起業、会社設立、株主

  タイでの会社設立、起業は、比較的簡単で、タイ人株主を3人集まれば1日でつくれてしまいます。その株主についても、ここで紹介している業者などでは名義貸し等も行っているため、相談してみるのがよいでしょう。

→ 「起業、会社設立」最新記事一覧

タイ法律ビジネスコンサルタントの広告

★ 68才からの起業その12、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱ 2016/12/20

 

 お客さんからの相談です。 超有名銀行に200万バーツの詐欺を受けたという内容です。具体的に書けないのが、残念です。普通銀行の人は、犯罪を犯す意図を持っていません。しかし、今回はそうでなく、前もって詐欺の意図が感じます。よって、なんらかの手違い、またはPCの操作ミスとかの原因ではありません……

→ホームページ

 

スワンナプーム空港のリエントリー取得場所

★ 空港でリエントリー取得   2016/12/5

 

 タイで長期ビザを取った際は、タイ国外にそのビザをいかして出入りできるリエントリーパーミットも合わせて取るのがよいが、いつ国外に出るのかわからないのでその時に、という場合は、出国前にスワンナプーム空港でも取れる。場所は4階の出発フロアの、チケットを持った人だけが入れる入り口のすぐそば。一般の人も自由に入れる場所だから、リエントリーだけやってその日は出国しないというのもOK……

→ホームページ

TMコンサルティングではカード払いもOK

★ 「TMコンサルティング・シーロム」ではペイパルで支払い可 2016/12/5

 

 ビザ取得や延長のことなら、日本人窓口で安心の「TMコンサルティング・シーロム」へどうぞ。同社ではシーロムの事務所でのクレジット端末使用がまもなく月導入予定ですが、それに先駆けペイパルでのクレジット決済を導入いたしました。ビザやワークパーミット、ユニフォームその他のお支払いでご使用できます……

→ホームページ

→ブログ

ビジネスサポートタイランドの広告

★ ビジネスサポートタイランドコラム第16回のテーマは「リエントリービザ」 2016/12/5

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第16回のテーマは、「リエントリービザ」についてです。観光ビザやビジネスビザを持っている方で海外に出る場合には、リエントリービザの取得が必要になります。取得方法は2つあります。 

1.チェンワタナーのイミグレーションで取得 ……

→ホームページ

タイ法律ビジネスコンサルタントの広告

★ 68才からの起業その11、法律事務所が投げ出した案件を拾う 2016/12/5

 

 当地では、法律事務所に報酬を支払って、問題解決を依頼します。問題は、その依頼内容がどのようになっているかです。この依頼内容をはっきり定めておかないと、後日法律事務所とトラブルが生じます 。今回の事例は法律事務所側としては、「なすべき事は行ったのでもうこれ以上はやらない」という態度をとりました…… 

→ホームページ

KHCコンサルティングの広告

★ 「KHCコンサルティング」では通訳・翻訳も万全! 2016/11/20

 

 ●タイ語が分からない!?

 海外生活で最初にお困りになるのが言葉の問題ではないでしょうか。思うように自身の言いたい事を伝えられない、相手の言っている事が分からないのはもどかしいものです。また誤って伝わってしまうと言うこともあります。いざ契約や交渉事などでは「間違った」では済まされなくなる場合もあります。「KHCコンサルティング」ではレベルの高い通訳がそのような場合のお手伝いをさせて頂きます……

→ホームページ

タイトライ法律会計事務所の広告

★ タイトライ法律会計事務所の管理オフィスの入居を募集中 2016/11/20

 

 タイに進出にされる企業様向けのビジネスサポートから、タイでのトラブル解決までをお手伝いするタイトライ法律会計事務所。タイで新規会社設立される企業様向けに弊社管理オフィスの入居を募集しております。弊社も入居しているオフィスのため、ワンストップサービスで、会社設立、ビザ・労働許可証申請、毎月の会計税務処理から、企業法務、タイローカル企業との交渉、契約書確認、官公庁・警察トラブル、タイ語通訳等に対応します……

→ホームページ

ビジネスサポートタイランドの広告

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第15回のテーマは「タイでの離婚について その3」について 2016/11/20

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第15回のテーマは、「タイでの離婚について その3」です。タイに居住している日本人とタイ人の夫婦が離婚する場合で、今回は確定裁判に基づく離婚手続きを記載させて頂きます。まずは、離婚協議を行うのですが、そちらで解決できない場合は裁判になります。そして、裁判で離婚の判決が出た場合には以下の方法で手続きを進めることができます……

→ホームページ

タイ法律ビジネスコンサルタント

★ 68才からの起業その10、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱ 2016/11/20

 

 死亡した親の銀行口座より、残金を引きおろしたい、という息子さんからの相談がありました。銀行に行くと、必要書類が提示されます。それは、不動産の相続と同様の書類です。すなわち、裁判所へ資産(現金)確認のための申請、判決が必要です。そのためには、親子関係を証明する書類が必要です。具体的には、戸籍謄本を日本語から英語そして英語からタイ語へと、翻訳及び公的機関の証明・認証が必要になります…… 

→ホームページ

2016-10-14と入国日が記されたTMカード

★ TMカードは大切!1年ビザ手数料は安い? 2016/11/5

 

 タイに入国する際に必要なアライバル、ディパーチャーカード。略してTMカードなどと呼ばれていますが、以前はこのカード、入国する際に係官がホッチキスでパスポートにとめていたと思います。それがいつごろからか、おそらくは去年あたりからですが、とめなくなり、スタンプを押したのち、パスポートにはさんで返却されます。そうなると、カバンの中に入れたこのTMカードがどこかへ行ってしまった、という事態も起こり得ます……

→ホームページ

 

 ★ 「TMコンサルティング・シーロム」」では空港のVIPレーンご利用も 2016/11/5

 

 「TMコンサルティング・シーロム」」では、ビザ、ワークパーミットのしい案件を扱っております。例えば、「うっかりオーバーステイを数十日してしまった。次回入国に問題がないようにタイ国内で処理できないものか?」、「Bビザの期限は残っているが、ワークパーミットが切れてしまっており、Bビザの延長ができないようだ」、「結婚ビザ、学生の保護者ビザで預金が不足している」、「安心して入国するために、空港のVIPレーンを使いたい」など、他社では処理できない案件を解決しております……

→ホームページ

→ブログ

  

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第14回のテーマは「タイでの離婚について その2」について 2016/11/5

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第14回のテーマは、「タイでの離婚について その2」です。 タイに居住している日本人とタイ人の夫婦が離婚する場合には、以下の手続きが必要になります。今回は日本国側に離婚届(報告的)として提出するときに必要な書類は以下になります。 

1.離婚届2通 

2.日本人の戸籍謄本(発行日から3ヵ月以内のもの)2通……

→ホームページ

 

★ 68才からの起業その9、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱ 2016/11/5

 

 当社は社名の通りタイの法律とビジネスを行っています。そこで皆さんとタイの法律を共に学ぶ機会を設けました。対象者としては、法律を学んだことのない初心者を想定し、具体的には赴任したばかりのビジネスマン、タイ研修生、学生等です。この勉強会を通じてタイの理解、経済活動に役立てば、それはもう甲斐があったというものです。ここで、学ぶ事によって得られる代表例を提示してみましょう……

→ホームページ

 

★ ビザ取得から会社清算まで「TMコンサルティング・シーロム」へ 2016/10/20

 

 タイでの長期滞在に必要なビザに関するお悩みや困りごとなら「TMコンサルティング・シーロム」へお気軽にご相談下さい。ビジネスビザの書類アレンジは6千バーツ(1年マルチも同じ料金で承ります)、ビザの延長は2万2千バーツ、ワークパーミットの取得は1万7千バーツとなっております。家族ビザやロングステイビザの取得についてもお気軽に日本語でお問い合わせ下さい……

→ホームページ

→ブログ

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第13回のテーマは「タイでの離婚について その1」について 2016/10/20

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第13回のテーマは、「タイでの離婚について その1」です。タイに居住している日本人とタイ人の夫婦が離婚する場合には、以下の手続きが必要になります。今回は、日本国民法に基づく離婚手続き《日本の本籍地役場に提出》をご紹介します。大使館のウェブサイトによると必要書類は以下になります…… 

 

→ホームページ

 

★ 68才からの起業その7、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱ 2016/10/20

 

 今回はおまけとして、個人の性格と社長候補者の性格について書いてみましょう。なお、個人の性格と社長候補者の性格の関連について、研究をしているわけではありませんし、それについてのデーターもありません。よってここでは、想像の世界で書いてみましょう。既に個人の性格が4種類あることを説明しました。おさらいとして、その4種類はABCDタイプです。この4つの種類の性格が社長候補者の性格と関係しているかどうかです……

→ホームページ

 

 

★ 労働許可証の取得、更新で業務内容でひっかかるケース 2016/10/20

 

 タイで労働許可証を取るというのは比較的、簡単にできてしまいます。会社をつくって、税務登記をして、4人の従業員を揃えれば、それでOK。もっと難しいのかと思っている日本人も多いと思いますが、本当に簡単に取れてしまいます。しかし、その労働許可証の中に書かれる職種については結構、制限があって、「その業種の許可証をまず持ってきなさい」と労働局ではいい、それをいろいろ関係部署で取っていると、かなり時間がかかってしまうため、やむなく、実際に行う職種とは少し違うものでまず労働許可証を取って、そのあと、ゆっくりとその業種の許可を取る、というのが一番スムーズにコトを運ぶやり方であるでしょう…… 

→ホームページ

 

★ 所得の確定申告の過少申告にメス!外国で高価ブランドの購入者 2016/10/20 

 

 タイ人の間のSNSで、外国から高価なブランド品を買ってきた人が、税務署の調査を受けている、などの口コミ情報が広がり、地元紙がタイの税務局長にインタビューしたところ、「その通りだ」と答えた。現在、20人ほどのタイ人に手紙で出頭願いを出しており、対象は50万~100万バーツ以上の商品などを外国で購入してきた人…… 

 

 

 

★ ビザ業務で11年目を迎える アジアビザコンサルティングの岩舘さん 2016/10/20

 

 アジアビザコンサルティングの代表岩舘卓也さんは、ビザ業務を始めて今年で11年目を迎える。プロンポン駅至近のターミナルビル2階に事務所を構え、現在10名のスタッフをかかえている。岩舘さんによると、ビザ業務が起動に乗り始めたのは、リピーターと新規客の数が安定した3年目からという。「まさに石の上にも3年という感じ。スタートから新規客に恵まれたのは幸運だった」と当時を振り返る……

→ホームページ

 

 

★ タイ滞在ビザ取得なら「TMコンサルティング・シーロム」にご相談下さい 2016/10/5

 

 タイでのロングステイや 会社設立登記 、 各種許可証取得 、 ワークパーミット、  ビジネスビザ 取得のことなら「TMコンサルティング・シーロム」へお気軽にご相談下さい。バンコクだけでなく、サムットプラカン県、アユタヤ県にも対応しています。ビジネスビザの書類アレンジは6千バーツ(1年マルチも同じ料金で承ります)、ビザの延長は2万2千バーツ、ワークパーミットの取得は1万7千バーツとなっております……

→ホームページ 

→ブログ

 

 

 

★ 68才からの起業その6、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱ 2016/10/5

 

 まだ間に合う、永住ビザ申請! 永住ビザ申請のシーズンとなりました。申請は、12月中旬のわずか1週間程度の受付期間です。この際、申請について検討しては如何でしょうか。まず資格ですが、過去3年間ワーキングパーミットを所持し、それなりの給料を受け取っている人です。カテゴリーとしては、ビジネスマン向け、タイ人扶養者向けがあり、マイノリティーとして、投資家向けや専門家向けがあります……  

→ホームページ

 

 

 

 

★ 法律&会計の日本人向け専門「タイトライ法律会計事務所」 2016/9/20

 

 タイに長期滞在される方は、「タイトライ法律会計事務所」のビザ申請・取得代行サービスをどうぞご利用ください。必要条件に満たない方でも、どうぞご相談ください。日本人が対応します。また、ビザ取得後、タイ滞在中に何か困ったことが起きてしまったという場合でも、ぜひ相談下さい。また、タイ人との国際結婚手続きについても対応しております。国際結婚では、条件とする提出書類の収集と作成から、それらの翻訳および認証をしなくてはなりません……

→ホームページ 

 

 

 

★ 68才からの起業その5、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱ 2016/9/20

 

 今回は、社員の性格と中間管理職研修について書いてみました。各企業は、入社後10年から15年になると管理職候補者を対象に社内研修を行っています。これは、係長職の任務からマネージメントの任務である課長職就任の目的のため研修を行うものです。機会均等という建前のため、一応全員が対象になります。しかし、この研修、候補者全員に対して行うため、問題が生じています。つまり、管理職を希望しない職員に対しても、自主的に参加させています……  

→ホームページ

 

★ タイでの銀行口座の開設の仕方 2016/9/20

 

 タイ自由ランドでは、日本人がタイで滞在するためのビザ支援のサービスを行っていますが、その中でロングステイ(リタイヤメント)ビザを取得する場合は、タイのローカル銀行に銀行口座を持っていることが必要になります。しかし、日本人が30日のノービザで入国して、銀行に行っても門前払いを食い、ラチがあきません。ビザを取るために口座を開きたいのに、窓口ではビザがないので口座ができない、ということになります…… 

→ホームページ

 

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第10回のテーマは「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その2」について 2016/9/5

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第10回のテーマは、「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その2」についてです。前回、「結婚資格宣言書」(英文)、「独身証明書」(英文)を大使館で作成し、これらをタイ語に翻訳の上外務省の認証を受けから、各役所に提出するところまで説明させて頂きました。その後は、日本大使館にて婚姻届けの提出となります……

→ホームページ

 

★ 68才からの起業その4、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱ 2016/9/5

 

 前回、人間の性格がABCDタイプに分かれる、そしてそのタイプごとの説明をしました。今回は、その性格のタイプがタイ人の出身地によっても関係していることについて書いてみましょう。タイ人の間では、出身地によってその性格の傾向がある事は、周知の事実です。よって、この出身別タイプはタイ人の間では今更取りあげることも無いのです ……  

→ホームページ

 

  

★ ビジネスサポートタイランドコラム第9回のテーマは「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その1」について 2016/8/20

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第9回のテーマは、「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その1」についてです。タイの役所に提出する「結婚資格宣言書」と「独身証明書(婚姻要件具備証明書)」の2種類を日本大使館で作成してもらう必要があります。そのための必要書類が以下になります。(全て申請前3ヵ月以内に取得したもの)……

 →ホームページ

 

★ タイ法律ビジネス コンサルタントのタイ永住ビザ取得無料説明会 2016/8/5

 

 タイで永住するためのビザ申請資格、申請手続きについての説明、質疑応答など。事前申し込みされた方には資料を配布いたします。

日時:9月7日(水)14時と9月14日(水)14時

場所:アソーク、インターチェンジビルL階

パーソネルコンサルタント(株)ゼミナールルーム

Eメール:   kobayashiyu99@gmail.com

℡:081-449-3858    説明者:小林 豊 

主催: タイ法律ビジネスコンサルティング(株)…… 

→ホームページ

  

★ 「ザ・テーブル」はビザから各種トラブルに対応 2016/8/5

 

 タイで長期滞在するためのビザ取得や更新・延長なら「ザ・テーブル」にご相談下さい。日本人が対応するので、ことばの心配もありません。ビザ申請は複数の書類の収集・作成が必要になる場合が多く、また、期限が決められているものや提出すべき書類の内容も複雑なので、専門知識や経験が必要となります。ビジネスビザ、結婚ビザ、家族ビザ、リタイアメントビザなど、各種ご相談を承っております……

→ホームページ

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第8回は、「タイ人と国際結婚 日本で先に婚姻届け編その2」について 2016/8/5

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第8回のテーマは、「タイ人と国際結婚 日本で先に婚姻届け編その2」についてです。今回は日本で婚姻届けが終わった後でタイでの婚姻届けの提出の仕方について記載していきます。まずは、大使館で婚姻証明書をもらう必要があります。その際の必要書類は以下になります……

→ホームページ

  

★ タイ人と国際結婚 日本で先に婚姻届け編 その1 2016/7/20

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第7回のテーマは、「タイ人と国際結婚 日本で先に婚姻届け編その1」についてです。 在タイ日本国大使館のホームページによると必要書類は以下になります。

○タイ人の必要書類 

1.独身証明書(婚姻要件具備証明書)タイ語1部・同英訳1部(認証)・同和訳1部

2.住居登録証(タビアンバーン)タイ語1部・同英訳1部(認証)・同和訳1部 ……

→ホームページ

 

★ ビザ取らず、APECのカードで90日滞在 2016/7/20 

 

 タイで会社をつくり、日本から1ヵ月に1度やって来て、ビジネスをやっている日本人の知り合いがいる。ご存じのように最近、入国に際して税関ではうるさく、その人も同じように「何度も入国しているようだが、次はビザを取りなさい」とタイ側で言われた。ビザを取るにしても就労ビザを取るにはタイ人4人を雇わなくてはならないし、労働許可証を取らなくてはならない。拠点が日本だから、そこまでお金をかけてやる気もない…… 

  

 

★ 68才からの起業、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱ 2016/7/20

 

 はじめまして。タイ自由ランドの読者のみなさん。タイに住んで30年間ビジネスをしてきた小林 豊です。今回「68才からの起業」をキャッチフレーズに法律・ビジネスコンサルタント会社を立ち上げました。オフイスは、BTSパヤタイ駅から0分、パヤタイプラザー15階で、タイ人スタッフ2名と共に創立しました。業務内容は、法律・ビジネス関係のコンサルタント会社です。易しい分野はもちろんのこと、難しい分野をチャレンジして相談に乗ってあげたいと思います…… 

→ホームページ

  

  

★ ビジネスサポートタイランドコラム第5回は「土地の所有」 2016/6/20

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第5回のテーマは、「土地の所有」についてです。タイでは、外国人がコンドミニアムなどのユニット住宅は所有可能ですが、土地付きの一軒家を所有することは法律で認められていません。では、外国人がこのような土地付きの一軒家を所有するためにはどうしたらいいのか。外国人が所有するためには、会社名義で借りることが一般的です…… 

→ホームページ

 

★ ロングステイビザ・法律相談は「ザ・テーブル」 2016/6/20

 

 バンコクだけでなくサムットプラカンでのビジネスビザやワークパーミットの取得も承っている「ザ・テーブル」は日本人が窓口なので安心です。50歳以上の方が対象のロングステイビザ取得や延長、さらに空路で行くラオスビザツアーも行っています。タイ大使館でのビジネスビザ取得に関する書類のアレンジも承っているので、お気軽にお問い合わせ下さい……

 

→ホームページ 

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第5回は「土地の所有」 2016/6/20

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第5回のテーマは、「土地の所有」についてです。タイでは、外国人がコンドミニアムなどのユニット住宅は所有可能ですが、土地付きの一軒家を所有することは法律で認められていません。では、外国人がこのような土地付きの一軒家を所有するためにはどうしたらいいのか。外国人が所有するためには、会社名義で借りることが一般的です……

→ホームページ

 

 

 

 

★ シーロムオフィス月1万1000B~ 2016/5/20

 

 シーロムのオフィスがなんと月1万1000バーツ~(46㎡)。タイトライ法律会計事務所オフィスビルにある弊社管理物件、格安賃貸オフィスです。そのほか、92㎡月2万2000バーツもございます。改装したてできれいなオフィスです。見学も歓迎しておりますので、気になる方は気軽に問い合わせて見て下さい……  

→ホームページ

 

 

 

 

★ ビジネスサポートタイランドコラム第2回、「タイでの起業について」 2016/5/5

 

 こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第2回のテーマは、「タイでの起業について」です。つい先日も西洋人から「タイでレストランを開きたいが初期費用はどのぐらいかかる?」と質問されました。一般的な回答しかできなかったのですが、レストランの前に会社設立にかかる費用を計算してみましょう。会社設立にかかる初期費用は、ざっと以下になります……

→ホームページ

 

 

  

★ 中小企業は法人税免除へ 2016/4/5

 

 タイで会社を運営している日本人のケースでは、今の時期、12月末までの決算をこの5月末までに提出する会社も多いことでしょう。特に、資本金が500万バーツを超えないで、1年の収入が3000万バーツを超えない会社は中小企業のSMEという枠内で、2015年分の決算は利益が30万バーツまでは法人税0、30万バーツ以上も法人税が一律10%となっています……

 

 

 

★ タイ自由ランドの広告は料金と効果を考えれば一番お得です 2016/3/20

 

 タイに住む日本人に効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 特にレストランについては、紙面に広告を掲載すれば、ウェブサイト上での掲載もその料金に含まれているので、お得です。「バンコク、日本料理」「バンコク、接待」「バンコク、とんかつ」「バンコク、宴会」「バンコク、居酒屋」などといった言葉で検索すると、タイ自由ランドのサイトが1位になり、その中への広告も料金に含まれています。タイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です…… 

→広告掲載のお問い合わせ

 

 

 

★ 3月15日まで申請で2016年の法人税がかからない 2016/2/20

 

 タイで会社を運営している小規模な日系企業などで、資本金500万バーツ以下、あるいは年間の収入が3000万バーツ以下の企業に対して、3月15日までに税務署に申請すれば、2016年の決算で利益が出ても法人税がかからないという措置がとられる。また、2017年の決算についても法人税は、利益30万バーツまでは0、それ以上でも10%のみとなっている。とりあえず、条件に見合う会社については一応、申請しておくのが得策だろう……

 

★ 日本人共済組合の団体保険 2016/2/20

 

 今年の4月で設立5周年を迎える「日本人共済組合」。タイにある日系企業で働く方や家族などを対象に掛け捨ての団体保険なども加入できます。毎月の掛金1500バーツで1日の入院給付金が6000バーツの団体保険スタンダードプランは24時間世界中で補償できるプランとなっています。ほかには、さらに手厚い補償の団体保険プレミアムプランやサミティヴェート病院医療費10%割引、税・法律などの無料相談(毎月第2、3土曜日)、タイ語と日本語の初級コース、その他サークル活動なども行っています…… 

→ホームページ

 

★ 会社設立や会計・法律相談なら「タイトライ法律会計事務所」 2016/2/20

 

 「タイトライ法律会計事務所」は、タイでビジネスをされる方から、タイで生活をされる方、タイに関わる方々のサポートをしています。事務所はバンコクのビジネス街の中心地シーロムにございます。 内容としましては、タイ進出における会社設立、会計税務、労働許可証。タイでのトラブル防止・解決支援として、法律相談、企業法務、裁判、警察案件。タイに長期滞在するためのビザ申請取得代行。タイ人との国際結婚手続きまでお任せください……

→ホームページ

 

★ タイ人の社会保険が徐々に充実し価値上昇、徴収額も上がる方向へ 2016/2/5 

 

 タイではここ数年までは社会保障の制度が充実していなかったが、その中で、働いている人が加入する社会保険が徐々に充実してきており、病気治療のほか、子どもの出産、失業保険、死亡、年金、年金一時金などが支給されるようになり、タイ人にとっての「社会保険」の価値が上がってきている……   

 

★ 日本人のための共済組合 2016/1/20

 

 「日本人共済組合」は、タイ国内にある日系企業、日系企業で働く方、その配偶者やお子様、日本語学校の学生など、日本にかかわる人を対象にしており、共済事業を通じてコミュニティをつくることを目的として設立し、5年目を迎えています。組合員が相互に助け合える環境を目指し、税・法律などにかかわる問題解決の協力をし、また組合員家族に生じる経済的な損失を補い、生活上の安定を図る目的で組合員全員に団体保険にも加入して頂いております。サミティヴェート病院医療費割引特典有り…… 

→ホームページ

 

★ ビザ更新でタイ人「4人の従業員」が必ず必要 2015/11/20

 

 日本人がタイで働く場合は、ノンイミグラントのBビザを取り、労働許可証を取得して働くことになる。その時、条件として、タイ人を4人は雇用しなくてはならないというのがある。その場合、本当に4人以上必要な会社は問題ないのだが、4人もタイ人を雇う必要がない、という場合は名義借りなどをしているケースもある……

 

★ 賃貸物件に固定資産税? 2015/10/5

 

 タイでは商業ビルなどのテナントを賃貸で貸している場合、固定資産税や土地税がかかり、それを借り主に負担させている家主も多い。ほぼ1年で家賃の12.5%がかかる。しかし、それが発生している場所もあり、発生していない場所もあり、基準がどうなっているのかは、管轄の税務署によるところが大きいとされていた。一方、最近はコンドミニアムも次々に建設され、部屋を買った人が賃貸に出すケースも多い。スクムビット界隈では日本人が買い、駐在員などに貸し出すケースも多い ……

 

★ 固定資産税は借主が負担 2015/5/20

 

 タイでは相続税導入や固定資産税導入の話がありますが、固定資産税はすでにタイで存在するものなのでそのあたりを今回は話してみましょう。タイで場所を借りて事業をする場合、賃貸契約を結びますが、その項目の中に「固定資産税は借り主が支払う」という項目がたいていあります。日本的には変ですが、賃貸契約書の中で書かれているものなので、固定資産税は家主に代わって借主が払うということになります……

 

★ タイ自由ランドの広告は広告料が断然安い! 2015/3/5

 

 タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 まず、広告料が断然安い! タイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です。広告料を切り詰められるのがわかると思います…… 

→ホームページ

 

★ タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです 2015/2/20

 

 タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果が出るものでもありません。1~2年と継続して、衆知していくのがよい。 そういう意味でタイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です…… 

→ホームページ

 

 

★ 小規模でタイで起業する人に痛手? 2015/1/20

 

 円安が進みタイで起業する日本人も予算が目減りして、二の足を踏む人もいるかも知れない。最初はできるだけ小規模で、と考えている人なら、場所としてオフィス兼住まいを考えるのも当然のことだろう。そこで考えられるのは分譲のコンドミニアムだ。最近は駅周辺に次から次へと新規に建てられているコンドミニアムだが、それぞれ部屋ごとに持ち主がいるため、そこを借りてその場所のタビアンバーン(住民票)さえもらえれば会社登記ができる…… 

 

★ 毎年の赤字決算はダメ?  2015/1/5

 

 タイで事業を行っている日本人の会社について、税務署の税金の取り立てが厳しくなっています。日本の会社に限ってはいませんが、外国人の場合はいろいろ指摘されやすいことが多いため、取り立てやすいというのはあります。重要なことは、毎年、毎年、赤字決算をしていると、いつか査察が入り、2~3年前からさかのぼって、莫大な法人税を取られるケースもあるということを、気をつけておくことです……

  

★ VAT返還で詐欺  2014/10/5

 

 タイで事業を行っている日系の会社などで、商品を輸出する場合は、それに関わる領収書のVAT(消費税)が、のちにタイ税務署から返還されるが、そのためにいろいろ査察が入り、なかなか、返還されないのが通常だ。これは、正しく事業を行っているかを税務署が調べるもので、今回、起こったVATの返還でのにせの領収書発行などにより……

 

 

★ 国内旅行で所得控除  2014/9/5

 

 経済の活性化、さらにタイ国内の旅行業界の活性化のため、タイ旅行者業界は、タイ国内を旅行する人がそれを経費にして個人所得税への控除ができるよう政府等に提案するとしており、まもなく承認される見通し。これは、日本人などでもタイで働いている人なら、関係する話だが、上限の経費は2万バーツまでで……

  

★ バンコク拠点にインド、インドネシアで広がるビジネス・チャンス 2014/2/5

 

 バンコクが混迷するなか、周辺国はこれを尻目に発展を続けている。そんななか、インドネシアにビジネスの勝機を見い出し、ジャカルタで日本人駐在員向けの不動産、

 

★ タイは所得税減税の方向 2014/2/5

 

 タイの税務局によると、タイで働く人の所得税については、周辺のアセアン諸国に比べてタイは高く、最高で35%となっており、今後も、所得税を減税していく方針としている。

 

★ 法人税控除は利益30万バーツまで 2014/2/5

 

 デモの影響で、会社の売り上げが落ちているところもあるだろう。12月末の締めの会社ではこの時期、決算処理となるが、少し、気を付けたいのは、資本金500万バーツに満たない中小企業は、

 

★ 1月から社会保険5%負担 へ 2014/2/5

 

 デモの影響で日系の会社にも影響が出ており、特に公的機関が臨時休業するなどしており、税務署、労働局などが一時閉鎖されるなど、日本人の事業活動にも影響が出ている。

 

★ 会計処理で、意外と大切な中間決算 2013/12/20

 

 日本人のタイでの起業で、1~2年目は赤字でも問題ないですが、3年目ごろからは会社も利益を出し、法人税を支払うことを税務署が要求してくる、という話は何度も書きました。

 

★ タイで日本語学校を開いた永野さん ‐ 高校の先生が定年退職して起業2013/12/5

 

 タイでロングステイをする日本人は多いが、定年退職後にタイにやってくる人は退職金をくずし、65歳から年金がもらえるので、それから悠々自適に暮らす、

 

 

★ タイで稼いでタイで消費してもらう  2013/11/20

 

★ 起業は見栄をはらずに最初は小さくやる 2013/11/5

 

★ タイで起業:自分1人で稼ぐことができる人 2013/10/5

 

★ タイ自由ランドがスクムビットのソイ41に移転 2013/10/5

 

★ タイ人に頼らないなら3年必要  2013/9/20

 

★ 資本金は500万バーツ未満の設定で会社登記 2013/9/5

 

★ 株主のタイ人をどのように探すか? 2013/8/20

 

★ 税務登記をするべきか否か?  2013/8/5

 

★ 起業の際に一番初めに行うことは、場所の決定である 2013/7/20

 

★ 免税の業種なら売上税なし!  2013/7/5