のコンドミニアム販売の広告がありました。「チワタイ」ですね、ラチャプラロップ通りでも物件があったと思いますが、最近は、日本や中国と組んで、手広く拡大している中堅も多いですが、この会社はその恩恵を

オンヌットで野村不動産の超高層コンドミニアムが販売開始へ

 

 最近、また新規のコンドミニアムの販売が活発になっています。それも結構、リーズナブルな価格での販売で、タイ人の中間層や、あるいは日本人にもよい物件かも知れません。おそらく来月が前国王の葬儀で自粛期間に突入するので、

オンヌットでコンドミニアムの格安物件販売中

 

 先日、ロータスでくだものを買って帰ろうと、オンヌットのロータスに寄りました。そして2階のスーパーに入るところでコンドミニアムの販売をやっていて思わず立ち止まりました。

マリオットホテルでコンドプリセール

 中~上層向けコンドミニアム販売活況、オンヌットで賃貸料も10%上がる 2017/9/5

 

 今年後半は大手デベロッパーの物件が多く出て、不動産市場は再び活況になる、としている。大手のメジャー・デベロップメント社によると、同社の今年の8つのプロジェクトのうち、7つを後半に投入する。9月にはラプラオで、30階建てを販売するが、1㎡15万バーツからと、中~上流階級向けの物件となる……

 

コンド―内装事業も活況

 コンドミニアムの内装事業も活況 2017/9/5

 

 景気低迷でコンドミニアムの販売が停滞しているタイだが、コンドミニアムの内装などのビジネスは活況のようだ。3年前から立ち上げた10DK社は、コンドミニアムの内装を主に手がけ、昨年は60部屋ほどだったが今年は1~6月までにすでに同じ量をこなし、倍々の勢いで伸びている……

 

サンプレー社が開発するバンサレーの物件

 パタヤでコンドミニアム停滞で、バンサレーの物件は30%販売 2017/9/5

 

 パタヤのコンドミニアム市場は停滞しているが、パタヤ、ジョムティエンからさらに先の、バンサレーで外国人向けに開発しているのがサンプレー社。50歳以上で、定年退職した欧米人などをターゲットとして、157ライの敷地で、フェーズ1からフェーズ4までを開発中で、現在はフェーズ1のコンドミニアム70室を建設中……

 

ヨシダ不動産で販売中の物件

 ソイ23のリセール物件を販売 2017/8/20

 

 タイ証券取引所に上場し、大手ディベロッパーグループの一角を成す「メジャーディベロップメント社」による新しいプロジェクト「ミュニック・スクムビット23」。昨年9月17日にプリセールを開始し、最初の1週間で80%のユニットが成約済みとなった注目のコンドミニアムです……

→ホームページ

→facebook

 

 豪華コンドーも売れない!1㎡35万バーツ以上は買い手難しい 2017/8/20

 

 景気低迷の影響を受けない上層の階級をねらった豪華コンドミニアムの販売についても、供給がある程度出てきて、需要は満たされ、今後は減る方向にあるという。不動産コンサルティング会社などによると、1㎡当たり25万バーツ~30万バーツの物件については、建設される場所やそのクオリティーにより……

 

コンドミニアム売買のサイト

 頭金のみのタイ人が売りたい!コンドミニアムの売買サイト登場 2017/8/20

 

 タイのバンコクでは毎年、多くのコンドミニアムが売り出されており、購入したタイ人が建物の完成までに支払う頭金の部分で、売りに出す人も結構おり、売買が盛んに行われている。それにもかかわらず、売りたい人、買いたい人を結ぶウェブサイトはほとんどなく、そのようなコンドミニアム売買サイトが求められていたが……

 

駅周辺で2万室が売れない

 駅周辺でも新築コンドミニアム2万室が売れない! 2017/8/5

 

 

 パープルラインの高架鉄道、バンスー~タオプーン~バンヤイの駅周辺で建てられた新築のコンドミニアムで、まだ20000ユニットが販売できない状況にある、とノンタブリー不動産協会では話している。タオプーンからのバンコク側は1㎡当たり8万~10万バーツで、1ユニットは250~350万バーツで、バンヤイ周辺のノンタブリー側は200万バーツ以下の物件が多い……

 

新規販売のコンドミニアム「ザ・ロフト・シーロム」

 

 最近、新規に売り出されるコンドミニアムが少なくなった気がしていましたが、先日、ひさびさに見た都心での物件の広告はライモンランド社による新規のコンドミニアム「ザ・ロフト・シーロム」。

アイディオ・モビで建設不良

 新規販売のコンドミニアム「アイディオ・モビ」で建設不良 2017/7/20

 

 コンドミニアム建設の大手デベロッパー、アナンダ・デベロップメントの「アイディオ」で建設等の不備が見つかり、購入した人からは、「アナンダというブランドを信用して買ったのに」「買った値段で売れるなら出ていく」などの声が出ており、アナンダ側が責任を取る事態となっている……

 

中国人向けコンド建設

 中国人向けコンドミニアムを、ラチャダーピセック通りに34階建て4棟を建設 2017/7/5

 

 ラチャダ―ピセック通りが中国人ビジネスマンの集積地に! 中国のナンバー1不動産事業者、カントリーガーデングループが、タイの工業団地を開発する大手、タイ・ファクトリー・ディベロップメント(TFD)と組み、BGY&TFDプロパティー社を設立し、ラチャダ―ピセック通りの地下鉄駅に近い8ライ余りでコンドミニアムの開発を行うことになった……

 

ヨシダ不動産で販売受付中のシラチャのコンドミニアム

 シラチャはバンコク以上の賃貸利回り 2017/6/5

 

 シラチャの賃貸投資はもう魅力が無いと感じている投資家の方も多いと思いますが、実際は正しい投資物件を選択する事によりバンコク以上の賃貸利回りを容易に得る事が可能です。2年程前までの異常な程の供給不足といった状況が緩和され、需給バランスが取れてきているのは事実ですが、日本人が満足して居住できる水準の物件に限定して考えれば未だ足りていないのが現実です……

→ホームページ

→facebook

    

ヨシダ不動産で予約受付中の新築コンドミニアム

 レジデンス、オフィス、ホテル、ショッピングセンターが一体で超豪華な物件 2017/6/5

 

 旧日本大使館跡地に建設中の「ジ・エッセ・シンハー・コンプレックス」は、とっても豪華なコンドミニアムで、投資物件としても最適です。日本でいうツインのタワーマンションで、ショッピングモール、オフィス、ホテルと一体となったミックスユース仕様……

→ホームページ

→facebook

★ タイ人が東京の不動産を買う 2017/6/5

 

 タイで不動産投資事業などを行うJLL社によると、外国の不動産を購入するタイ人も最近は多く、現在、一番人気があるのはロンドンだが、東京が現在、最も購入で勧められる場所である、としている。多くの人が東京の不動産は高い!と思っているが、実際は世界の大都市に比較しても安くで購入できるという……

 

 パタヤで景気回復?コンドミニアムの販売が活発に 2017/5/5

 

 バンコクから一番近い避暑地パタヤでの、新規コンドミニアムの売買については、大手開発のサンシリィ社によると、シービューの物件は徐々に売買が活発になってきており、オンアマートでの販売も活発になっているという。1㎡当たり95000バーツ~120000バーツで、1ベッドルーム、40~55㎡の部屋などが人気。タイ人、外国人を問わず、購入しており、最近は中国人の購入が目立つ…… 

 

トンロー・ソイ2で建設されるコンドミニアム

 富裕層がコンドミニアムを買う 2017/5/5

 

 自動車販売も低調で、タイの景気は低迷しているといわれる中、富裕層をターゲットにした超高級コンドミニアムの販売が堅調だ。「景気低迷の影響を受けない」といわれており、この層の需要があるという。それではなぜ、富裕層は都心の超高級コンドーを買うのか? ……

TCCグループの開発予想図

 TCCグループの集大成、日本大使館横にアセアンの核 2017/4/20

 

 タイの大富豪、チャルン・シリワッタナパクディー氏率いるTCCグループによる、ルンピニナイトバザール跡地の開発が4月3日に発表された。となりに日本大使館もあり、注目度が高い場所…… 

 

超豪華なサンシリィの物件

 新規物件は富裕層がターゲット 2017/4/20

 

 現在、都心の新規コンドミニアムは飽和状態で、値段は高止まりのため、売り出してもなかなか埋まらない状態だ。そのため、大手のデベロッパーは、タイ人、あるいは外国人の富裕層にターゲットをしぼり、超高級物件の売り出しを始めている……

 

ソイ39の新規コンド

 1千世帯がソイ39に居住へ! 2017/3/5

 

 スクムビットの日本人が多く住む地区に、また新たに1000世帯が居住! ソイ39の奥のフジスーパー2号店から、ペッブリー通りに向かうまでの右手に新規コンドミニアム「スパライ・オリエンタル・スクムビット39」を建てるのが、大手開発のスパライ社。すでに販売中だが、4棟に及ぶ大プロジェクトで、25階建て2棟、31階建て2棟、合わせて1046ユニットに及ぶ……

 

スクムビット50の新規コンド

 新規に売り出されるコンドミニアムはオンヌットは220万バーツ~ 2017/3/5

 

 スクムビットの日本人居住地区では新規に売り出されるコンドミニアムは、1㎡15万バーツ以上は普通だが、日本人の住まいとして、エリアが広がっているBTSのプラカノン駅、オンヌット駅、あるいはウドムスック駅、バンナー駅まで行くと、まだまだ手頃な価格で購入できる新規の物件もある…… 

 

 

 

 コンドーの最高額は1㎡47万バーツ 2017/3/5

 

 タイのバンコク都心の新規コンドミニアムは、今や、1㎡当たり20万バーツ以上にも跳ね上がっており、日本人でもなかなか手が出せないレベルにまでなっている。 ところで、現在、最も高い物件はトンローの「クン・バイ・ユー」のペントハウスで、1㎡当たり472789バーツ。294㎡の部屋で、売り価格は1億3900万バーツとなる……

 

 都心近くの穴場物件を探す! 2017/2/20

 

 新規に建設されるコンドミニアムの価格が高止まりになっているが、不動産コンサルティング会社によると、スクムビットなどの都心では土地代が上がり、購入価格は1㎡当たり25万バーツ以上にならざるを得ないという。そのため、開発のディベロッパーなどは、周辺の比較的手頃な場所を狙っており、1㎡当たり10万バーツ以上の物件を建てられる場所を探しているという…… 

 

ルンピニ・スイート・ペッブリー・マッカサン

 大手開発のLPN社が低~中所得者向け失速で、中~上層向け物件に転換 2017/2/20

 

 タイ人の低所得者向けのコンドミニアム等も積極的に手がけ、「1部屋89万バーツ!」などという広告も見かけることもあるデベロッパー大手のLPNディベロップメント社だが、同社によると、2年ほど前から、売り上げが目標に達していない状態で、今後はターゲットなどの方向転換をする、としており、今までの中~低所得者層から、中~上層の所得者向けを強化し、積極的に物件を提供していくとしている……

 

新和不動産が開発する物件

★ 新和不動産が開発、トンローに8階建てコンドミニアム建設 2017/1/20

 

 日本の大阪に本社がある中堅の不動産開発、建築、設計の「信和不動産」が、タイのワララック・プロパティー社と組み、新会社を設立して、トンローで8階建てのコンドミニアム「RUNESUトンロー5」を開発する。広さ25~75㎡で156室、プリセールでは1㎡当たり19万バーツとなり、1部屋490万バーツから……

サンシリ物件のキッチン内装

★ 豪華コンドミニアムは有名デザイナーで付加価値上げる 2016/12/5

 

 日本人が多く住むスクムビット界隈での新規のコンドミニアム建設では、世界的なデザイナーなどを使い、内装デザインのグレードアップを図り、差別化するなどの傾向がある、とタイ建物協会の幹部が語っている。ここ3~4年前から、この界隈で1㎡当たり25万バーツ以上の物件が増えてきて、高額のコンドミニアムの付加価値として、5ツ星ホテルのような共有施設やロビー……

★ コンドミニアムの販売控える、オンヌット~ベーリングは購入者敬遠? 2016/11/20 

 

 バンコク都内の新規のコンドミニアム販売については、「販売開始の時期として似つかわしくない」として時期をずらしているデベロッパーも多く、昨年の新規販売数より下回っている。 開発大手のLPNデベロップメント研究所によると、今年1年では全体で55000~6万ユニットの提供にとどまる見込みで、目標の6万~65000を下回るとしている。また、1~9月まででは今年は80物件で42464ユニット販売されたが、昨年より5%減っているという……

 

★ 新規物件を控えている、景気低迷でリゾート地に影響 2016/11/5 

 

 タイでも最近は特にバンコクで、コンドミニアムを購入するタイ人が一般的になってきたが、タイのリゾート地でも同じように低層、高層のコンドミニアム販売が一般的になっている。しかし、ここ数年のタイの景気低迷により、購買状況はよくなく、大手デベロッパーは新規の物件を控えている状況が続いている。 バンコクから最も近い避暑地パタヤでは、以前は極寒の自国からやって来るロシア人が購入の中心だったが、ルーブルの下落により、購入者は激減……

 

 

 

★ ディンデーンのフレッド再開発、高層コンドミニアム群に変わる! 2016/9/5 

 

 ラチャプラロップ通りのすぐ先にあるディンデーン地区。ここには50年以上の古いアパートが大挙して残っており、この地域の開発については、タイ土地公社を中心に進められており、高層のコンドミニアムなどが順次建てられ、現在、住んでいる人たちがそこに移れるようにするという。今年10月から、28階建てのG棟の建設に入り、完成は2018年。その後、32階のA棟、35階のD棟を2018年着工、35階のC棟などを2020年着工し、2022年までにすべての建設を済ませる……

 

 

 

★ パタヤで中国人の購入目立つ 2016/8/5 

 

 ここ2~3年間はパタヤの新規コンドミニアム市場は冷え切っていたが、徐々に活気を取り戻しつつあるという。タイの不動産コンサルティング会社によると、これまで顧客だったロシア人の購入激減などに代わって、パタヤに訪れる中国人が急増しているという。それに伴い、コンドミニアムを購入する中国人も増えている。実際に中国人のエージェントが会社をつくり、中国人を視察ツアーなどで連れて来ており、主に500万バーツ以下の物件で、場所はジョムティエンが人気だという……

 

 

 

★ サムヤーン交差点周辺のコンドミニアム開発 2016/6/20

 

 地下鉄サムヤーン駅の周辺では、BOIやイミグレーションも入るオフィスビル、チャムチュリービルなどがあるが、この交差点のチュラロンコン大学側の13ライで計画されているのが、「サムヤーン・ミットタウン」。 ゴールデンランド社がTCCエステート社と組み新会社を資本金30億バーツでつくり、事業は85億バーツの規模。オフィスのインテリジェントビル35階、サービスアパートなどの35階コンドミニアム、そのほか、6階建ての商業施設を敷地内につくる……

 

 

 

 

★ コンドミニアムを一括で買わずに毎月の賃貸料金で購入 2015/10/20

 

 外国人がタイで住まいの物件を買う場合、コンドミニアムなどに限られるが、一括して、購入金額を外国からタイの自分の口座に入金するなどの制約があり、日本のように気軽にローンを組めるというものでもない。タイ・ローカルの銀行ではほぼローンできないが、例えできたとしても、タイの金利では6~7%以上というもので、日本人が考える住宅ローンとはかけ離れており、その時点で断念してしまうということになる…… 

   

 

 

★ 賃貸物件に固定資産税? 2015/10/5

 

 タイでは商業ビルなどのテナントを賃貸で貸している場合、固定資産税や土地税がかかり、それを借り主に負担させている家主も多い。ほぼ1年で家賃の12.5%がかかる。しかし、それが発生している場所もあり、発生していない場所もあり、基準がどうなっているのかは、管轄の税務署によるところが大きいとされていた。一方、最近はコンドミニアムも次々に建設され、部屋を買った人が賃貸に出すケースも多い。スクムビット界隈では日本人が買い、駐在員などに貸し出すケースも多い ……

 

 

 

★ 「あぱまん情報」のコンドミニアム購入の予約権付賃貸契約 2015/8/20

 

 タイでは円安の状態で、日本人がロングステイをする場合などは円が目減りしている。しかし、常夏でなお物価の安いタイで、ゆっくり過ごしたいという人は次々やって来て、5年、10年と過ごす人も多い。毎月の家賃でも単身者なら3~4万バーツはする。7年たっても、家賃はそのまま払い続けて何も残らないが、日本よりも割安なコンドミニアムを購入することを考えてもよい……

→ホームページ 

  

 

 

 

 

★ タイ人が選ぶ人気ナンバーワンの街はオンヌット? 2015/4/5

 

 タイ最大の不動産ウエブサイト、DDプロパティから次のような調査結果が公表されましたが、今年に入ってタイ人の間でオンヌットの人気が急上昇し、昨年の王者ラーマ9と2位のトンローを追い抜いたようです。「住宅の売買及び賃貸借目的で物件探しをするタイ人の間で、1月、2月と2ヶ月連続で最も注目され、人気のあった駅がオンヌットであった……

→ホームページ

→facebook

 

★ コンドミニアムのプリセール物件とは何か? 2015/4/5

 

 プレビルド物件、プロジェクトセールス物件等とも呼ばれますが、建築前のコンドミニアムの先行販売を意味しています。

購入の流れ

①新規コンドミニアムプロジェクトの発表

②先行販売の告知

③先行販売時に購入希望の物件を予約……

→ホームページ

 

 

 

 

★ コンドミニアムのプリセール物件とは何か? 2015/3/20

 

 プレビルド物件、プロジェクトセールス物件等とも呼ばれますが、建築前のコンドミニアムの先行販売を意味しています。

購入の流れ

①新規コンドミニアムプロジェクトの発表

②先行販売の告知

③先行販売時に購入希望の物件を予約

④購入契約締結

⑤物件完成まで分割払い……

→ホームページ

 

 

★ ローン拒否率は38%! 2015/2/20 

 

 BTSや地下鉄の駅界隈ではコンドミニアムが次々に建てられ、タイ人も郊外の一軒家を買うより、コンドミニアムの一室を買う方向に向いている。 しかし現在、タイの景気はよくないといわれ、家を買う際のローンが通らない率も34~40%にも増えている。 カシコン銀行の住宅ローン担当によると、ローン拒否の傾向は昨年よりも増えており、38%ほどに達しているという……

   

★ ヨシダ不動産のコンドミニアム販売物件「シーヒルコンドミニアム」 2015/1/20

 

 バンコクで不動産賃貸仲介を行なっている「ヨシダ不動産」が、このたび販売の事業を始めることになりました。ここではお勧め物件を紹介していきます。 ーヒルコンドミニアムは、シラチャ中心部のロビンソンデパートからパタヤ方面へ車で約5分のスクムビット通り沿いに立地しています。いすゞ自動車ショールームの正面です。レムチャバン深海港まで10分、パタヤまで30分など立地の良さも魅力的です…… 

  

 

★ バンコクで不動産賃貸仲介を行なっている「ヨシダ不動産」が、このたび販売の事業を始めることになりました 2014/12/20

 

 バンコクで不動産賃貸仲介を行なっている「ヨシダ不動産」が、このたび販売の事業を始めることになりました。ここではお勧め物件を紹介していきます。シラチャ日本人居住区の海沿いに立地します。32階建て全273部屋ですが、活発なセールスをあげ……

 

 

 

★ 三井不動産が50階建てコンドミニアムをアソークで建設 2014/10/5

 

 タイでも不動産開発を進める三井不動産レジデンシャル社は、タイの大手ディベロッパーのアナンダー・ディベロップメント社と組み、アソークとラチャテウィーで、2つのコンドミニアム開発を進める。アソークは「アシュトン・アソーク」で50階建て、783室のハイクラスのコンドーで、価格は1室690万バーツから(1㎡当たり23万バーツ)。地下鉄スクムビット駅から徒歩1分で……

 

★ タイの貯金でコンドミニアムを購入する方法  2014/10/20

 

 バンコクではBTSや地下鉄近くでのコンドミニアムの計画がまた、次々出ていますが、最近の傾向としては30~40㎡の小さな部屋で、価格が200~300万バーツ台、タイ中間層がローンを組みやすい物件が中心です。こういったコンドミニアムについては、我々、外国人でも購入ができますが、基本的にはローンはできず、日本から全額の送金証明を必要とします……

 

 

 

 

★ 日本から送金せずにコンドミニアムを買う方法 2014/6/20

 

 このところタイの不動産も好況との記事も良く目にします。そんな中で不動産に投資を考える日本人の方も少なくないと思います。外国人の土地所有は原則禁止のタイですがコンドミニアムであれば外国人でも購入することが可能です……

  

 

 

 

  コンドミニアムの新プロジェクトも新政府待ち 2014/1/20

 

 タイ政府が流動的で、新政府が決まるまではいろいろなプロジェクトが待機の状態となっているが、大手不動産デベロッパーによる開発も、新政府の始動を待って、動き出す気配である。

  

★ コンドミニアム価格の2倍のローンを払うタイ人 2013/8/20

 

★ コンドミニアム購入のご相談も「KHCコンサルティング」 2013/8/5

  

 コンドミニアムを本契約前に売る  2012/12/5

 

 コンドミニアム購入でローン19年  2012/10/20

 

 

タイ自由ランドのトップに戻る

  

 

求人、求職

「貸します」情報

コンドミニアム売買物件

教えます、売ります

県人会、同窓会

ロングステイの会

インパクト、BITEC

日本人会のサークル

ビザツアー

タイ自由ランドの過去の紙面から

会社設立、経理、ビザ

タイ関連リンク集

タイ人向け不動産サイト

 

料理店一覧

 

スクムビット・ソイ1~21までの日本料理店

スクムビット・ソイ21~53までの日本料理店

スクムビット・ソイ53~65までの日本料理店

スクムビット・ソイ65以降の日本料理店

スクムビット・ソイの偶数の日本料理店

シーロム、タニヤの日本料理店

シーロム界隈の日本料理店

サイアム、チットロム、プルンチットの日本料理店

バンコク周辺の日本料理店

シラチャ、パタヤの日本料理店

厳選!接待で使える店

厳選!お弁当のデリバリー
厳選!宴会、パーティーで使える店
厳選 ! 夫婦で行ける居酒屋特集
厳選!ラーメンにこだわる店
厳選!とんかつがおいしい店
厳選 ! 極上の焼肉がいただける店
厳選 ! 個室でゆっくりできる店
厳選 !手打ちそば、うどんの店

厳選 ! 寿司がおいしい店

厳選 ! 刺身が超新鮮な店

厳選 ! ハンバーグ、洋食がおいしい店

厳選 ! やきとりがお勧めの店
厳選 ! 鉄板焼きがメインの店
   

カレーライスがおいしい店一覧

デリバリー、宅配、弁当一覧

宴会、パーティーができる店一覧

ハンバーグがおいしい店一覧

串揚げ、串かつがおいしい店一覧

スクムビットでランチがある日本料理店一覧

夫婦で行ける居酒屋一覧

ラーメン、中華の店一覧

刺身、寿司がおいしい店一覧

接待ができる店全一覧

しゃぶしゃぶのある店一覧

夜も定食がゆっくり食べられる店一覧

天ぷらをおいしく揚げてくれる店一覧

鉄板焼きが自慢の店一覧

とんかつがおいしい店一覧

手打ちそば、うどんの店一覧

和牛ステーキ、和牛焼肉、黒毛和牛の店一覧

炭火で焼くやきとりの店一覧

日本スタイルの焼肉店一覧

 

スクムビット界隈のタイ料理店

シーロム界隈のタイ料理店

サイアム界隈のタイ料理店

接待ができるタイ料理店

チャオプラヤー川周辺のタイ料理店

バンコク近郊のタイ料理店

シラチャー、パタヤなどのタイ料理店

簡易のタイ料理店

海鮮、シーフ―ドの店

屋台

イサーン料理店

フードコート

食べ放題

 

スクムビットの中国料理店

それ以外の中国料理店

フランス料理店

フュージョン

グリル、ステーキ

ホテル内レストラン

インド料理店

スクムビットのイタリア料理店

それ以外のイタリア料理店

欧州、アジアのレストラン

カラオケ、スナック

喫茶店

韓国料理店

パブ、バー、ビアホール

 

レストランを地図から探す スクムビット・ソイ1~21界隈

レストランを地図から探す スクムビット・ソイ33界隈

レストランを地図から探す スクムビット、トンロー

レストランを地図から探す スクムビット、プラカノン

レストランを地図から探す シーロム

レストランを地図から探す サイアム

 

会社概要

 

事業内容

広告募集

インターンシップ

 

起業、会社設立

 

起業

起業の新着情報

起業の流れ

会社設立の流れ

会社設立登記

税務登記

毎月の会計申告

Bビザ取得

労働許可証取得

労働許可証更新、Bビザ更新

レストラン許可証取得

銀行口座開設

90日ごと出頭

構成スタッフ

料金一覧

ドキュメント!会社設立

トラブル処理

失敗から学ぶ

就業規則

よくある質問 会社設立

よくある質問 労働許可証

よくある質問 毎月の会計

ロングステイビザ

結婚ビザ

家族ビザ

会社閉鎖

 

 トップ選!シリーズ

 

「日本のテレビが見られる」トップ7選!

内装、リフォームの業者トップ5選!

 

タイ語学校で学ぶ!人気トップ9選!

学習塾、進学塾のお勧めトップ6選

男性向けヘアサロン、美容室の人気トップ6選!

賃貸物件の仲介業者トップ10選!

薬を使わない整体、鍼灸、漢方治療トップ5選

スーツの仕立て、テーラー、オーダーメイドのトップ3選

コンドミニアム売買の仲介業者トップ5選!

リサイクルショップ、高価買取の人気トップ8選

デリバリー、宅配のお弁当トップ6選!

素朴な中国、中華料理店トップ7選!

行っておきたい焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶのビュッフェ、食べ放題トップ7選!

1人ごはんも快適!夜の定食トップ9選!

手打ちそばの人気トップ8選!

 

 

各業務のカテゴリー 

 

タイ語学校、英語学校

英語学校

不動産物件、賃貸アパートの仲介

賃貸アパート物件情報

単身者向け賃貸
賃貸オフィス、工場仲介
店舗物件仲介
新規コンドミニアム


食材卸、店舗内装、工事   
業務用食材、お酒


起業、会社設立、税金、会計

 弁護士、裁判、法律

 

タイ語の通訳、翻訳

求人、求職 
ロングステイ
ビザ、滞在ビザ

 

 

クリーニング、清掃、洗浄、エアコン清掃 

ゴルフ、トラベル、旅行 

ゴルフ場予約 

シラチャの話題 

整形、美容クリニック 

ヘアサロン、美容室   

理容室 

スパ、エステ 

タイでマッサージ 

タイでロングステイ 

ロングステイ、ビザ、高齢者 

ビザ、滞在ビザ 

タイで人材、雇用

タイで宝石、ジュエリー

タイで釣り 

タイのニュース 

タイ国内交通網整備 

タイ産マンゴーを日本へ宅配 

宅配、デリバリー、配達 

万能薬のプロポリス 

製造、販売するアロエベラ

タイ語、英語、中国

タイ関連情報 

タイ雑貨、アジアン雑貨 

ダイエット、おけいこ 

習い事、おけいこ、スクール、教室  

ダイビング 

チラシ、名刺、デザイン 

ホームページ、ウェブサイト seo  
パソコン購入、修理、IT、ソフトウェア

バンコクの開発
ペット、子犬

 メガネ
リサイクルショップ

レンタカー

 仕立て、スーツ
 催し、イベント
芸能、コンサート

医療、健康、漢方

 病院、薬局、薬
 学習塾、進学塾、子どもの教育

 引越し
 携帯、スマホ、sim
 携帯、スマホの通話料金
 教えます、
日本人会サークル

 日本のテレビが見られる
 書籍、中古、古書
 歯科医院

メイド、家事手伝い
 浄水器、ウォッシュレット   
工場の自動化

 

タイ人向けコンドミニアム売買

 


イタリア料理、フランス料理、ドイツ料理、ギリシャ料理、スペン料理など
シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、レバノン、イランなどの料理店
日本料理店
焼肉店
韓国料理店
タイ料理店

中国料理店
フュージョン

ラーメン、中華
 居酒屋さん

宴会によい店

刺身、寿司

割烹、懐石

しゃぶしゃぶ、すき焼き

てんぷら

とんかつ

ランチならココ

串揚げ、串かつ

和牛ステーキ、和牛焼肉

手打ちそば、うどん

カレーライス

やきとり、焼鳥

宴会によい日本料理店
 喫茶、スイーツ、ケーキ
スナック、カラオケ、バー

パブ、バー  

欧州パブ