社会保険で通院治療は無料に

  会社で申告している申社会保険については、7月分から個人負担4%、会社負担4%になっているで気をつけたい。今年末までは4%ずつ。来年より元に戻って5%ずつとなる。


 例えば、タイ人の従業員で9000バーツの給料の場合は、本人負担360バーツ、会社負担360バーツ。合わせて720バーツを社会保険事務所に収める。


 本人負担分は会社が給料から天引きするのが普通。日本人の最低給料5万バーツなどの場合は、上限の給料15000バーツでの計算となり、本人負担600バーツ、会社負担600バーツ。


 タイ人の福利厚生のためのものでもあり、通院の治療や薬代を払わなくてもよいので、一般のタイ人にとっては使える医療保険でもある。もちろん、日本人でも使えるので、社会保険に入っている人は一度利用してみるのもよいだろう。